単勝二頭流 青葉賞の注目穴馬を厳選! 天皇賞(春)はアチラで公開中!

『単勝二頭流』編集者(以下、編) 石橋さ〜ん、福島芝1200m……

石橋 武(以下、石) キミが煽るとロクなことがない。

編 人のせいにして……

石 そうだな。外したのは僕の責任だね。申し訳ない。

編 そう、素直に謝られると返す言葉もないんですが(笑)、結局、福島芝1200mは全部で(開催中に)5レース配信して、3連単までパーフェクト的中したのが3レース。単勝的中が4レース。外れが1レース。成績的には上々ですけどね。配当的にも21万馬券とか、5万馬券とか。

石 ただ、注目していただいた先週が単勝だけという。ちょっとチグハグな感じになってしまって。

編 ただ、相変わらずスゲ〜なと思ったのもたくさんあって、福島牝馬SとマイラーズCの3連複的中はどうでもいいんですけど、

石 失礼か(笑)!

編 たしかに(笑)。ただ、それ以上にすごいなと思ったのが外れたレースのなかにあって、それが土曜日の京都12R。3連単268万1,900円もついたレースです。

石 あれ、メッチャついたな〜。

編 あのレースで石橋さんが本命に推していたのが◎メイショウノボサン(5人気2着)で、相手上位に13番人気3着のカメットもマークしていたんですよね。あれ、すごいわと。

石 全然。勝った馬、印打ってないから。

編 たしかに馬券としは、まあ、外れですよ。ただ、メイショウの本命とか、13番人気馬を相手上位にもってくるとか、260万円ですか、そんな配当のつくレースで、それに肉薄するという。あえて言います、肉薄ですよ、あれ。先々週の皐月賞(◎アルアイン、△ペルシアンナイト)もそうでしたけど、100万馬券、近いなと思って。

石 ん〜、先週の京都最終はちょっと違うような……。本命馬が勝っていればまた話は別だけど。

編 石橋さんがどう思おうがどうでもいいんです、そこは。フローラSだってそうですよ。先週ここで話していただきましたけど。

石 そっちも全然来てない(苦笑)。

編 そうそう、馬券的にはドッパズレですわ。でも勝負予想の見解で行っていたことがぴったりだなと。あ、この対談で話した内容とも被りますけどね。

石 ああ、スタミナ必要ということ?

編 そうです。ゆえに、フローレスマジックを△評価に落としましたよね。スタミナの裏づけがないぶん、勝ちきれるかどうかは微妙ということで。

石 実際、そうだったね。最後のひと押しが効かずに3着まで。あ、ちなみに言っておくと、オークスはフローラSからさらに400m距離が伸びるけど、むしろオークスのほうがマイラー的な資質を要求されることが多いんだ。だから単純に距離が伸びるからもっとスタミナの要素が〜と考えないほうがいいよ。まあ、そのあたりはオークスのときに改めてお伝えしますけど。

編 で、実際に勝ったのがここで仰っていたように1800m以上の勝ち鞍もあったモズカッチャン(12人気)。2着が△ヤマカツグレース(10人気)。

石 そうなんだよ。狙ってたスタミナタイプの馬じゃないほうが来ちゃったという。いちばんカッコ悪いパターン。言っていることは合っているのに、馬券が外れているという。

編 でも言っていることが合っているのがすごく大切で、たしかに今回はダメでも、論理的に合っている馬が来ているということは次に繋がるということですから。まぐれで当たるより全然いいですよ。先々を見据えれば。

石 まあ、そうだけどね。

編 それと圧倒的な1番人気に支持されていたホウオウパリュームの評価を下げていましたよね。

石 △は打ったけどね。

編 下位のほうで。で、見解にもしっかり書かれていて、「(圧勝は)中山でのパフォーマンスだけに、素直に信用するのは危険。差し届かない可能性は高い」的なことを書かれていました。

石 そう。中山の内回りの流れ、締まった流れだからこそ脚が使える馬というのは多いからね。ホウオウもこの先どうなるかはさておき、少なくとも寒竹賞は中山だからこそ、上がりがかかるからこそのパフォーマンスだったから。

編 で、実際に早い脚も使えず、8着に沈むと。このあたりのセンスが石橋さんなんですよね〜。と、会員の方が何人も言っていました(笑)。

石 キミじゃないんか(笑)。でもまあ、(僕が)見ているところをちゃんと見てくれている人がいるというのは、すごく励みになりますよ。ありがとうございます。ただ、外したレースで褒められても……というのもありますし、心苦しいので、また今週しっかりと取り返します。

編 はい、よろしくお願いします。というわけで、今週は皆さんお待ちかねの天皇賞(春)! 150万馬券の再来だ〜!

石 と、わざとらしくテンションを上げてもらっていますけど、天皇賞(春)についての見解はスポーツマスターさんの編集部通信で公開しておりまして。

編 はい、わたくしもしゃべっております(笑)。ただ、向こうで公開とはいえ、どなたも無料でご覧いただけますので、ぜひ注目しておいてください。で、こちらでは青葉賞の注目穴馬について教えていただこうかと。

石 そうね。現時点では2頭。まずはタガノアシュラ。

編 若葉Sは7着に負けてしまいましたけど。

石 前走はスタートから先行争いをしてしまって、ペースが速くなってしまったというのもあるけど、それ以上に完全に勝ち馬にマークされる厳しい展開になってしまって。

編 たしかに番手を進んだ勝ち馬にベストの競馬でしたよね。ただ、それ以前も重賞では凡走が多いのが気になります。能力的に足りるのかという点も含めて。

石 たしかにね。ただ札幌2歳Sは逃げて新馬を勝ったのにも関わらず、出遅れて全く逆の差し競馬になってしまって、朝日杯FSも逃げられず。きさらぎ賞はあの道悪がすべてでしょう。たしかに能力的にどうかというのはやってみないとわからない部分はあるんだけど、ただ、自分の競馬ができた2走前のすみれSでは皐月賞で強い競馬を見せたクリンチャーの2着に善戦。

編 自分の競馬に持ち込めればやれると。

石 その通り。しかも先週開幕したばかりの東京芝コースは、完全に内有利、先行有利。逃げるタガノアシュラにベストの馬場だよね。なんというか、小器用なタイプが好走できるというか、内をロスなく回ってくる馬に利がある馬場だから。

編 なるほど。

石 無理に競りかけてくるような馬も見当たらないし、馬場を味方に好走が期待できるよ。

編 あと1頭は?

石 ポポカテペトル。この馬は折り合いの心配がなくて、好位から流れに乗れる器用なタイプだよね。

編 そうですね。さっき石橋さんが言った器用に走れるタイプですよね。あとは重賞になっての力関係ですが。京成杯は10着でしたし。

石 いやいや、あの京成杯は直線の不利がすべてでしょう。外から玉突きにあって、挟まれちゃってるから。全然追えなかった。あれはノーカウント。むしろ2000mの重賞で前につけて流れに乗れていたし、出直した前走はあっさり勝利。

編 たしかに。ただ、今思ったんですけど、この馬人気になりませんかね。

石 ならないという体で話してます(笑)。だって、このメンバーで勝ち負けできる穴馬ってそうはいないよ(笑)?

編 まあ、そうか(笑)。了解です。じゃあ現時点ではこの2頭に注目ということで。東京は馬場の攻略がポイントになりそうですね。

石 そうだね。まだしばらくは前残りの感じだけど、注視しておかないとね。

編 あと今週末は香港もあるのか。

石 ああ、そうだね。クイーンエリザベス2世カップ。勝負予想はちゃんと配信するけど、少頭数なんだよね。

編 ええ、現時点で8頭立てだったかな。ま、勝負は天皇賞(春)を含む、日本のレースなので、まずはそちらに注力しましょうか。

石 もちろん。ぜひ、ご期待ください!





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR