前哨戦終了! さあ、次は本番だ!

『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、先週の毎日杯でクラシックの前哨戦も一段落。桜花賞、皐月賞にチャレンジするメンツが固まってきましたね。

石橋 武(以下、石) そうですね。特に牡馬戦線は有力と目されていた馬たちが相次いで目標をダービーに切り替えていますので、なかなか歯ごたえのあるレースになりそうですよね。今からすごく楽しみにしているんですよ。

編 楽しみ…ですか。どうもあまりにも混戦模様でイマイチどの馬が勝つのかわからないんですよね。

石 そりゃ、まだ枠順も決まってないですからね(笑)。

編 いや、そういう意味じゃなくて……。どの馬が勝ってもおかしくないじゃないですか。

石 ああ、そういう意味ですか。てっきりもう勝ち馬を教えてくれと言われるのかと思いました(笑)。

編 さすがに編集部がムチャでもそこまでは言いませんて(笑)。

石 そういう意味でしたら、もうある程度の頭数に絞れませんか?

編 えっ!? 現時点でですか?

石 ええ。だって、枠順はともかくもう各馬の馬柱が変わることはないじゃないですか。まあ、100%ではないにせよ。

編 たしかに。

石 さっきも言いましたけど小回りの中山コースですから、枠順によって展開や有力馬の出方が変わるという点で精度の高い予想は現時点では難しいですけど。

編 では皐月賞に話を絞ってお聞きしますけど、もうすでに何頭かは目をつけているんですか?

石 もちろんです。もちろんまだ決めているわけではないですよ。あくまで注目しているというレベルですけど。

編 その数頭を教えていただくわけには……、あ、ダメだ。それを言ったら契約違反になるんですよね。というか、それもこちらサイドで決めたことなんですけど。

石 そうですね。ただ契約云々よりも、不確定な段階の予想を公表するのはどうかとも思いますし、それは皐月賞当週までお待ちいただきましょう。たぶんいちばん早く注目馬を公表するのはnetkeiba.comだと思いますので。

編 そうですね。では質問を変えまして、皐月賞はどういう馬を狙えばいいですか?

石 う〜ん、どこまで答えていいのやらという質問ですね。それを言うとすぐに馬名までたどり着いちゃいますから。ただ、皐月賞トライアル、前哨戦といくつか予想を配信してきましたよね。

編 ええ。

石 そのなかにヒントはありますよ。特に皐月賞と同じコースで行なわれた弥生賞はnetkeiba.comのコラムでもある程度話していますし、バックナンバーは読めるはずなので、皐月賞のためにももう一度目を通してもらうといいかもしれませんね。

編 なるほど。弥生賞ではカミノタサハラを推奨して見事に1着。石橋さんは中山芝2000mで何か掴んでいるのかもしれませんね。

石 それはどうでしょう(笑)。中山芝2000mに限らずですけど、さらに予想の精度をあげなければいけないですね。先週の予想配信でお役に立てなかった分は皐月賞はもちろんのこと、今週末からのレースできっちりお返しさせていただきますよ。

編 なんないつもの石橋さんと違って、ちょっとこわいんですけど……。

石 ちょっと自分に腹を立てているので。

編 そ、そうなんですね。では今日はこのへんにしておきましょうか。とにかく今週末からの予想に注目ということですよね。

石 ええ、よろしくお願いします。

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR