単勝二頭流 お待たせしました! AJCCの穴馬はこちら!


『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、生きてます? 忙しすぎるでしょ(笑)。

石橋 武(以下、石) もうね、土曜日の結果が申し訳なさすぎて死んでるわ(苦笑)。

編 でも配信4レース中、中山からの2レースで単勝を的中してますよ。パーティードレス(すばるS。8人気4着)とか惜しいのもありましたけど。

石 そのレース、タテ目だったからな〜。やはり単勝が当たらんとね。

編 そう、せっかく人気薄のマッチレスヒーロー(11人気3着)も高評価してたんですけどね。ただ、さっき言ったように単勝も走っているし、ずっと石橋さんの予想を見てきた僕としては、全然心配してないですけどね。どうせすぐ取り返してくれるでしょうし。明日とか。

石 そうね。こういうときに高配当一発というのはいつものパターンでもあるから。って、全然自慢にならんわ。前にも話したようにコンスタントに高配当的中というところにもっていかないと、皆さんにご迷惑をおかけするだけなので。

編 まあ、迷惑は勘弁ですけど。

石 そうはっきり言われると、落ち込むけどな(苦笑)。

編 大丈夫でしょ。せっかく土曜日にお話しできるんですから、切り替えていきましょうよ。ちゃっちゃと取り返してください。

石 そうします。で、今日はAJCCの話だね。

編 はい。もうどの馬に印を打つのかは決まったんですか?

石 決まってるよ。買い目も出てる。

編 なにを評価したんですか?

石 え〜と、って答えられるか! いろんなところから怒られるわ。ただ、ここでも買い目に入った穴馬を3頭お伝えするので、勝負予想をご覧になっていない方は人気馬との組み合わせとか、いろいろとアレンジしていただければと。

編 ちょっとヒントめいたことを漏らしてくれますね。優しい(笑)。

石 人気馬のほうは誰でもわかるからあえて言っちゃうけど、ゼーヴィント、リアファルは適性も能力も高いよ。3番人気のミライヘノツバサも、最内枠、今開催の中山の傾向を考えると勝ち負けになる一頭だと思う。あとはそれぞれの調子と勝ち切れるタイプかどうかというところだね。言い換えればそういう馬を出し抜ける馬が穴馬としては狙い目になるということだけど。

編 なるほど、ではさっそく石橋さんの注目穴馬をお聞きしましょうか。どの馬からチェックします?

石 まずはタンタアレグリア。

編 菊花賞4着、天皇賞(春)4着と長距離戦で好走していますよね。

石 そうね。そのふたつのレースというのは3コーナー過ぎからロングスパートが必要なんだけれど、今回の中山芝2200mも同じ。道中から徐々にペースが上がっていって、外回りを早めにスパート。そして最後に急坂を乗り切るスタミナも必要とされる。

編 3000mも余裕でこなすスタミナも評価できると。

石 そうだね。

編 でも石橋さんて、中山のレースのときってコース実績を重視しますよね。タンタアレグリアって、セントライト記念でも6着とか、中山で実績ないですよね。

石 いいツッコミ(笑)。その通りで、中山はトリッキーなコースだから実績がある、つまり適性がすごく大切なんだ。ただ、セントライト記念は前に行った馬が断然有利で、差し切れなかったというだけ。差は詰めているしね。その前のホープフルSも内回りコースに加えて前残り。適性がなくて負けたというより、展開にやられた感じだよね。

編 今回はそれがないと。

石 さっき名前が出たリアファルもそうだけど、前に行きたい馬が揃って、しかも早め早めの仕掛けになるからね。しかも馬場も内外がフラット、ん〜、やや外差しのほうが有利かな、そんな馬場も同馬にとっては大きなプラス材料だよね。

編 なるほどね〜。

石 あとは長期休養明けというのが気になるところだろうけど、調教の本数も豊富だし、時計も出ている。もちろん先のある馬だし、ここで100%の仕上がりというのはないけど、このメンバーと条件なら好走できるよ。

編 たしかに能力的には上位ですしね。

石 あとはルミナスウォリアー。

編 中山芝コースで【1 3 0 2】と、コース巧者ですよね。

石 そうね。定石通りというか、さっきキミにも言われたのでコース実績を重視してみました(笑)。というのは冗談だけど、中山の外回りコースでの走りが良かったんだよね。1000万クラスのときだけど。

編 ああ、2着に負けたレースですよね。

石 そう、着順的には。ただ、ちょうど中団くらいにいてそこからメンバー中2位の上がりをマークしているんだよね。ほかのメンバーも決して弱いメンバーじゃなかったけど、同じような位置取りにいた馬と上がりタイムが0.5秒以上違うんだ。

編 前走も中山コースでメンバー中最速の上がりを使っているんですよね。

石 オープン特別でも上位の上がりを使えたのも、同馬の能力の高さを示しているよね。東京とか京都みたいなところで上がり勝負になれば完全に切れ負けするだろうけど、上がりのかかるコース、たとえばこのコース、そしてこのメンバーなら決め手は上位の存在だよ。

編 さっき石橋さんが言っていたように、差しが効く馬場ならなおさら評価できますよね。

石 あとはナスノセイカン。500万クラスを卒業するのにかなり時間をくっちゃったけど、馬体重を増やしたように本格化してからはポンポンと出世してきたね。

編 そうですね。デビュー時から20キロ以上馬体を増やしていますよね。去年の秋くらいから。

石 今回と同じ中山芝2200mでは3歳の春に水仙賞を走って5着。ただ、前残りだったということ、明らかに成長途上だったこと、それでいてメンバー中上位の上がりをマークしていることを考えると、ここも好走は可能。大して人気もないし、馬券にいれておいたほうがいいなと。

編 わかりました。では現時点ではこの3頭に注目ですね。

石 そうね。あとは勝負予想でご確認いただければと。というわけで、そろそろ行きますね。

編 あ、そうだ。土曜日なんですもんね。石橋さん、お忙しいところありがとうございました。日曜日の一発逆転、楽しみに待ってます!

石 はい、もうちょっと待っててください! 





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR