fc2ブログ

ローズS&セントライト記念の注目穴馬は!?

編集部からのお知らせ

今週の公式ブログは先日お伝えした通り、いつもの対談ではなくローズSとセントライト記念の注目穴馬を公開する形とさせていただきます。ご了承ください。


■ローズS(G2)
3歳牝馬限定のトライアル戦。スローからの瞬発力勝負がデフォルトのレースだが、今年は中京芝2000mでの施行。阪神外回り同様直線が長いコースなので瞬発力重視というの点は変わらないが、阪神より直線がタフになるぶん(急坂&登坂後からゴールまでの1ハロンの距離の存在)、パワーの要素、持続力のスパイスは必要となる。
実際同コースで行われた去年のローズSは阪神芝1800mで行われた2015〜2019年の5年間で4回の連対(うち3勝)を誇る上がり最速馬が4着と馬券圏内を外している。
今年も瞬発力勝負に長けた馬に注目しつつも、パワー、持続力スパイスがかかった馬に注目しておきたい。

・コーディアル
前走のように溜めれば速い上がりを使える馬だが、同馬の本質は瞬発力ではなく早めに動いてもバテないタフな末脚。阪神芝1800mだと切れ負けして掲示板近辺だろうが、中京芝2000mなら追ってバテない強みを活かせる。

・スパークル
これまで阪神マイルなどのスロー→急加速が求められるレースでは惜敗しているものの、連続連対した新馬、未勝利の中京マイルではしぶとく伸びて好走。前走も少頭数ながらメンバーが揃った2勝クラスを先行して上位の押し切っており、こちらも中京なら走れるタイプ。



■セントライト記念
中山の外回りコースを走るため、向正面に入ってすぐに下り坂に突入。当たり前だがラスト1200mは中山芝1200mと同じコースなわけで、レース後半は徐々にラップが速くなるロングスパートでゴールになだれ込むという形になる。非常にスピード持続力が大切なレースだ。
東京は新潟で瞬発力を武器に好走してきたタイプは脚が溜まらないケースも多く、また終い一辺倒の馬も差し届かない可能性が高い。ある程度前めにつけられる馬で4ハロンの上がりで勝負できる馬を探したい。

・アサマノイタズラ
中山芝2000mの未勝利勝ちを評価。一見スローを押し切っただけの内容に見えるが、セントライト記念と同じようなラップの推移(向正面から徐々に速くなっていく先行有利の流れ)をラクに差し切っており、持続力を見せつけた。スプリングSでも本命評価していたように、能力も十分。

・グラティアス
ダービーが典型的な切れ負け。ダービーのようなスロー→上がり勝負では頼りないが、だからこそ持続力を活かせる流れではしっかり勝ち切っている。能力的にも、不利があった皐月賞で楽逃げした2着馬タイトルホルダーから0.2差なら十分勝負になる。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/


-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR