単勝二頭流 フィリーズレビューの穴馬が……エグい!


『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、先週の弥生賞、今日のアネモネSとトライアル戦がいい感じに的中していますね。この前の9万馬券で勢いがつきましたかね。

石橋 武(以下、石) 勢いはどうか知らんし、特にトライアルを狙っているという意識もないんだけど、まあ、獲りやすいっちゃ、獲りやすいから。トライアルは。

編 そうですか? 僕なんからすると力関係もよくわからないし、それこそ初めての距離だったり、適性も掴みづらいというか。

石 でも当たり前だけど、デビュー戦がトライアルという馬はいないわけで、そこまでに絶対に何戦か走っているからね。あとはそのコースでどういう馬が走るのか、走ってきやすい適性と各馬の適性を照らし合わせるとかね。まあ、いろいろあるけど。

編 だから先週の弥生賞もあれだけ点数を絞っても的中できたわけですね。

石 まあ点数を変えないよね、あの頭数じゃ。

編 とはいえ、あれで3連単46,720円(3連複9,480)円ですからね。回収率は優に1000%を超えるという。今日のアネモネSは堅かったですけどね。

石 ◎ライジングリーズンが強いのはわかっていたけど、相手がね=。もうちょい穴っぽいのが来るかと思ったんだけど。

編 △ラッシュハートも、◎パフォームも来てはいたんですけど。

石 まあ、惜しいというほどでもないから。

編 それでも的中ですから。配当が物足りなかったぶんは、明日のレースできっちり取り返していただくということで。

石 そうね。フィリーズレビューはなんか荒れそうな気配がするし。

編 お、マジで?

石 力のある馬が走ってきつつ、けっこうな人気薄が絡むような荒れ方。

編 人気馬+超穴馬という?

石 そうそう。

編 お、はあさっそくその穴馬のほうを教えていただきましょうか。

石 じゃあ、いきますか。まずはアルミューテンに注目〜。

編 たしかに全然人気がない。前日の最終オッズだとブービー人気ですよ。ただ人気がないのはいいですけど、いったいどこを評価したんですか? 前走のクイーンCも大敗しているし。

石 前走のクイーンSね。あれは瞬発力が要求される流れになったからね。最後、一気に加速して速い上がりが求められるという。アルミューテンはそんなタイプじゃないので。

編 でも明日は巻き返せると。

石 そう。阪神芝1400mは、平坦スタートから徐々に下り。直線の半ばまで下るイメージかな。そこから100mのあいだに2m上る急坂があるよね。

編 そうですね。

石 要は、スタートからスピードが出るわけじゃない?

編 平坦スタートから下りですからね。

石 だから道中は息を入れづらい、澱みのない流れになりやすくて、それをいかに粘りきるかが問われるレースになるんだ。瞬発力じゃなくて、持久力が要求されるんだよね。

編 石橋さんがいつも言っている1400mの特徴ですよね。

石 そう。で、このレースは1400mをさらに細かく見ていく必要があるんだけど、というのも近走で京都芝1400m外で走っている馬が多いからね。

編 と、いいますと?

石 1400mというは、基本的にさっき言った流れになりやすいんだけど、京都(と東京)芝1400mは、1400mのなかでは道中の流れが緩みやすくて、瞬発力勝負になりやすい。前半が緩くて、後半の上がり勝負になるような。

編 傾向が全然違うんだ。

石 そう、だから阪神芝1400mを予想するときは、京都での結果を鵜呑みにしないほうがいい。そして、その反対もまた然り。で、アルミューテンね。

編 前走のような瞬発力勝負が苦手だと。

石 代わりに前々走のフェアリーSを見てみると、あのレースはマイル戦ながら緩まないいいペースで流れたんだ。中山マイルはそういうことが多いんだけど。

編 ほう。

石 先行馬にとっては相当厳しい流れで、先行して掲示板に残ったのはアエロリットと、このアルミューテンだけなんだ。先行して2着に粘ったアエロリットなんて、上位3頭を高く評価をしているクイーンCの2着馬だからね。その馬とクビ+ハナ+クビの競馬ができているアルミューテンは強いよ。2走前同様持続力が求められる1400mの流れなら期待できるでしょ。

編 なるほど〜。深い。

石 あとはアズールムーンもいいね。

編 でもこの馬が走ったのって、京都芝1400mじゃないですか?

石 そうね。りんどう賞だよね。たしかにこのレースは先手を奪ってスローに落としてというレースだったけど、未勝利勝ちがかなり速いペースを凌いでいるのと、あとはダートでも走っているでしょ? この馬。

編 ええ。前走が兵庫JGですよね5着に負けましたけど。

石 本来芝で走っていたのに5着なら十分。

編 でもなんでダート戦を気にするんですか?

石 1400mの流れとダート短距離戦の流れがすごく似ているんだよ。ダートの短距離戦も芝ほど追い込みがきかないから、スタートから飛ばしてゴールまで粘りきるという競馬だからね。だから、芝1400mはダートでも走れるような馬がけっこう大駆けするんだよね。

編 そうなんだ。

石 もちろん完全なダート馬だとスピードが足りなくて、勝負にならないんだけど。あくまでダートも走れる、こなせるようなタイプということね。

編 それアズールムーンがいいのか。

石 あとはビーカーリー。

編 お〜(笑)、人気は下から3番目。

石 まあ、人気になるタイプじゃないから。この馬が不利を受けながらも3着した紅梅Sは、京都芝1400mの内回りで行われたんだ。

編 そうですね。内回りですね。

石 となると、さっきの外回りの1400mとは多少傾向がかわってきて、内回りらしい前傾ラップになる。実際このレースのラップも前半3ハロンが34.2秒、後半3ハロンが36.4秒だったんだ。

編 その流れで、不利を受けながらも好走していると。

石 そうね。切れる脚がないぶん、不利が堪えたと思うけど、今回が初めてといってもいい同馬向きの舞台だと思うんだよね。人気もないし、狙ってみて面白いと思うよ。

編 今日はすごい3頭を聞いたわ〜。

石 いや、来なけりゃ、すごくもなんともないので(笑)。

編 でも来たらエグい配当ですよ、これ。ちょっと今晩の勝負予想が楽しみになってきました。

石 じゃあ、それに向けてさっさと帰ります(笑)。お疲れ様でした〜!

編 はい。よろしくお願いします!




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------


プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR