単勝二頭流 今週はスワン、アルテミス、秋天全部を大特集!


Sportmaster編集部・本田(以下、本田) 石橋さん、今日はよろしくお願いします。

石橋 武(以下、石) あれ、なんでここに来たの? 僕がそちらに行くんじゃなかったっけ。

書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 今週はスポーツマスターさんの4周年を記念して公式ブログとスポーツマスターさんの特別合同企画をここでやることになったんですよ。

石 あ、そうなんだ。合同企画だったのか。良かった。スポーツマスターで今週の3重賞の穴馬について話すと聞いていたから、ブログでは何を話そうかなと考えてたんだよね(笑)。

編 ちゃんとそこは考えてますから(笑)。さすがに3重賞について聞いたら他のレースを聞く余裕はないだろうと。なので、今週はどちらも同じ内容でお送りしようということですね。

石 お気遣いありがとうございます(笑)。

本田 よろしくお願いします。そういえば石橋さん、先週の予告的中はすごい反響だったんですよ。メールが多くて。

石 なんだそれ? そんなことしてないよ。

編 ああ、たぶんあれですよね。ブログの最後に注目のレースを僕が聞いたじゃないですか。土曜日の東京最終レース。それが的中したから……

石 ああ、あれを予告と言ってるのか(苦笑)。もちろんメンバー的にも面白いし、予想をしていても手応えがあったらか注目とは言ったけど、もうひと鞍の新潟メインはどっぱずれだったから。むしろ申し訳ないなと。

本田 いえいえ、あの新潟メインにしても結果的には外れでしたけど、本命の2頭が全然人気がなくて、狙ってきてるなというのがヒシヒシと伝わってきましたから。それに見事に的中した東京12Rのほうは、4番人気の◎ヨシオがきっちり勝ち切って、単勝930円、3連単40,360円、3連複3,410円の的中ですから。

石 安いよね……。

本田&編 石橋さんの馬券にしては安いかもしれませんけど。あ、ハモった(笑)。

本田 そう、石橋さんの普段の馬券、それこそ20万だ30万だという馬券と比べたらもうちょっと頑張れと思いますけど(笑)、それでも4万馬券だし、次の日曜日の京都12Rでも人気馬の本命◎メイショウワダイコ(2人気1着)、穴馬の本命◎メイショウユメゴゼ(5人気3着)と、両本命が好走して3連単40,790円、3連複8,080円の的中ですからね。

編 そう、土日とも最終レースできっちり取り返すという。

石 馬券を買うほうからしたら、最初のレースで当てろということなんだろうけど(苦笑)。

編 いや、全部当てろということですね、そこは。

本田 たしかに。でもまあ、当たり外れも大切ですけど、先週は菊花賞の見解についてのご意見も多くて、穴人気していたミッキーロケットをトライアルの内容から足りない。(◎サトノダイヤモンドとのあいだに)何頭か割り込まれると判断したりとか、レッドエルディストはステイヤーズSでとか(それぞれ5着、9着。ともに無印)、△ディーマジェスティ(2人気4着)にしても◎サトノダイヤモンド(1人気1着)よりも向かないとか、△エアスピネル(6人気3着)は距離不安も能力で対応できるとか、そういう「レースを見てきたんか!」という見解が素晴らしいと。

石 それはすごく嬉しいけど、レースを見てきたら2着のレインボーラインを無印にはしない(笑)。

本田 たしかに(笑)。

編 今週も注目度の高い天皇賞(秋)ですし、またお願いしますね。

本田 さてそれではそろそろレースのお話をお願いしたいのですが、ここからは僕は引っ込んで慣れているお二人にお任せしますね。3重賞すべてのお話を聞けるということですので、施行順にスワンS、アルテミスS、天皇賞(秋)の順番でお願いしましょうか。

編 わかりました。ではここからは私のほうで進めさせていただきます。それでは、石橋さん。スワンSのお話からお願いしますね。現時点ではどの穴馬に注目してます?

石 このコース(京都芝1400m外)に関しては、注目穴馬の前にどういう馬を狙えばいいのかを話しておこうかな。ほかの1400mのコースとはちょっと違うところがあるので。僕の勝負予想をご覧の方は「またかよ!」ってなるかもしれませんけど(笑)。

編 でも大切なところですからね。石橋さんって1400mは特殊という見方をされていますよね。瞬発力の必要ない持続力コースということで。

石 そう。短距離戦だけあってスタートから飛ばすわりに、ワンターン(コーナー2回)のコースで行われるから息が入りづらい。1400mという字面以上にスタミナが必要というか、タフな距離なんだよね。いかにしてスピードを持続させるかがキモになるという。

編 それが京都の場合はちょっと違うというのは?

石 京都芝1400m外はスタートして1ハロンのところから3コーナーの最初にかけて400m弱で4mの坂を上る設定なのね。その上り坂のおかげで、本来ならスタートしてから一番スピードが上がるところで、そんなに速くならないんだ。そのぶん脚が溜められるというか、最後の直線で瞬発力が必要になってくる。あくまでも1400mにしては瞬発力が必要という意味でだけど。

編 となると、単に持続力に優れたタイプを狙うわけではないと。

石 そう。そういうタイプは最後に差される可能性がある。ほかの1400mほどじゃないにせよ、1400mを走れる持続力は必要だけれども、それに加えて瞬発力も求められるという。

編 すごく簡単に言うと、普通の1400mコースは持続力が100だとしたら、京都芝1400m外は持続力80、瞬発力20みたいな。

石 簡単に言うと。もちろんその数字はデタラメなので皆さん覚えないように。あくまでイメージです。

編 デタラメって(笑)。まあ、そうですけど。じゃあ、それを踏まえるとどの馬に注目しておけばいいんですか?

石 まずはエイシンブルズアイ。

編 1400mを走るのが初めてですよね。

石 そうね。ホントは1400m戦の予想するときには距離実績を重視するというのがひとつのセオリーなんだけどね。ただ、エイシンブルズアイはたしかに1400mで走ったことはないけど、持続力が要求される1200m戦、特に中山芝1200mの行われたわれたオーシャンSを追走、最後の直線で差し切っているでしょ。つまり持続力が要求される流れでも脚を伸ばすことができる馬なんだ。さらにその前には瞬発力が求められる京都芝1600m外で洛陽Sで2着。この時はメンバー中最速の上がりをマークしているよね。

編 そうですね。道中スローペースで流れて、最後にグッとペースがあがるレースでした。

石 このふたつはこのコースを走るうえで非常に大きな武器となる。もともと京都を得意とする馬だし、絶好のチャンスじゃないかな。

編 なるほどね〜。

石 あとは前走の京王杯SCでメンバー中最速(タイ)の上がりで2着に好走したサンライズメジャー。東京芝1400mも京都芝1400m外と同様にスローになりやすいコース設定なんだ。

編 持続力プラス瞬発力が必要という。

石 そう。この馬も京都がいいし、去年のスワンSはさすがに位置取りが後ろ過ぎたけど、速い脚は使えているからね。休み明けも苦にしないタイプだし好走が期待できるよ。

編 なるほど。

石 最後は京都で連対を外したことのないダンスディレクター(京都芝8戦5勝2着3回)。とはいえ、京都との相性の良さだけじゃなくて、前走のスプリンターズSで15着に負けてはいるけど、中山芝1200mのぎゅっと締まった流れだと忙しすぎたかな。ちょっと不器用なところがあるから。

編 だからゆったり走れる京都での成績がいいんでしょうね。

石 そうね。ただスプリンターズSはその割には負けていないし、持続力が要求される流れ出も最後の決め手はしっかりしている。春の京王杯SCも前が詰まったわりに負けてないし。前走の着順だけで人気を落とすだろうけど、侮れない一頭だと思うよ。

編 じゃあ、続いてアルテミスSですね。東京芝1600mですけど、ここはどういう馬を狙えばいんですか?

石 このレースの場合は、コースというよりも、レースそのもの特性でみたほうがいい。というのもまだ夏以降にデビューしたばかりの2歳牝馬限定戦でしょ。この時期の2歳馬にとって東京マイルというのはかなりタフなんだよね。マイルという距離以上に。

編 なるほど。ということは?

石 中盤ですごく緩むことがおおいんだ。基本スローと考えていい。ただ、精神的にも成長途上で折り合いに難がある馬もいるし、短距離しか経験していない馬も多いから、なかなか我慢が効かない馬もいる。そういう場合は表示されるレースラップがハイペースということはあるよ。

編 ええ。

石 でも、たとえば先頭集団の後ろにいる馬は普通にスローだったりするんだ。

編 じゃあ、スローからのヨーイドン!になるレースが多いと?

石 ヨーイドン!とまではならなくても、決めて勝負になることが多いよね。実際、過去4年で馬券に絡んだ12頭のほとんどが、前走でメンバー中3位以内の上がりを使ってるんだ。

編 お〜、なるほど。じゃあ、それを踏まえてこのレースの注目穴馬をお願いします。

石 まずはトーホウアイレス。新馬戦、サフラン賞とマイル戦を連勝していきているんだけど、新潟、中山とまったくコース形態の違うところでメンバー中最速の上がりをマークしてきた。この決め手は魅力的だよ。新潟ではスローからの急加速に対応しているし、中山ではあるていど流れたなかでも速い脚を使えているわけで。

編 たしかにどんな流れにも対応できるのは強みですよね。

石 あとは前走で先行しつつ、メンバー中2位の上がりを使ったシグルーン。今回はメンバー的に前に行きたい馬もいないし、この馬がすんなり先行すると、後ろの馬にとっては厄介な存在になるだろうね。

編 あと1頭は?

石 ハートオブスワローも前走でメンバー中最速の上がりをマーク。まあ、前走は勝負にならない位置から伸びただけなんだけど、それでも評価したのが2走前の未勝利戦。あのレースではメンバー中2位の上がりだったんだけど、メンバー中最速の上がりを使ったのは道中で最後方にいた馬で、先行馬のほとんどはハートオブスワローよりも1秒以上上がりがかかっている。

編 どういうことですか?

石 ハートオブスワローは中団後ろよりにいたんだけど、スローのヨーイドンという手軽なレースでもなかったし、その位置取りだけで速い上がりを使えたわけではないということ。

編 恵まれたわけじゃなくて、ちゃんと末脚を使ったと。

石 そういうこと。前走を見ていると軽い東京の馬場に替わるのはプラスになるだろうし、マークしておきたい一頭だね。

編 わかりました。では最後に天皇賞(秋)を。

石 さすがに3レースとなると長いな(笑)。

編 あとひと踏ん張りです。読んでる方も大変でしょうけど。で、天皇賞(秋)はどんな馬に注目しますか?

石 もうこれは簡単でリピーターに注目すればいい。

編 おお、たしかに! ここ10年を見ても、2年以上馬券に絡んでいるのが、カンパニー、ウオッカ、ブエナビスタ、ペルーサ、エイシンフラッシュ、ジェンティルドンナ、イスラボニータと7頭もいるんだ。

石 一線級がこのレースを目指してくるからというのもあるだろうけど、来ているのは決して人気馬だけじゃない。それを考えると、たとえば直線の長さとか、最初のスタートから2コーナーへの入りとか、秋の芝とか、割と適性の限られるレースという見方もできるよね。

編 ああ、だからこそ高い適性のある馬が繰り返し馬券に絡むという。じゃあ、それを踏まえて現時点での穴馬を挙げていただくと?

石 そうだね。まずはステファノスだろうね。

編 去年の2着馬ですね。リピーターだ。

石 そう。去年は大外をぶん回して2着。勝ったラブリーデイが内を上手く立ち回ってのものだけに、着差ほどの差はないよ。阪神の内回りみたいに締まった流れになると思うような末脚を発揮できないけど、東京のようにメリハリの効いた流れなら末は確実なタイプ。

編 そうですね。ちなみに前走の負けは休み明けということで問題ないですかね。

石 毎日王冠は前が塞がってまともに追えなかっただけで、悲観する内容じゃないよ。それにもともと使ってから良くなるタイプだし。勝ち負けまで期待できるよ。

編 なるほど。

石 あとはサトノノブレスとサトノクラウンのサトノ2頭。

編 先週の菊花賞に続きサトノ。

石 そう。こういうのは続くよ。というのはさておき(笑)、サトノノブレスのほうは息の長い末脚が魅力だよね。なんかエイシンヒカリが大外とか最内とかなんか極端な枠になりそうな気がするんだよね。1、2枠か8枠か、みたいな。もし内めの枠にはいったらレース自体が流れるとおもうので、そういうときはサトノノブレスの出番かなと。決め手のある馬じゃないから、上がりのかかる展開になったときに台頭してくる感じ。

編 そういうタイプを月曜日の段階で候補に挙げる石橋さんって(笑)。

石 しょうがないじゃん(笑)。そもそもそういうコラムなんだから。

編 まあ、それで激走穴馬を挙げてきてくれているので文句はありません(笑)。で、サトノクラウンのほうは?

石 僕はこの馬がベストの条件で走ったことってほとんどないんじゃないかと考えていて。

編 ほう。でも天皇賞(秋)は去年も走ってますよ。

石 状態がメッチャ悪かったでしょ。今年は状態面は去年より確実にいいし、東京の軽い馬場がいちばん合ってる。決め手のある馬だからこのところ馬場に恵まれなかったけど、今の東京の軽い馬場なら存分に能力が発揮できるでしょ。

編 京都記念は道悪で勝ってるじゃないですか。

石 食い下がるね(笑)。あのレースは本当に馬場が悪くて、道悪の巧拙というより能力、自力勝負になったからね。結果的に追い込みづらい馬場で先行していたというのもよかったし。もちろん道悪が下手とはいわないけど、良馬場のほうがいいんだ。

編 わかりました。じゃあ、3レース、計9頭の穴馬に注目ですね。

石 はい。最終結論は週末のスポーツマスターの勝負予想でチェックしていください。

編 それではスタジオの本田さん、お返しします!

本田 いや、隣にいるから(笑)。いや〜、お疲れさまでした。さすがに3レース9頭ともなると、聞き応えがありますね。めっちゃ参考になりました。

石 疲れました(笑)。

本田 あ、ちなみに来週は重賞が4つありますけど……

石 勘弁してください(笑)。

本田 ちぇっ、やっぱり無理か(笑)。でもまたご登場いただけるのを楽しみにしていますね。石橋さん、お忙しいなかご協力いただきありがとうございました。

石 ありがとうございました。あ、そうだ。公式ブログをご覧の皆様にふたつお伝えすべきことがあったんだ。

編 なんでしたっけ?

石 今週の日曜日なんですけれど、ネットケイバさんからの強い要望で天皇賞(秋)ともう1レース、東京か京都の最終になると思うけど、試験的に勝負予想を配信することになりました。

編 お〜、凄い!

石 もちろん主軸はスポーツマスターで、ネットケイバさんのほうはとりあえず今週の日曜日と、あとは有馬記念の日とかかな。出しても2レースくらい。ただ、先方の要望というのもあるんだけど、こちらとしてもまだ僕の予想をご覧になったことがないという方も多いと思うんですよ。

編 ええ、たしかに。ちょっと考えているという方はいらっしゃるでしょうね。

石 その方たちのお試しにもなるかなと思って。2レースくらい見ていただいて、それで納得できればスポーツマスターで全部の予想を見てもらえればいいわけで。

編 たしかにそうですね。これを機に本格的に「単勝二頭流」に触れていただきたいですし。というか、ホントに勝負予想見たほうがいいので。

石 まあ、それはさておき、ネットケイバさんでも配信しますよ、というお知らせでした。それともうひとつがメルボルンCについて。

編 ああ、ここでのアンケートで海外競馬の馬券についても予想を配信することになったんですね。

石 そうそう。いつものようにスポーツマスターで配信しますけど、イレギュラーなのが、このレースって平日にやるんですよ。

編 ええ。レース発走が日本時間の11月1日(火)13時。馬券の売り出しは11月1日の午前7時からという。

石 そうなんだよね。なので、予想は月曜日の深夜から火曜日の午前7時までに配信しますので、いつもの要領でご覧いただければと。

編 わかりました。

石 それでは長々とありがとうございました。ここまで読んでいただいてありがとうございます。

編 では週末の勝負予想、楽しみにしています! 石橋さん、どうもありがとうございました。





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR