単勝二頭流 高松宮記念はこの馬が穴をあける!?


『単勝二頭流』編集者(以下、編) 石橋さん、いよいよ春のG1シリーズが始まりまっせ。

石橋 武(以下、石) まず一発目は高松宮記念か。

編 ええ。で、来週が今年からG1になる大阪杯、続いて桜花賞、皐月賞と、まずは4週連続ですね。ここから宝塚記念まで長い戦いが始まります。

石 先は長いといいつつ、うかうかしていると、あっという間に終わっちゃうからね。最初から飛ばしていかないと。

編 もう、ホントお願いします。先々週だっけ? あ、その前か。そこで9万馬券が当たってから大きい配当がないですから、そろそろという気はしているんですけど。弥生賞とか当たっているんですけど、頭数が少なくて3連単でも3万円とかだったし。いや、あの頭数にしてはついたほうだと思いますけど。

石 たしかに20万、30万クラスの大きい配当がほしいね。お待たせして申し訳ない。

編 といいつつ、焦ってはなさそうですね。

石 こういう言い方をすると怒られるかもしれないけど、当たるのはわかっているから。このところ本命馬が不利を受けたり、本命馬が勝ってもヒモが人気サイドだったりとちょっとツキがなかったのは事実なんだけど、1年を通すとなぜかそういうことに巻き込まれる時期ってあるんだよね。

編 ああ、たしかに。僕にも経験があります。

石 ただそういう時期って必ず終わるし、自分のことなのであまり説得力はないかもしれないけど、抜け出した感はあるんだよね。だから今週必ず大きいのが……とは言わないけど、今週末も含め、「あ、もう大丈夫だな」というところがわかっていただける配信ができればと。

編 たしかにこのところ不利とかツイてないな〜というレース多かったんですよね。ちゃんと走っているのに。まあこのあたりはちゃんとレースを見てくダ去っている方はわかっていただけているので。

石 それでも結果が大切だからね。

編 ただ、皐月賞トライアルのスプリングSが本命馬のワンツー決着だったのもそうですけど、日曜日は3レースで本命馬が1着。僕は、もう大丈夫かなと思っていますけど。で、それはさておきなんですけど、石橋さん、今年の牡馬路線は大混戦で難しいと言ってましたよね。弥生賞にしてもスプリングSにしてもこの的中っぷりですから、かなり楽しみにしている方が多いですよ。実際のところ、自信のほどはどうです?

石 まだわからないって。3週間も先のレースだよ。狙っている穴馬になにが起こるかわからないし、まだ今週の毎日杯も残ってるしね。逆に言えば、そこまで見ておかないとわからないほど混沌としているということだし、ということは、当たり外れは別として、高配当になる公算が大きいということでもあるんだけど。

編 高配当なら石橋さんに任せておけばいいわ(笑)。皐月賞ウィークを楽しみにしてます。

石 その皐月賞で資金繰りを有利に進めるためにも、高松宮記念から決めていかないとね。

編 そうですよ、お願いしますよ。でもこの短距離路線って、いつも石橋さんがコマがいないって言ってる路線ですよね。

石 まあ、みんな言っているけど、今の短距離馬は一時期に比べるととにかく弱いよね。だからちょっとしたことで着順が入れ替わるし、ついこの間まで条件戦を戦ってきた馬が重賞で好走したりね。反対に順番待ちだったキャリアのある馬が好成績を収めたり。

編 軸となる馬がいない。

石 そうなんだよ。枠順とか馬場状態とか、ちょっとした展開のアヤとかね。そもそも中心となる馬がいないから、レースの流れが読みづらいわけで。

編 なるほどね〜。ということは穴馬探しも難しいんじゃ?

石 難しいというか、なかなか絞れない(笑)。だから申し訳ないけど、今日の対談でも2頭にしてもらおうかと思って。ここで穴馬を挙げても、枠順次第で無用になる可能性もあるし、そうなると買い目がもったいないので。

編 ああ、ここで挙げる馬は基本的に買い目に組み込みますからね。

石 そうなんだよ。なので、今週のところは2頭でお願いします。

編 了解です。ではその2頭についてお話を伺いますか。現時点ではどの馬に注目しています?

石 まずはフィエロかな。

編 今回が初のスプリント戦になりますね。

石 そう、今までは1400〜1600mを中心に実績を積んできたんだけど、ここにきてスプリント戦に矛先を向けてきた。まあ、まだ勲章がないから、獲れそうなところはどんどん狙っていくということなんだろうけど。

編 でもそれが吉と出ると。

石 中京芝1200mならね。今までこの馬は同じようなレースばかりに出てきて、好走しているのはスワンS、マイルCS、そして安田記念あたりだよね。

編 そうですね。それに香港マイルを加えたらこの馬のローテーションが決まるみたいな(笑)。

石 だよね。香港は合わないけど、その3つのレースって、基本的に瞬発力が要求されるレースなんだよね。だから本来なら中京芝1200mみたいな持続力が必要とされるレースでは疑問符がつくんだけど、このところのレースを見ると年齢のせいもあって、瞬発力にかげりが出ているなと。

編 たしかに前走の京都金杯なんて、往年の瞬発力があれば差し切れていた内容でしたよね。

石 そうでしょ? ただ、能力としては現在のスプリント路線のなかでは高いわけだし、かつ2走前の阪神Cですよ。

編 阪神Cがどうかしました?

石 あのときの阪神芝コースは時計のかかる馬場で、この馬がそれまで得意としていた軽いスピード馬場とは全然違ったんだ。さらにこのレースは阪神芝1400mで、速い流れを持続力で粘る、厳しい流れから脚を伸ばすという資質が求められたんだ。

編 それができたと。

石 その通り。年を取ってズブくなったぶん、ああいう流れに対応できるというか、むしろああいう流れにしか対応できなくなってきているなと。もともとの能力の高さもあるんだけど。今回は中京芝1200mになって距離は短くなるけど、中京にはタフな直線がある。この馬でも脚を伸ばしてこられるコースだし、上がりがかかるのもプラスに出るんじゃないかと。

編 人気も落としそうですし。

石 そうだね。でも主役不在のこの路線なら、ようやくこの馬に順番が回ってきてもおかしくない。狙って面白い一頭だと思うよ。

編 なるほどね〜。

石 続いてはナックビーナス。

編 中京コースは初めてになりますよね。

石 そうだね。とはいえ、持続力勝負がすごく得意で、中山芝1200mでの好走が目立つよね。一方で、2走前みたいに瞬発力勝負になると人気より全然下の着順しか拾えないという、わかりやすい感じで。

編 たしかに。前走のオーシャンS(中山芝1200m)も速めのペースを前につけて牡馬相手の重賞で2着に好走していますし。

石 まあ、今は牡馬相手がどうこうという時代でもないけどね。ただ、スタートからハイペースになりやすい中山芝1200mで好走が多いのは持続力に秀でている証だし、中山ほどではないにせよ、ハイペースになりやすくて最後の直線に急坂のある中京芝1200mも合うのは間違いない。

編 あとは前走で負けているメラグラーナを逆転する目まで持っているかどうかですね。

石 常識的には難しいだろうね。ただ、メラグラーナは後ろから行くタイプで、展開的にも、能力的にも付け入る隙はある。枠順とか、総合的に◎ナックビーナスに勝機が出てくる可能性は十分あるよ。まあ、メラグラーナをどういう評価にするかはさておき。

編 そうか。別にこの馬が本命というわけじゃないですもんね。

石 うん、キミが勝手に名前を出しただけだから(笑)。まあ、中京芝1200mは合っているけどね。このあたりは週末のお楽しみということで。

編 わかりました。じゃあ、今週末は大きいのを期待していますね。単勝はもちろんですけど、3連単までビシッとお願いします!

石 もちろん。ドバイの予想もあるし、楽しみにお待ちいただければと。あ、ドバイシーマクラシックについては予想しない可能性があるので、それはご了承ください。

編 7頭立てっぽいですからね(笑)。

石 そのほかのターフとワールドカップはお届けしますので、勝負予想をチェックしていただければと。

編 今週は国内の重賞も4つありますし、盛りだくさんですね。それでは石橋さん、今週末、よろしくお願いします! どうもありがとうございました。





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR