単勝二頭流 15万馬券当たりたてホヤホヤ! エリザベス女王杯の穴馬は?


『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、すげ〜! マジ持ってるわ! 石橋さんと一緒にリアルタイムで見ちゃうと、興奮度が違う。というか、石橋さんのすごさがよくわかる。ホントすごい人なんですね。今さらですけど(笑)。

石橋 武(以下、石) 対談前に当たっておいてよかった(笑)。はずれたらどのツラ下げてエリザベス女王杯について語るんだという話だからね。

編 それはないですけど(笑)、でも今の武蔵野Sは見事すぎる。本命が◎タガノトネール(8人気1着)。で、相手筆頭が△カフジテイク(6人気3着)、相手の3番目が△ゴールドドリーム(2人気2着)。これで◎タガノトネールの単勝が、え〜と、いくらだ? 3,660円。単勝3連単15万7,320円、3連複1万9,410円の的中。ヤバっ、早く払い戻しに行きたい(笑)。

石 どうぞ。

編 いや、まずは対談です。最終レースはもう買ってありますしね。それにしてもこの10万馬券の的中もすごいんですけど、なんと言っても、勝負予想の見解ですよ。もうびっくりしたわ。的中してから改めて読み返すと、もうなんか予言かと。

石 大げさな(笑)。

編 だって、武蔵野Sの見解、こうですよ?
「金曜日に降った雨が大きくい影響しそうなレースとなった。東京ダ1600mはダート戦のわりに緩急がつきやすく、瞬発力が必要=人気馬が好走しやすいコースだけに、これだけのメンバーが揃うと堅く収まる公算が大きかった。ところがここにきての、穴党にとっては恵みの雨。雨が降ると、一転スピード勝負となり、スプリント能力、スピードを持続する能力が大きく影響するようになる。言ってみればダート1400mのようなレースになると考えればわかりやすいかも。そこで狙いは◎タガノトネール。同馬は1600mでも悪くはないが、ベストは4勝を挙げる1400m。持ち前のスピードを活かして先行し、そのままゴールまで粘り切るという競馬を得意としており、まさにこのレースで求められる資質と合致する。強力馬の出走で人気の盲点になることが予想され、妙味も十分。“距離巧者”らしい大駆けが期待できる。」

編 で、ホントこの通りだからビックリだわ。重馬場で行われたこのレース、◎タガノトネールは、スピードを活かした先行から4コーナーで早くも先頭に立つと、そのまま粘り切って完勝。マジで予言者かという。

石 だから、大げさかっつーの。あ、そろそろ最終が始まるよ。

編 お、ホントだ。観ましょう、観ましょう。

                    * * *

石 ……というわけでございまして、そろそろエリザベス女王杯の話に移ろうかなと思うんですけどもね。

編 そ、そうですね。って、触れない訳にはいかないでしょ(笑)。それにしてもえらいはずれ方しましたね。最終レース。

石 はい、すみません。人気馬から行って、結果2着。3着馬には印を回していないという完敗ぶり。

編 まあ、全レース当たるわけではないのは承知のうえですけど、武蔵野Sと逆で、石橋さんと一緒に観ると、この人ホントに大丈夫か??となりますね。

石 手の平返しすぎだろ。せんべいか。

編 突っ込みますね〜(笑)。ま、この最終レースの分は、明日の勝負予想できっちり返してもらいましょう。

石 え、武蔵野Sの的中はなかったことに……?

編 的中したレースはすでに終わったレース、大切なのはこれから、ですよね?

石 お〜、たしかに僕、すぐそれいうけど、そういう使い方をしてくるとは(笑)。

編 というわけで、エリザベス女王杯もそれ以外のレースもきっちり的中でお願いします。まずはエリザベス女王杯ですね。読者の皆さんをお待たせしてしまったので。

石 そうだ。読者の皆様、お待たせしてしまい、申し訳ありません。来週も金曜日、もしくは土曜日の更新となってしまいますが、再来週からはいつも通り木曜日更新に戻せるかなと考えていますので。

編 本書いてるんでしたっけ。

石 そう、久々に。まこれはもろもろ確定してからお伝えしますので。さ、このあと勝負予想の配信もあるので、そろそろエリザベス女王杯の話を始めますか。

編 そうですね。ではさっそく石橋さんの注目穴馬を教えて下さい。

石 了解です。じゃあ、まずはデンコウアンジュ。

編 お〜、そうきますか。ただG1で足りますか? 阪神JFが7着、桜花賞10着、オークス9着、秋華賞9着と散々な成績ですけど。

石 これがね、足りるんだよ。というか、いままでのG1を振り返ってみると、阪神JFは得意の差しじゃなくて、先行して末脚をなくしている。桜花賞は差を詰めてはいるけど、スローすぎてキレッキレの馬と、先行馬にやられた。ちなみに差し負けたジュエラー、シンハライトは今回出てこない。オークスは外を回って伸びてきたけど、不利の影響が大きくて追い切れず。そして前走は内回りの京都芝2000mで外々を回されている。あれじゃどんな馬でも好走できない。

編 お〜、どのレースも敗因がはっきりしているんですね。

石 そう。ただ、展開に左右される点も、道中不利を受けやすいのも、この馬が不器用だからなんだよね。だからこそ今回なんだ。

編 と言いますと?

石 まず、単純に京都外回りコースで直線が長いということ。そして、馬群がバラけやすいというのもいい。特にこの馬は馬群を縫うように伸びてくるのは、正直ムリ。外に出して伸びてくるタイプだからね。馬群がバラけるというのはすごく走りやすいんだ。そして、なんと言っても今回の枠が絶好。

編 6枠11番ですよね。

石 そう。仮に内枠に入っていたら、どこかで外に出すロスが生じるんだけど、最初から外にいれば馬群に包まれるリスクも減るし、ロスも最小限で抑えられる。これが前走のように小回りだと話は別なんだけどね。

編 馬群がバラけやすい、京都芝の外回りコースだからできるという。

石 そういうこと。ようやくまともに走れる条件に戻ってきて、前走からの巻き返しが期待できるよ。

編 なるほどね〜。

石 続いてチェックするのはヒルノマテーラ。500万クラスを卒業するのにさえモッタモタしてかなり時間がかかった馬なんだけど、ここにきて一気に本格化。2走前のマーメイドSの好走、そして前走ではオープン特別のカシオペアSの完勝ぶりはすごいよね。

編 G1のここでも好勝負できると。

石 できるね。前走はホントあの500万クラスを勝ち上がれなかった馬か!?と思うほど大人びた競馬だったよね。それに、そういう勢い的なことだけじゃなくて、ヒルノマテーラって、京都外回りとか札幌での好走が大インあけど、一瞬でエンジンに点火するんじゃなくて、徐々にペースアップしてゴールまで伸び続けるタイプなんだ。

編 あ、わかった。京都は3〜4コーナーの坂を利用して加速できるし、札幌は大回りのコーナーでスピードを落とさずに回ってこられるから。

石 素晴らしい。その通り。そういうタイプだけに、今回のコース(京都芝2200m)はかなり合う。前走をひと叩きされた上積みも見込めるし、大駆けが期待できるね。

編 あと1頭挙げるとしたら?

石 あとはシャルール。今回は有力どころに差し馬が多いからね。先行しつつ速い上がりを使えるのは魅力的。後続馬が牽制しあって仕掛けが遅れるようなことがあれば、この馬にも十分馬券絡みの可能性はあるよ。

編 前走の負けは気になりません? 休み明けというのもあったんでしょうけど。

石 休み明けというより逃げたことがない馬が逃げるとよく起こる、集中し切れない走りだったよね。前走の結果を受けて、今回はああいった乗り方はしないだろうし、展開面も含めて楽しみな一頭だと思うよ。

編 わかりました。明日も今日同様の10万馬券を期待してますよ! 特に石橋さんは固め撃ちが多いことでも有名ですからね。

石 有名かどうかはさておき、期待に応えられるように頑張ります。とにかく今週は公開が遅れてしまって申し訳なかったです。来週もですけど。今後ともよろしくお願いします。

編 真面目か(笑)!




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------



プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR