『単勝二頭流』編集者(以下、編) 石橋さん、そして読者の皆様、先週は大変申し訳ありませんでした。

石橋 武(以下、石) ほんとだよ。頼むよ。

編 すみません。せっかく当たってたのに……。

石 当たり外れも大切なんだけど、読者の方はわざわざ時間を割いて読みにきてくれているわけだから。当日も気になったと思うよ。全然アップされないから。

編 そうですよね。編集部内でも大反省会で、今後は徹底してチェックしていくことになりました。二度とこのようなことがないように気をつけます。

石 よろしくお願いします。はい、この件はここまで。以上! それよりも僕の43万馬券を褒めて(笑)!

編 UHB杯ね。もうすでにみんなが褒めてるでしょ。欲しがりか(笑)。でも、その気持ちはよくわかりますよ。だって、◎ウエスタンユーノーが本命なんて、僕からしたらあり得ないもの(笑)。

石 みんなそう言うけどね〜。ただ、止まらないスピード馬場の函館、◎ウエスタンユーノーの直千でも前に行けるスタートと二の脚の速さ、1000mから1200mへの距離延長、そして斤量。ここから考えれば、狙えるんだけどね。って、たまたま当たったから言ってるだけか(笑)。

編 いやいや、そんなことはないですよ。実際、勝負予想の見解でも書いていることですし。あ、見解をご存知ない方はどうぞこちらをご覧ください。

「◎ウエスタンユーノーは新潟芝1000mでもラクに先手を奪えるほど、スタート、そして二の脚が速い。今の函館芝コースはかなりのスピード馬場で、ちょっとやそっと飛ばしたくらいでは止まらない。同馬は飛ばすだけ飛ばして、終いにバテるという競馬を繰り返しているが、ハナを競ってくる馬もおらず、コーナーで息が入りやすく、さらに前が止まらないこのコースなら最後まで我慢できる可能性は高い。函館開催が始まった先週から他場で淡白な走りを見せていた馬が変わり身を見せており、同様の変わり身が期待できる。」

石 あ、斤量と距離延長は触れてなかったのか。

編 そうでしたね。まあ、斤量は見ればわかりますし。それに相手も難しいなか△ラホーヤビーチ(7人気)、△ライトフェアリー(2人気)と、しっかり高評価。まさに完璧な42万馬券でした。スポーツマスターさんのほうにも、かなりのお礼があったみたいですよ。

石 お礼だけじゃなくて、ブログ未更新の苦情もスポーツマスターさんに行ってたみたいですよ?

編 あ。スポーツマスターさん、すみませんでしたぁ!

石 当たった42万馬券で、スポーツマスターさんに菓子折りを持っていってください(笑)。

編 そうさせていただきます! もうね、42万円、全部使っちゃってもいいです。

石 ホントに〜?

編 ホントです! どうせまた石橋さんがすぐにスゴイの当ててくれるし。ほら、いつもこんな感じで函館、札幌の芝のレースで超高配当を当てるじゃないですか。夏の終わりまで、まだたっぷりチャンスがありますからね。あ、今週も土曜日にTVh杯(芝1200m)、日曜日に道新スポーツ杯(芝1200m)が行われますよね。

石 道新スポーツ杯は10頭立てだから、配信はしないかな。TVh杯はやりますけどね。

編 UHB杯と同じ函館芝1200m! また一発デカイのをお願いしま〜す! で、そのTVh杯を見事に的中していただくと、次の日にはCBC賞とラジオNIKKI杯の2重賞が行われるという。今週はこの2レースとも、注目穴馬を挙げていただけるんですよね?

石 お前のせいでな(笑)!

編 すみません〜。でもラッキー(笑)。じゃあ、さっそくですけど、CBC賞のほうからお願いできますか?

石 了解。まずはアリンナとオウノミチ。

編 両方とも軽量の先行馬ですね。

石 別に先週のウエスタンユーノーの再現を狙ってるわけじゃないよ(笑)。

編 たしかに似てますね(笑)。

石 このレースも毎年のように先行馬が1頭馬券に絡むんだよね。

編 そうですね。特にハンデが軽い馬に限らず残ってますよね。開幕週だけあって。

石 この2頭は澱みないペースで先行させたほうがいいタイプで、タフな中京は合う。雨で渋りそうば馬場も味方につけられるし、好走が期待できるよ。

編 なるほど。

石 あとは タイムトリップ。前にも行けるし、差してもいいところがある馬で、中山で良績を挙げているように、こちらもタフで持続力を要求されるコースが得意。いくら軽ハンデとはいえ、この時期の重賞で3歳馬が勝ち負けするというのはなかなか厳しいけど、さっきのアリンナとともに期待したくなる適性の持ち主だと思う。

編 穴馬としては狙って損のない馬たちですよね。

石 そうだね。

編 じゃあ、続いてラジオNIKKEI杯の方もお願いします。

石 こちらはバルベーラとニシノアップルパイの2頭を挙げておこう。

編 どのあたりを評価したんです?

石 バルベーラのほうは瞬発力はなさそうだけど、2走前、前走と内回りコースで勝っているように、上がりのかかるレースで安定して走っているのがいい。ラジオNIKKEI杯はG1を勝つような馬じゃなくて、G1で切れ負けするような馬のほうが合っているので、まさにバルベーラ向きだよね。

編 これを陣営が聞いちゃうとちょっと微妙な気もしますが(笑)。

石 重賞勝てれば十分でしょう。

編 ニシノアップルパイのほうは?

石 こちらも持続力勝負に強いのがいいんだけど、特に先行できるのは強み。小回りの開幕週だし、早めに後続馬に来られる可能性はあるんだけど、ラクに逃げられればそのままなだれ込めちゃう。人気馬だったら考えるけど、人気もないし、一発を狙ってみるのはありだよね。

編 たしかに。

石 とりあえず現時点ではこんな感じですね。

編 わかりました。では当日にどういう評価になるのかは、勝負予想でお願いします。よし、これでまた高配当が取れる気がしてきました。

石 まあ、楽しみにお待ちください。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

編集部からのお知らせ

先週は誠に申し訳ありませんでした。
今週の対談は金曜日の午前中に行われることとなりました。
すでにお伝えした通り、CBC賞とラジオNIKKEI賞の2レースについて、石橋氏の注目穴馬をお聞きする予定です。
30日(金)中には更新致しますので、今しばらくお待ち下さい。

編集部からのお詫び

日曜日の午前7時までに更新すると申し上げた宝塚記念、UHB杯の注目穴馬ですが、編集部内の事情によりレース発走までに公開されないという事態が発生してしまいました。
ご期待いただいた読者の皆様には大変なご迷惑をおかけ致しました。本当に申し訳ございませんでした。

この事態を編集部内で検証し、今後は二度とこのようなことがないように務めて参ります。
また、石橋氏にも正式に謝罪し、今回限りということでお許しいただけました。さらに、皆様にご迷惑をおかけしたお詫びとしまして、石橋氏からの提案により来週の公式ブログではラジオNIKKEI賞、CBC賞と2レース分の注目穴馬を配信することに致しました。
石橋氏がUHB賞を的中しているだけに、皆様にも、石橋氏にもご迷惑をおかけすることになってしまい、重ねてお詫び申し上げます。
今後はこういったことがないように、万全のチェック体勢を敷いて参りますので、来週からも当ブログをよろしくお願い致します。

「石橋武 公式ブログ」編集部一同

編集部からのお知らせ

今週の公式ブログでは、宝塚記念が11頭立てと少頭数で行われることから、石橋氏と協議の結果、宝塚記念の注目穴馬に加え、日曜日の函館11R UHB杯(芝1200m)の注目穴馬についてお話しすることになりました。
石橋氏が得意とする函館芝1200mのレースとなりますので、ぜひご期待下さい。
UHB杯の枠順確定後に対談を行いますので、公開は土曜日の夜から日曜日の早朝にかけてとさせていただきます。
遅くとも日曜日の午前7時までには公開しますので、今しばらくお待ち下さい。

編集部からのお知らせ

今週の対談は宝塚記念が少頭数になったこともあり、ただいま石橋氏と話し合いを行っています。
当然、注目度の高いG1戦ですので、まったく取り上げないということはありませんが、妙味を考えると重賞に限らず他のレースについても話していいと石橋さんよりご提案があったところです。
出走馬確定まで時間があること、また勝負予想との兼ね合いで、まだどのレースにするか決められる段階ではございませんので、対談公開のタイミングにつきましては金曜日の夕方までに改めてお知らせいたします。
読者の皆様をお待たせしてしまいますが、どうぞご理解下さいますようお願い致します。

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR