編集部からのお知らせ

今週の公式ブログは、石橋氏の都合により金曜日から土曜日にかけて更新させていただきます。
取り上げるレースはエプソムCとなります。ぜひ、ご期待下さい。
また、スポーツマスターで公開する勝負予想 土曜日版では、ベルモントパーク競馬場で行われるベルモントSの予想も公開致します。


『単勝二頭流』編集者(以下、編) 石橋さん、ダービーも終わって一段落ということですかね。

石橋 武(以下、石) 全然だよ(笑)。今週末は安田記念があるし、東京もようやく馬場が荒れてくるし、阪神は阪神で(雨が多い)この時期は特殊な馬場になるから、どっちの競馬場も高配当が出やすくなるからね。

編 あ〜、だから毎年この時期の高配当的中が多いのか。再来週からは得意の北海道シリーズも始まるし。

石 ダービーまでの3歳馬のレースももちろん面白かったけど、馬券的にはこれからさらに楽しめるよね。

編 たしかにダービーも堅い決着でした。

石 最後は瞬発力だけの勝負になっちゃったよね。まさかあんなに時計が遅くなるとは。

編 ◎スワーヴリチャード(3人気)は2着、3連複は的中しました。

石 というか、グチになるけど、△クリンチャーなんなの、あれ。あの騎乗されたらさすがにみんな怒るでしょ。

編 まったくハナに行かなかったですからね。

石 意味がわからないよね。それも含めて競馬と言われればそれまでだけど、馬の力を殺すような騎乗をするのは予想できないわ。

編 ですよね〜。一方の勝った△レイデオロは神騎乗で。

石 こちらは褒めるしかない。それに応えた馬もすごいし。ただ、スローからの瞬発力勝負になったという意味では、この結果がそのまま各馬の実力を示すものではない。この先、まあ秋か。秋に出てきたときは、これを鵜呑みにせずに改めて能力を確認しておいたほうがいいね。

編 △アドミラブルも不利な大外枠からよく3着に好走しましたしね。

石 そうね。

編 よく3着にと言えば、石橋さん。目黒記念は素晴らしかったですね。

石 3連複(41,190円)だけだけどな。

編 それにしても、ですよ。本命がなんと単勝13番人気の◎ハッピーモーメント。それが3着に大激走で、高配当ゲットですよ。また、見解もすごくわかりやすかったし。ということで恒例の(笑)、見〜解チェック!

石 古いぞ、それ(笑)。

「ダービーの2400mから半ハロン、たった100m距離が延びるだけだが、ダービーが(特に有力馬は)瞬発力を重視すべきなのに対して、2500mで重視すべきはスタミナ。切れなくていい、エンジンのかかりは遅くていい。そういう馬が好走するのがこのレースだ。狙いは他場で切れ負けしている馬や、ゴール過ぎに伸びてきているような馬。そこで狙いは◎ハッピーモーメント。前走もそうだが、先行しつつ直線で追い出すと速い脚が使えずにあっさり抜かれている。この前も含めチョイ負けというレースが多いのが、この手のタイプの特徴。一方、同馬が好走しているのは京都芝2000mや福島芝2000mといった、流れが緩まない小回りの持続力を要求されるレース。要は上がりのかかるレースだ。前走をひと叩きされた上積みも大きく、ハンデも54キロ。勝ちみの遅さをカバーできる条件が揃い、大駆けが期待できる。」

編 まあ、わかりやすい。たった100mの距離延長がこうも影響するとは。

石 何度か書いたことがあるから、今回は見解に書かなかったんだけど、東京芝2400mは坂上からのスタートなんだけど、これが2500mになると坂の途中からのスタートになるんだよね。要するに2回の坂超えがあるんだよ。そのぶん、スタミナが要求されるんだろうね。

編 で、実際に結果はその通りになると。

石 今回は本命馬が3着だったけど、同じスタンスで狙っていけば普通に高配当は獲れるよ。

編 東京芝2500mは近走で切れ負けしている馬、エンジンのかかりが遅い馬ですね。

石 そういうこと。

編 それに対して、芝1600mは?

石 いきなり安田記念の話に飛んだな(笑)。こっちは基本的には瞬発力勝負になる。速い上がりを使える馬に有利なレースだよね。まあ、ここ2年はスローということもあって、前残りになっちゃったけど。

編 じゃあ、それも踏まえて現時点での注目穴馬を教えていただけますか?

石 それを踏まえるとね、人気馬になっちゃうのよ(苦笑)。瞬発力のある馬、近走で速い上がりを使った馬って、基本人気馬だから。

編 たしかに。

石 かといって、堅く収まるレースでもないんだ。一昔前は日本一堅いレースと言われていたけど、近年の結果を見てもかなり荒れてるでしょ?

編 ええ、近10年で言うと3連単が10万以上の配当になったのが7回。むしろ荒れるレースですよね。

石 そう。人気馬も走ってくるんだけど、ちゃんと穴馬も来る。忘れられた適性馬というのかな、そういうのが穴をあけるんだ。ちょっと前で言うとグランプリボスとか。リアルインパクトなんかもそのパターンだよね。

編 両馬とも同じ東京マイルのNHKマイルCを好走しているのか。あ、クラレントもそうだわ。

石 同コースのG1だからね。NHKマイルCに限らなくてもいいんだけど。

編 じゃあ、そのあたりから穴馬を探っていただくと?

石 ディサイファがいい。

編 去年の安田記念は6着でした。

石 去年はさっきも言ったけど前残りの競馬になって、切れ負けしちゃったけど、あのスローはかなり特殊なレースといっていい。あの結果にとらわれすぎない方がいいよ。

編 たしか去年のマイルCSでは本命に推してましたよね。

石 そう。直線で大きな不利を受けちゃって、結果10着だったんだけど、不利がなければ間違いなく馬券に絡んでいた。当時の対談でもグチったかもしれないけど(笑)。もともとは中距離を中心に使われていたけど、マイルのほうが適性は高いと見ているんだ。

編 東京でも毎日王冠とかエプソムCとか好走していますよね。

石 そうね。速い上がりを使えているよね。まさにこういうタイプが、いままで穴をあけてきたんだ。マイル路線に絶対的な存在がいないなか、この馬に順番がまわってくる可能性は十分だよ。

編 なるほど。そのほかではどうです?

石 香港馬2頭。コンテントメントとビューティーオンリー。去年暮れの香港マイルの結果を持ち出すまでもなく、今の日本のマイル路線ははっきり言うと弱いのよ。

編 その香港マイルを勝ったのがビューティーオンリーで、コンテントメントも4着でしたね。

石 そうね。モーリスの活躍もあって盲点になっているけど、この日本馬の弱さは今回はっきりと出ると思う。この2頭は香港でもトップクラスの馬で、香港馬が日本の馬場に適性があるのは、過去の結果を見ても明らか。というのも最近こそヨーロッパからの輸入も増えてきたとはいえ、香港のほとんどの馬はオーストラリア、ニュージーランドからの輸入馬。そういうオセアニアの生産馬って、日本の高速馬場にすごく強いんだ。スピードの持続力があるから。

編 だから走ってくるのか。

石 それに加えて、香港競馬はかなり景気が良くて、優秀な馬をどんどん入れているからね。賞金がいいし、英語が通じるからジョッキーも集まるし、自ずとレベルが高くなるんだ。

編 単純に強いと。

石 特にこの路線はね。それでいながら日本では知名度の問題もあって。全然人気にならないでしょ?

編 ええ、よくわからないというのが大きいんだと思いますけど。

石 強いのに、適性があるのに人気にならないという、馬券的には非常においしい状況なんだよね。買っておいたほうがいい2頭だよ。

編 わかりました。では現時点ではこの3頭に注目ですね。

石 冒頭でも言ったけど、そろそろ東京も馬場が荒れてくるところで、内有利の状況が崩れてきそうなんだ。ということはつまり、馬券的にも荒れてくる可能性が高くなってくるということ。安田記念も含めて、ご期待いただければと。

編 そうですね。そろそろ10万クラスの馬券が欲しくなってきたところなので、ちょうどいい(笑)。よろしくお願いします!




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------


『単勝二頭流』編集者(以下、編) 石橋さ〜ん、先週はすごいんだけども悶絶すべきなのか、感心したままでいいのか、なんとも形容しがたい2日間でしたね〜。

石橋 武(以下、石) そうだよね(苦笑)。手放しで喜べるような戦績ではないけど、穴馬は走ってきてたし……。でもやっぱり悶絶感かな〜(笑)。

編 その悶絶感の一番の原因が土曜日の平安S。

石 間違いないね。

編 石橋さんがこのレースで本命に推してきたのはなんというか、ビックリを通り越して唖然とするような馬で。

石 そうでもないんだけど。◎マイネルバイカね。

編 いや、石橋さん的には普通に買いなのかもしれないですけど、16頭立て15番人気ですからね! ブービー人気ですからね! 単勝オッズ156.7倍ですからね!

石 でも見解にも書いたけど……

編 あ、見解読んでもらったほうが早いか。

「◎マイネルバイカはここまで8勝を挙げているが、そのうちの6勝が馬番4番までの内枠。さらに1番枠には4回入って、3勝。超のつく内枠巧者だ。内枠からロスなく運べ、さらに後ろから突つかれるような展開が合っているだけに、非常にわかりやすい腑に落ちる傾向だ。近走は地方交流重賞への出走も多く、また戦績も安定しなかったために人気を落としているが、前走から調教が一変。今の状態は生涯ベストと言えるくらいだ。中央のOPクラスでも勝ち負けしている馬だけに、本調子を取り戻した今ならこのメンバーでも好勝負になる。もともと先行有利のレースで、ベストの最内枠、バツグンのデキと買い材料が揃ったここは一発がある。要警戒だ。」

編 まさかの内枠巧者。考えたこともなかったわ。デキはよさそうだなとは思いましたけど。

石 立ち回りの上手な馬だし、ラチ沿いというのがいいんだろうね。まあ、ただ大誤算だったのがクリソライト(6人気1着)。完全に武豊騎手にやられたね。

編 無印でしたよね。

石 そう。かなり揉まれ弱い先行馬で、内枠もいやだったし、先行馬が揃ったメンバー構成も合わないんだよ。だから地方の小回りでスピードの違いを活かす競馬ができると強いんだけど。

編 今回は消しの材料が揃っていたと。

石 そう。ただ、まさか最後方からの競馬をされるとはな〜。完全に決め撃った競馬なんだけど、予想の段階であの競馬をする可能性はまったく考えなかった。ホント武豊騎手のファインプレー、スペシャル騎乗としか言えないわ。それに戸惑わずに対応するクリソライトもスゴイし。言い訳に聞こえるかもしれないけど。

編 あれで3連単23万6,010円。3連複でも9万6,220円。けっこうつきましたからね。◎マイネルバイカが絡んでいるとはいえ。あ、配当見てまた悶絶だわ(笑)。ただ、その鬱憤を晴らしてくれたのが日曜日。

石 オークス?

編 オークスも人気馬の本命◎ソウルスターリング(1人気1着)、穴馬の本命◎モズカッチャン(6人気2着)と本命馬のワンツーで、3連単まで完璧に的中。そりゃスカッとしましたけど、さっきの◎マイネルバイカの悶絶に比べたらまだまだ。

石 なんのこっちゃ(笑)。ということはフリーウェイSの◎ノットフォーマルね。

編 はい、出ました、ノットフォーマル! 石橋さんの良きパートナー!

石 勝手にコンビ組ませんな。

編 でもこの馬の激走のタイミング、いつも完璧じゃないですか〜。

石 激走のタイミングが2回しかないからな(笑)。フェアリーSと先週のフリーウェイSと。

石 でもその2鞍がホント完璧。ともに11番人気で単勝30倍台。というか、単勝30倍台の馬、本命にするんだもんな〜。あ、いい機会だからこっちの見解も載せておきましょうか。

「◎ノットフォーマルがようやく復調してきた。というより、ようやく適条件で使われたと言ったほうがいいか。同馬は3歳春のフェアリーSを勝って以来凡走続き。デキ落ちももちろんあったのだが、マイル重賞を勝ったばかりにマイルから2000mを中心に使われてきた。ただ、もともとシュッとした脚を使うのが得意ではなく、緩急のつく競馬が苦手。フェアリーSも先行してスピードで押し切る競馬ができたからこその好走だったのだが、この手のタイプが得意とするのは常々言っているように、1400m。実際、前走は初めて1400mを使われて6着とはいえ、勝ち馬から0.2差の競馬ができている。今回は前走同様の1400mに加えて、ハンデは53キロ。加えて、前走は2走前に抑える競馬をしたことで出脚が鈍く、ハナに立つまでに脚を使ったのも影響したが、今回は、前に行きたい馬が皆無でラクにハナを奪えるメンバー構成もいい。変に脚を溜めるような小細工のいらない距離だからこそ、同馬の強みは確実に活きてくる。大駆けの条件を揃ったここで、久々の勝利が期待できる。」

編 はい、ドンピシャ! 完璧すぎるわ。これ、けっこう金額多めに勝った人たくさんいるみたいですよ。

石 勝負すべきところだからね。

編 それもあるんでしょうけど、石橋さんがノットフォーマルを推したら、そりゃみんな多めに買うよなという話です。フェアリーのときは3連単48万馬券だったし。今回も44万馬券。

石 今回は3連単獲れなかったな〜。3着のショウナンライズ、大外を嫌っちゃって。

編 ま、獲るにこしたことはないですけど、『単勝二頭流』としては、まずは単勝をキッチリ獲るのがベストなわけで。この一発は大きいし、配当だけじゃなくて、これだけ穴馬の本命が走ってくれば高配当なんてボコボコ獲れるわけですし。ということで、引き続き期待はデカイですよ。

石 今週はダービーだしね。勝負予想を見てくださる方も相当多いようなので、きっちりいいところをお見せしますよ。

編 じゃあ、さっそく見せてもらおうじゃありませんか。どの馬に注目しています?

石 なんでケンカごしなんだよ(笑)。まあ、いいわ。ダービーの注目馬はクリンチャーとダイワキャグニーの先行馬2頭。

編 先行有利。

石 というか、ダービーって瞬発力勝負なんだけど、そこに先行馬が残って高配当を演出というパターンが多い。とくに今の東京芝コースは、先週のオークスが1枠同士で決まったのを見ても、内有利だからね。スッと先行できればこの2頭の粘りは脅威だよ。

編 実力は足りると。

石 足りる、足りる。クリンチャーは前走皐月賞が素晴らしい内容で、高速馬場にも対応したし、並ばれてからも渋太かった。しかも4コーナーでは先頭に立たざるをえないかなり厳しい展開だったにも関わらずね。

編 ダイワキャグニーのほうは?

石 右回りがてんでダメな馬だから、前走みたいに東京で走ればしっかり巻き返してくるよね。その前走は澱みのない流れをラクに押し切った。立ち回りの上手さもあるし、内めの枠に入ったら面白いところがあるなと(※この対談は枠順発表前の月曜日に行われています)。

編 あと1頭は?

石 ごめん。今週はこの2頭までにして。枠順もそうだけど、土曜日の馬場を見たいんだよね。基本的にはさっき言ったように内有利なんだろうけど、それがどこまで有利なのか。特にダービーとかだと芝を調整したりしだすから、ちょっとそれまで勘弁ということで。

編 まあ、ダービーですからね。わかりました。今週はこの2頭に注目ということで。それでは石橋さん、先週の◎ノットフォーマルの再現、よろしくお願いしますね!

石 簡単に言ってくれちゃって(苦笑)。





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------


『単勝二頭流』編集者(以下、編) 石橋さん、いよいよ大一番オークスとダービーが近づいてきました。

石橋 武(以下、石) なんかいつも大一番とか言ってない(笑)?

編 そうかも(笑)。でも毎週そんな感じになっちゃうんですよね。

石 まあ、今週、来週はホントに大一番だよね。3歳馬の牡牝チャンピオンが決まるわけで。

編 馬券的にも大一番になってほしい……

石 先週ダメだったし(苦笑)。

編 まあ、そこは大丈夫なのは知っているので(笑)。このところ2週連続の20万馬券的中とか、高配当がバンバン当たっていますしね。まだ固め撃ちは続きそうだし。それに今週は、20万馬券の宝庫とも言える土日とも東京ダ2100mがありますしね。

石 東京ダ2100mが全てじゃないけどな(笑)! でも高配当が期待できるメンバーが揃ったよね。こっちも楽しみだよ。

編 ええ、勝負予想を読むのが今から楽しみです。マジでどの馬を本命に推してくるのか想像つかないので(笑)。

石 まあ、想像ついたら20万馬券なんて獲れないわけで(笑)。

編 ですよね。オークスも想像つかないんだろうな〜?

石 白々しくプレッシャーをかけるんじゃない(笑)。そろそろオークスの話に入ろうか。

編 そうですね。オークスって、去年が堅すぎたにせよ、そんなに荒れるレースじゃないですよね。

石 そうね。阪神が改修してから、桜花賞の好走馬がそのままオークスでも好走するパターンが増えたから。阪神芝1600mがトリッキーなコースではなくなっちゃって。

編 あ〜、それでか。人気馬がそのまま走ってくるという。

石 ただ、逆に言えば桜花賞が高配当、3連単10万円超える配当になった年はオークスも荒れてるケースが多い。ここ10年で言えば一昨年くらいじゃないかな、桜花賞が荒れてオークスが堅く収まったのって。

編 今年の桜花賞は10万馬券にはちょい足りませんでしたけど(94,890円)、荒れる資格はあると。

石 あるでしょう。

編 でもそういうときってどんな馬を狙えばいいんですかね。

石 近年、6番人気以下で走った馬は切れ味を活かすタイプよりも、持続力を活かすタイプのほうが多いよ。まあ、瞬発量タイプは人気になりやすいというのもあるけど。

編 なるほど。今年だとどの馬がいいです?

石 じゃあ、それも踏まえて注目穴馬を挙げていくと、まずはヤマカツグレース。

編 フローラSでは10番人気ながら2着に粘りましたよね。

石 そう。この馬は特に1400mで好走実績があって、しかもフローラSみたいに2000mでも好走しているのがいいね。

編 あ、1400mといえば、石橋さんがよく持続力の距離と言ってますよね。

石 その通り。1000mも距離が違うんだけど、1400mで好走できるほどのスピードと持続力がある馬はけっこう穴をあけるケースが多いんだ。かといって、完全に短距離馬だとさすがに距離はもたないんだけど。

編 そうか、だからヤマカツグレースみたいに、1400mでも善戦していて、かつ2000mでも走れるようなタイプだと安心して買えるのか。

石 そういうこと。まあ、中距離実績まであると人気になるケースが多いから、ヤマカツみたいに人気にならないのはラッキーだけど。本当は1400m実績だけで判断できるとより大きい馬券に繋がるよね。

編 それはどうやって?

石 う〜ん、簡単に言うと余力をもって走れるかどうか、スプリンターが1ハロン延びたときの走りの逆というか(苦笑)、言われてみると説明しづらいな。めっちゃ長くなりそうだし(笑)。

編 じゃあ、そこは石橋さんに任せます(笑)。

石 あ、メッチャ簡単に言うと、先行して好走している馬だね。そういう巨億単な競馬に頼らなくていいタイプが狙い目。あとひとつ注意しておくと、これは3歳の春だから通用する穴馬選びね。成長とともにそれぞれ適性のある距離ははっきり決まってくるからね。

編 たしかにヤマカツグレースも先行して好走していますね。

石 そうそう。ま、ざっくりこういうタイプだと考えておいていただければと。

編 続いてはどの馬に注目します?

石 ブラックスビーチだね。

編 1400mでの好走はないですね。

石 それが全てじゃないから(笑)。この馬は前走のスイートピーSも良かったけど、その前の未勝利2戦がよくて。メンバー云々はさておき、2戦とも先行馬には厳しいペースを前で受けて2着、1着。

編 たしかに。持続力を感じさせるレース内容ですよね。

石 かといって、前走のようにある程度速い上がりを使えるのも魅力で、完全な瞬発力勝負になると切れ負けするだろうけど、持続力を活かしつつビリッと瞬発力を効かせるみたいなレースになればかなり面白い。

編 さっきも不安は鞍上だけって言ってましたもんね。

石 余計なことは言わんでよろしい(笑)。あとはハローユニコーン。

編 あれ、割と瞬発力を売りにするタイプじゃないですか? ここ2走はメンバー中最速の上がりをマークしていますし。

石 たしかにメンバー中最速ではある。ただ、どちらも上がりのかかるコースだよね。要は持続力が求められる流れで速い上がりを繰り出しているといういことなんだ。

編 どちらもスローですよ?

石 ああ、そこな。そこ勘違いしやすいんだよ。位置取りも見てほしいんだよね。どちらもたしかにレースとしてはスロー。ただこの馬はその流れを後方から差し切っているでしょ。しかもどちらも小回りコースだから。小回りのスローって途中から一気にペースアップするんだけど、それを後方から差し切るというのは、ペースアップ以上の速いラップをゴールまで持続させているということでしょ?

編 あ〜、そういうことか。めっちゃ長い距離でスピードを持続させなきゃならないのか。

石 そういうこと。将来的には1800くらいがベストな気がするけど、この時期の3歳牝馬限定戦なら難なく対応できる。要注意だよ。

編 わかりました。では現時点ではこの3頭に注目ということで。東京ダ2100mとともに期待して待ってます! どうもありがとうございました!




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

編集部からのお知らせ

本日公開予定の対談は石橋氏の都合により、更新時間を変更させていただきます。
19日金曜日の午前中までには公開しますので、今しばらくお待ち下さい。
対談の内容はオークス(G1)となります。
ぜひ、ご期待下さい。

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR