単勝二頭流 これが京成杯の穴馬だ!

『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、勝負予想お疲れさまでした。

石橋 武(以下、石) いえいえ。というか、まさか朝の8時から対談するとは(笑)。もうこれから土曜日の競馬だよ?

編 だって石橋さん、忙しすぎるんですもん。今週もずっと単行本の執筆と取材だったんですよね。

石 まあ、そうなんだけど。というか、午前中に公開しなきゃマズイんでしょ?時間もないからさっさと始めようよ。

編 そうだ、ホントに時間がないんだった。というわけで、京成杯なんですけど、どんな馬がいいんですかね。

石 まあ、基本的には中山芝2000mの狙いかたに忠実でいいんだけど、経験が浅い3歳馬が対象だから、適性があっても能力的に足りなかったとか、能力が低そうに見えるとか、そういうのがあるから荒れやすいんだよね。

編 ああ、適性とか能力を掴むのが難しいですよね、キャリアが少ないだけに。

石 そう。ただわかりやすい指針もあって、たとえば前走京都で切れ負けした馬が巻き返してくるとか、中山に実績のある馬がいいとか、まあ当たり前みたいなことだけどね。

編 実際、去年は前走京都で負けた馬が2頭も馬券に絡んでいるんですよね。

石 1着のプロフェットと、2着のケロフロイデだね。で、3着が前走中山の葉牡丹賞で好走していたメートルダール。これで3連単78,050円だったら及第点でしょ。

編 全然OKですよ。ちなみに今年は……アダムバローズが前走、京都で負けていますね。

石 そうね。2走前は勝っているけど、逃げて速すぎず、遅すぎずのマイペースに持ち込めたのが大きかった。スローの前走は番手の競馬から直線で突き放された。

編 そうですね。

石 京成杯は基本的に先行馬が1頭は残るし、小倉での走りっぷりからも持続力を活かす競馬が合っている。この時期の3歳馬はまだ距離敵に未知数のところがあるから京都の内回りコースでもスローになったけど、中山のコース形態だと、後半はどうしても速くならざるをえない。

編 向こう正面から下りですからね。

奥 1、2コーナーの間から下って、それが向こう正面の半分くらいまで続く。だから澱みのない流れになりやすいんだね。それもあってヨーイドン!の競馬にはなりづらいし、切れないアダムバローズでも好走のチャンスは大きいね。

編 なるほど。

奥 あとは前走で葉牡丹賞を好走したアサギリジョー、そして中山で好走してきたサンティールかな。要は中山巧者の2頭だね。

編 わかりやすい(笑)。ちなみに枠順はどうです? 枠順を見てから話したいとおっしゃってましたけど。

奥 なんか人気馬が揃って内枠に入っちゃってね(苦笑)。ただ、人気の先行馬が内に入ったわけで、より厳しいペースになる公算が高いよね。

編 ちなみに内枠のほうがいいですか?

奥 中山金杯が1、2枠、馬番で言ったら1、2、3番の馬で決まったからね。このあとの土曜日の競馬を見つつ、そのあたりは判断するよ。

編 わかりました。ではこの3頭に注目しておきますね。ちなみに土曜日のレースで注目は?

奥 配信した4レースはそれぞれ面白いと思うけど、愛知杯と京都の最終はいいなと。

編 中山メインも人気馬の本命がすでに人気薄という(笑)、かなり高配当が期待できそうなレースでしたよ。

奥 だからどのレースもいいんだって(笑)。ま、じっくりご覧いただければと。

編 わかりました。お忙しいところ、ありがとうございました。





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------


プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR