単勝二頭流 先週◎不利の悔しさは、JCで晴らす!


Sportmaster編集部・本田(以下、本田) 石橋さん、先週のマイルCS、もうどうなんでしょう!

石橋 武(以下、石) あれはちょっと、ねぇ……。真剣に予想して馬券を買っているファンからすればどうしてもやるせなさは残るよね。後味はよくないよね、正直。

編 特に石橋さんは穴馬の本命◎ディサイファ(10人気)、人気馬の本命◎サトノアラジン(1人気)でしたから、両馬ともに思いっきり不利を受けて……。

石 まあ、それも含めて“競馬”なので、いまさらどうこう言っても仕方ないけど、◎ディサイファのマイル適性と好走がわかっていただけに、悔しさはもちろんありますよ。悔しいのは僕の予想を見てくださっている皆様も一緒だと思いますけど。

編 正直、不利を受ける直前の脚色、そして残りの距離を考えると、◎ディサイファが勝っていたと思うんですよね。それだけに……

石 勝っていたかどうかはわからないけど、スムーズに走っても何かが起こっていたかもしれないし。ただ、まあ、ね。ま、切り替えていきましょう。ここでグダグダ言ってもお金が返ってくるわけじゃなし。前を向いて建設的にいこうよ。

編 まあ、そうですけどね。……よし、切り替えた! じゃあ建設的に今週のジャパンCで取り返してもらいましょう。倍返しだ!

石 古っ! ま、でもその意気でがんばっていきましょ。

編 ジャパンC、外国馬の出走が3頭と、国際レースとしてはちょっと寂しいかなという感じですけど。

石 まあ、今の日本馬とわざわざ日本馬のホームで戦いたいという馬はそんなにいないだろうから。実際、ここ何年も外国馬は馬券に絡んでいないし。ただ、それだけになんか雰囲気的に、“忘れた頃の外国馬”という感じがしないでもないんだけど。まあ、そのあたりは雰囲気だけじゃなくて、ちゃんと精査したうえで週末の勝負予想に反映させますよ。油断せずにチェックして。

編 そうですね。そこは石橋さんにお任せしたほうがよさそうです。じゃあ、枠順も発表されたことですし、どういう馬に注目しましょうか。

石 枠順な〜(笑)。まあ、見事にキタサンブラックが最内枠を引いて、キタサンを見ながらレースを進めたいゴールドアクターが2枠3番。この人気2頭にとっては競馬がしやすい枠を引いたよね。

編 ということは、一騎打ちも?

石 そりゃ、そうなる可能性もあるけど、あとひとつ大きなポイントとなるのが天気だよね。

編 関東地方は木曜日に雪が降りましたよね。その影響もあると。

石 それもそうだけど、日曜日にまた雨の予報が出ているでしょ。

編 あ、そうなんだ。

石 僕が見たのは曇り時々雨、降水確率80%というやっかいな予報なんだけど(笑)、東京競馬場はかなり水はけが良くて、しかも雨が止むと馬場の内から乾いていくんだよね。だから雨がやんでしばらくすると、かなり内有利の傾向になる。

編 ということは、日曜日もジャパンC前に雨がやんだらさっきの2頭にとって有利な馬場になると。

石 そうだね。まあ、気温が低いから一気に乾くということはないけど、それでもその可能性は考えておく必要はあるよね。

編 そうか〜。

石 ただひとつ言えるのは、どういう馬場であれ、キタサンを楽に先行させたらやられるというのはゴールドアクターにしても、どの陣営もわかっていること。(着拾いではなく)勝ちを狙っている馬は、早めにキタサンをつつきにいかなければならないよね。自分の馬がキツくなるか、キタサンをかわせるかというギリギリのところの勝負になるなと。

編 ということは、先行馬にとってはかなりタフな競馬になりそうですね。

石 そうだね。とかこんなことを言ってると、スローになったりするんだけど(苦笑)。

編 お〜い(笑)。

石 ただ、ジャパンCは賞金的(3億円)にもかなり魅力的だし、キタサン自身、スローに落として瞬発力勝負になると厳しい馬でもあるからね。少なくともレース後半は厳しい流れになるだろうね。

編 じゃあ、そのあたりを踏まえると、注目すべき穴馬は?

石 やはり「単勝二頭流」のセオリーからすれば、人気馬と真逆の脚質を狙うべきで、差し、追い込み馬に注目しておきたいなと。ということで、まずはトーセンバジル。

編 お〜、いいですね、人気薄。前走は今回と同じ東京芝2400mのオクトーバーSでメンバー中最速の上がりで差し切っていますね。

石 そうね。ただ評価したのは前走じゃない。たしかに同コース勝ちだけど、レースレベルとしては疑問符がつくからね。まあ、あのスローの流れをよく出遅れながら追い込んだとも言えるけど。

編 たしかにものすごいスローでしたよね。

石 東京芝2400mって、とくに下級条件ではああいうスローからの瞬発力勝負になりやすいだよね。あとはまだ力の突き切っていない3歳戦とか。ダービーもスローからのヨーイドン!ということがあるよね。後にマイルで活躍するような馬が好走したりとか。

編 ああ、そうですよね。

石 ただ、ジャパンCは古馬のトップホースが集まるレースらしいというか、あまりペースが緩まないことが多い。トーセンバジルはむしろ上がりのかかるレースでメンバー中上位の上がりを使っていることが多くて、その資質は合っている。

編 なるほど。あとは昇級していきなりG1というのがどう出るかですけど。

石 たしかにラクな競馬じゃないだろうけど、前で競り合ってという競馬じゃなくて、末脚にかける競馬だけに一発の可能性は十分。それに能力的にももともと買っていた馬だしね。

編 たしかに石橋さん、弥生賞でも本命に推していましたよね。

石 あのときは外々を回らされたこともあって馬券には絡めなかったけど、今回は気楽な立場での一発勝負。前がやりあってタフな流れになってくれば面白い一頭だと思うね。

編 なるほど。

石 続いてはビッシュもチェックしておこう。

編 前走の秋華賞は1番人気に支持されながら10着に大敗。戦前、石橋さんも言っていたように内回り、軽い京都の馬場が合わなかったということですかね。

石 そうだね。勝負予想の見解にも書いたように、やっぱり京都の軽い馬場はマイナスだったと思う。今回は東京で、こちらも中山のようなパワフルな馬場とは言えないけど、雨の影響、そしてタフな流れというのはこの馬にとっては走りやすい条件。

編 末脚を活かせる流れもプラスと。

石 そうだね。あとは斤量。3歳牝馬の53キロはやはり注意が必要だよ。前走からの伸びしろ(距離、コース、馬場)、斤量、脚質と前走からすべてが大幅に有利になるだけに、好走が期待できるよ。

編 あと一頭挙げるとしたら。

石 サウンズオブアースかな。この馬は差しというより、ゴールドアクターの後ろにいて前の人気2頭を見ながら進める立場だけど。

編 去年はこのレースで5番人気5着。この馬らしい勝ち切れなさというか、惜しい競馬が続いているですけどね。

石 最後の切れがないのがこの勝ちみの遅さに繋がっているんだろうね。瞬発力がないから早めに仕掛けていかざるをえなくて。それでも去年は4コーナーでふたケタ着順の馬が上位を占めるなか、3コーナーからポジションを押し上げていく競馬でよく5着に残った。やはり能力は高いよ。

編 道中、不利もありましたしね。

石 今回は強力な先行勢がいるだけに、瞬発力勝負はまず考えづらい。この馬の早めに前にとりつく粘り強い競馬がぴたっとはまる展開が期待できるからね。ちょっと外めの枠だけど、内には控える馬が多いからさほどコース取りには苦労しないと思う。人気を落としてくるだろうけど、まだ見限るのは早計だよ。

編 色々とお話いただいたおかげで、だいぶレースが見えてきました。あとは週末の勝負予想ですね。楽しみに待ってますね。

石 はいよ。期待してお待ち下さい。やっぱり先週の結果は悔しいので、なんとか取り返してみせます。

編 ぜひよろしくお願いします! それでは石橋さん、どうもありがとうございました!




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR