FC2ブログ

編集部からのお知らせ

編集部からのお知らせ

今週の公式ブログも対談ではなく、石橋氏より注目穴馬をお伝えする形で配信させていただきます。
先週に引き続き、新刊執筆、そして3日間開催も重なっており、その旨ご了承いただけますと幸いです。
「その代わりと言ってはなんですが、週末の重賞3レースの注目穴馬をお伝えします。」とのことで、本日は金曜日に行われるフラワーCの注目穴馬を公開致します。
日曜日に行われるスプリングS、阪神大賞典の注目穴馬は土曜日の20時までに更新致します。

先週は公式ブログで推奨したナイントゥファイブ(12人気3着)もあり、フィリーズレビューは3連単11万馬券を的中。そのほか高配当的中が目白押しでしたが、その模様はスポーツマスターの編集部通信さんが全レース振り返ってくださっています。
どなたでも無料でご覧いただけますので、ぜひご覧ください。

それではフラワーCの注目馬をお伝え致します。



■フラワーC(G3)
フラワーCが行われる中山芝1800mは、この時期の3歳牝馬にとってはかなりタフな条件。それだけに前半はスローで流れることが多いが、レース中頃から徐々にペースアップし、後半はハイペースの凌ぎ合いとなる。牝馬らしい一瞬の切れでは脚がもたず、ラスト800mを脚を伸ばし続けられるようなタイプがベスト。よく勝負予想の見解でもお伝えしている”切れなくともバテない末脚”が合うレース。
そこで注目は、前走、スタートで後手を踏みながらも向正面で先団にとりついてそのまま脚を伸ばしたポレンティア。前走、外差しが圧倒的に有利だった小倉の荒れ馬場を強気に押し上げて楽勝したキングスタイル。そして小回りへの対応と、ダラっとしたロングスパートが期待できそうなアブレイズの3頭。



■阪神大賞典(G2)
近年は少頭数が続き、出走メンバーの質も低下傾向にあり、天皇賞(春)の前哨戦と呼ぶには物足りないレースとなっている。またレベルの低下も相まって道中のペースは緩み、極端に言えば2400mの助走+600mの上がり勝負となっている。ただし今年はG1レベルの先行馬キセキが出走し、キセキ自身スパッと切れる脚を使えないために、後半1000mからペースアップ。ラスト800mのロングスパート合戦という展開が見込まれ、このレースとしては久々に長距離戦らしい消耗戦が見られそうだ。
となれば、注目穴馬はタイセイトレイル。一瞬で加速できるタイプではないだけに【4 4 4 11】と勝ち味の遅さが目立つが、上がりのかかる競馬でのロングスパートなら同馬の息の長い末脚が活きてくる。前走は前が止まらない馬場に苦戦したものの、徐々にポジションを上げていく流れできっちり脚は使っており、巻き返しは可能。
もう1頭はトーセンカンビーナ。こちらは近4走すべてで上がり最速をマークしているが、いずれもスローペースを後方に構えていただけで、それ自体に価値は置かないほうがいい。ただ、前走は京都外回りのスローで4コーナー手前の下りから仕掛けて上がりのかかる競馬を制した。京都の下りはお世辞にも上手いとは言えず、その点、今回の阪神替わりもプラス材料。昨春の青葉賞当時と比べると、ようやく能力に馬体が追いついてきた印象で、このメンバーに入っても好走が期待できる。



■スプリングS(G2)
ヴェルトライゼンデの能力が抜けており、先を見据えた仕上げという点で付け入る隙があれば、というレース。シルバーエースのハイペースでの先行に期待したい。2走前の競馬ができれば理想的で、阪神外回りより中山のほうが競馬はしやすいはず。そのハイペースに乗じてタフな流れでこそのココロノトウダイが走ってくれば。人気の一角サクセッションは(同世代で走る)現状は2000mまでならこなせるだろうが、将来的には1400mで活躍しそうな雰囲気。コーナー4つの1周コースは合わない気もする。ファルコニアは阪神大賞典で推したトーセンカンビーナの全弟。普通に考えれば完成はまだまだ先。ここで走るようだと、将来の伸びしろ的に不安。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/


-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR