ローズS、セントライト記念の穴馬を一挙公開!

編集部からのお知らせ
今週は3日間開催ということもあり、石橋氏より対談を行うのが難しいとの連絡を受けました。
週中にもお伝えした通り、代わりにローズS(G2)、セントライト記念(G2)の穴馬の見解をお伝え致します。ご了承ください。


ローズS(G2)

メイズオブオナー
同馬はダート戦で勝ち上がってきたが、本質的には芝馬。実際、前走では最後の直線半ばまで前が詰まりながらも、前があくやいなや瞬時に加速。あっという間に先行各馬を差し切った。未勝利脱出まで10戦を要した馬とは思えない楽勝ぶりだった。その前走が休み明けでプラス14キロと馬体的に成長したのも大きく、ようやく本来の力を発揮できる身体になったのだろう。未勝利時代に戦ってきた相手を考えればこのメンバーでも気後れは不要。重馬場も得意なタイプで、馬場も味方に勝ち負けまで期待できる。

ミリッサ
同馬はもともと能力を高く評価されており、前走で古馬相手の1000万特別をレコード勝ちしたのも驚くことではない。実際、チューリップ賞でも今回人気のリスグラシューに僅差にまで詰め寄った実績がある。前走、長すぎる中京の直線でメンバー中最速の上がりをマークしているように、タフなコースで長く脚を使えており、外回りの阪神芝1800mでもその強みを大いに発揮できる。どちらかと言えば火曜日に延期になってくれたほうがありがたいタイプの馬だが、注目すべき一頭と言える。



セントライト記念(G2)

サーレンブラント
サンシロウ
どちらも前走で新潟の長い直線で脚を伸ばして好走。中山芝2200mは外回りコースを使用するために長く伸びる脚が必要となるうえに、月曜日の中山はおそらく重馬場。どの馬も末脚勝負が使えないとなると道中のラップが緩まずにいつも以上の持続力勝負になりがち。そこで強みを発揮するのが、2頭の前走のような息の長い末脚。
また、サンシロウのほうはダートで勝ち上がってきたが、これもローズSのメイズオブオナーと同様に体質的な弱さがあっただけ。本来は芝向きの馬で、メイズ同様に前走の楽勝ぶりがそれを証明している。
正直なところ、セントライト記念はある2頭のワンツーとなる可能性が高いと考えているが、3着に入ってくるのはこの2頭のようなタイプだろう。



プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR