特別企画 週末3重賞の注目穴馬を一挙大公開!

今週はスポーツマスターさんとのコラボ企画としまして、週末に行われるチャンピオンズC、ステイヤーズS、金鯱賞の注目穴馬を公開致します(スポーツマスター編集部通信と同一の内容です)。
参考にしていただければ幸いです。
それではスタートです!

皆さん、こんにちは。
Sportsmaster運営事務局の本田です。

先週、僕が予言した通り、石橋さんがやってくれました!
なにをやったかって?
そりゃ石橋さんがやることと言ったら、10万馬券的中に決まってますね。
先週の土曜日、東京10R 銀嶺Sで人気馬の本命◎ワンミリオンス(1人気)が、人気に応えて1着。そして3着にも穴馬の本命◎ポイントブランク(9人気)が大激走を見せて、なんと3連単11万1,710円を的中!
しっかし◎ポイントブランとか、よく本命に推せますよね〜。大幅な条件替わりだし。石橋さんは、こういう条件替わりの適性馬を見抜くのがほんとに上手い。
ちょっと、勝負予想時の見解を見てみましょうか。

「◎ポイントブランクはデビュー以来1700m、1800mを中心に使われてきた。この2つの距離はどの競馬場であってもコーナーを1周するコースとなる。つまり直線→コーナー→向正面→コーナー→直線と、緩急のつく流れとなる。同馬も1000万クラスまでであればこの緩急のつく流れに対応できていたのだが、クラスが上がって1600mともなると、より急な加速が必要となり、能力というより、適性的にこの流れについていけなくなった。とはいえ、能力的にはこのクラスでも十分通用し、実際、緩急のつきづらいワンターンのコースに矛先を向けた前走は5着に善戦している。今回はさらに緩急のつかない東京ダ1400m。距離短縮自体は前走の対応を鑑みてもまったく問題はなく、むしろ一本調子、ワンペースで走れる距離への変更というプラスの面を強調したい。適性のある舞台への出走で、大駆けが期待できる」

もうホントこのままのレースぶりでしたよね。脱帽です。
しっかし、正直なところ、◎ポイントブランクは、直線前が詰まる不利がなければ勝ってたんじゃないかな〜。
もしこの馬が勝っていれば3連単は28万馬券だったんだよな〜。ちょっともったいない。
と贅沢なことを考えつつ、石橋さんは2週前の武蔵野Sの15万馬券的中に引き続きダート戦で10万馬券を連発中!
このタイミングでダートG1のチャンピオンズCを迎えるというのも、石橋さん、持ってます。それにここに登場してくれるときは、なにかやってくれますよね。ねぇ、神ってる石橋さん!

石橋 武(以下、石) 頭のことには触れないでください。

本田(以下、本) そっちのカミじゃないです(笑)。神様のカミ。いや〜、石橋さん、すごい! 脱帽です!

石 だからカミのことに触れるなって。

本 脱毛じゃないです、だ・つ・ぼ・うです。漫才やってるんじゃないんだから(笑)。それにしてもダートG1前にダート戦で10万馬券連発。さすがですね。

石 ありがとうございます。先週の銀嶺Sはともかく、チャンピオンズCの前哨戦、武蔵野Sの的中は配当以上に意味があったなと。勝った◎タガノトネールは本当にかわいそうなことになっちゃったけど……。

本 そうですよねぇ。ただ、チャンピオンズCに向けて視界は良好ということでいいですね。

本 もちろん! 武蔵野Sで負けるだろうなと思っていた馬が実際に負けて、適性に確信が持てたし、ほかの路線、たとえばみやこSは3連複の的中だったけれど、印上位の馬で決着したように、これも適性を確認済み。いまのところ不安はないよ。

本 おお、素晴らしい! めっちゃ楽しみです。ちなみにチャンピオンズCってどういう馬を狙えばいいんですか?

石 簡単に言うとスピードのある馬。チャンピオンズCは中京の長い直線がキモで……

本 あ、ではここから週末の3重賞の見解に移っていただくことにして、僕も慣れた編集者さんとバトンタッチします。よろしくお願いします。

編 よろしくお願いします。チャンピオンズCではどういう馬を狙う?というお話でしたね。スピード馬がいいと。

石 そうそう。中京のダートは直線が長くて、坂もある。しかも坂があるのが直線に入ってすぐのところで、坂を上り切ってからさらに1ハロンくらい走らなきゃならないんだ。

編 すごくタフなコースですよね。

石 そうなんだよ。しかもチャンピオンズCが行われる中京ダ1800mは坂の途中にスタート位置があって、そこから向こう正面までずっと上り。ペースが上がらないんだよね。

編 ということは先行馬を狙うということですか?

石 ところが、このコースはそんなに単純じゃない。長い直線、急坂、向正面のアップダウンと、かなりタフなコースだからペースが上がらないとはいえ、先行馬にとってはかなりキツいコースなんだ。そのうえG1ともなれば道中で緩むところがないからね。

編 ということは?

石 大切なのは脚質ではなくて、最後の直線勝負に強いタイプが狙い目なんだ。

編 ではそれを踏まえて、現時点での注目穴馬をお願いします。

石 はい。では各レース2頭ずつ推奨していきますね。チャピオンズCはメイショウスミトモとロワジャルダン。この2頭のなにがいいかって、2頭とも前走か前々走でメンバー中最速の上がりをマークしているんだ。

編 おお、ホントだ。

石 実際、中京で行われるようになったここ2年で馬券に絡んだ6頭のうち、前走か前々走でメンバー中最速の上がりをマークしている馬は4頭もいるんだ。

編 へ〜。

石 たしかに去年のこのレースはかなりのハイペースで差し競馬になったから、近走で早い上がりをマークした差し馬がきやすかったという面は否定できない。ただ、これに街頭しなかった2頭に関しても、メンバー中最速ではなくとも、メンバー中3位以内の上がりをマークしてた馬だからね(海外でのレースはノーカウント)。

編 そういうことか〜。人気サイド(一昨年)でも穴サイド(去年)でも近2走の上がりがチェックポイントになるんですね。

石 そういうこと。メイショウスミトモとロワジャルダンはまさにその条件に該当する穴馬だし、一発の魅力は大きいよね。

編 では続いてステイヤーズSの注目穴馬をお願いします。

石 これは簡単でリピーターに注目すればOK。

編 リピーター。

石 そう。中山芝3600mなんてコースは年に1回しかない、超レアコース。すごく特殊なんだよね。こういう特殊なコースというのは、特殊な適性が求められるわけで、スペシャリストが生まれやすいんだ。

編 あ〜、なるほど。やたらとこのコースに向いているから何度でも走っちゃうという。

石 そういうこと。

編 だったら人気のアルバートとか、めちゃくちゃ強いじゃないですか。去年ぶっちぎって。

石 強いよね(苦笑)。ただ4年前と2年前に2着しているファタモルガーナも適性はかなり高い。去年2着に好走したカムフィーと同様にマークしておきたいね。

編 ファタモルガーナは8歳と高齢ですけど……

石 年を取るとスピード能力は落ちるから短距離戦だとたしかに厳しい。でもここは3600mの長丁場で経験が活きてくるコースだし、ファタモルガーナ自身まだ23戦。そんなに馬体を酷使してきてないので年齢は全然気にしなくていいよ。

編 わかりました。ステイヤーズSの注目はファタモルガーナとカムフィーですね。では最後に金鯱賞の注目穴馬をお願いします。このレースはどういう馬を狙えばいいですか?

石 ダートと同様、まあ、とにかくタフなコースだよね。長い直線、急坂、アップダウン。軽いスピードを活かすタイプとかだと、最後に失速しちゃう。

編 やっぱりダートと同様、坂を上ってからさらに200m直線が続くというのがポイントなんですかね。

石 その通り。馬にしてみたら苦しいところで坂を上って、さらにそこから加速しなきゃいけないわけで、僕だったら走りたくない(笑)。

編 たしかに(笑)。となると、切れ味よりもバテない末脚を持っている馬が良さそうですね。

石 そういうこと。

編 ただ、どういう馬がバテない末脚を持ってるのかがわからない(笑)。

石 簡単だよ。この開催の前は瞬発力勝負になりやすい東京、京都開催だったでしょ? 

編 ええ。

石 そこで切れ負けしている馬とか、伸びてはきているけど、差し届かなかった馬を狙えばいいんだ。

編 なるほど。となると、注目馬は?

石 シュンドルボンとレコンダイト。

編 たしかに両馬とも(東京、京都で走った)前走で伸びてはきたけど、差し届かなかったクチですね。

石 でしょ? こういうタイプが中京に替わって前進するんだ。とりあえず現時点ではこんなところでしょうか。

編&本 どうもありがとうございました。



-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR