単勝二頭流 菊花賞の穴馬は長距離マスター石橋にお任せ!

書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、今週末は長距離G1の菊花賞ですね。このところ取材が続いているみたいですけど、やっぱり菊花賞のお話がメインですか?

石橋 武(以下、石) まずは読者の皆様、1日公開をずらせてしまってすみません。

編 いえいえ。むしろ枠順確定後のお話を聞けるぶん、ラッキーくらいの感じですよ。僕的には。

石 みんなそう思ってくださっていればいいんだけどね。で、なんだっけ? ああ、取材か。

編 ええ。今週はずっと取材続きみたいですね。それで対談の時間もずれて……。やっぱり長距離G1といえば石橋さんという感じなんですかね?

石 ああ、今週の取材は単行本の件ですね。年内に1冊出す予定なので、それに関する取材で。長距離G1だからというわけじゃないよ。

編 じゃあ、菊花賞の話はここが初めてなんですね?

石 今年の菊花賞はね。もちろん。そういう約束ですから。

編 一安心です(笑)。で、長距離G1マスターの石橋さんにお聞きしますが……

石 その呼び方やめて。嫌みっぽい(苦笑)。普通にしてくれ、普通に。で、なに?

編 菊花賞なんですけど、よく「昔と違って最近の競馬はスローペースが多いから、3000m戦とはいえ、スタミナよりもスピードが重要」という感じのことを言われることが多くなりましたけど、実際のところどうなんですか?

石 まあ、半分は合っているんじゃないかな。馬場管理も進化して、昔のようなボコボコの馬場というのはなくなったし、玉砕覚悟で行くだけ行くような馬もいないしね。折り合ってレースを進めるという意味では、たしかにスローペースは増えたけどね。

編 じゃあ、スピードが重視というのも……

石 もちろん間違いじゃない。半分合っていると行ったのもそこで、スピードも重要なんだけど、相変わらずスタミナも重要なんだよ。そのうえでよりスタミナを要する流れなのか、それともスピードが求められるのかということで。

編 ああ、なるほど。

石 それとキミが言った「スタミナよりもスピードが重要」というのがどういう文脈のなかで言われているのかちょっとわからないんだけど、その“スピード”が何を指しているかだよね。

編 と、言いますと?

石 “スピード”っていう言葉がちょっと曖昧で、それがいわゆる切れ味、瞬発力を指しているのか、上がりの速さを指しているのか、それとも他の何かなのかというね。

編 ああ、たしかに同じ“スピード”でも意味合いは変わってきますよね。

石 でしょ?

編 じゃあ、石橋さんが菊花賞で重要と思われる“スピード”ってどういうことなんですか?

石 一瞬でトップスピードに乗るような瞬発力ではなくて、エンジンのかかりは遅くても長くスピードを維持できること。ざっくり言うとラスト1000mのスピードかな。

編 瞬時にトップスピードに乗らなくてもいいんだ。

石 そう。京都の外回りコースは3コーナーから最後の直線にかけて下り坂になっているでしょ。エンジンのかかりの遅いタイプでもその下り坂でスピードに乗ることができるんだ。それに一瞬にしてトップスピードに乗ることのできるタイプは使える脚も短いことが多い。菊花賞はラスト1000mのスパートになりやすいレースだから、途中で脚が上がっちゃうんだよね。

編 なるほど〜。

石 下り坂を利用して加速して、ゴールまでそのスピードを維持してなだれ込んでいくようなイメージだね。実際はラスト2ハロン目くらいまでは加速するんだけど。

編 では、それを踏まえた上で、現時点での注目穴馬を教えていただけますか?

石 了解。まずはエアスピネル。

編 距離不安という声も聞こえてきますが。

石 うん、本質的に3000mが長いのは間違いないと思う。ただ、同世代同士のレースだということ。たとえばこれが天皇賞(春)だと距離適性の高い馬たちが集まってくるんだけど、菊花賞は距離適性が高い馬ばかりが出てくるわけじゃないよね。

編 ええ。

石 そもそも同世代にこの距離に適性のある馬なんてほんの数頭なわけだしさ。それに加えて、能力自体はこの世代のトップクラスにいるのは間違いないわけでしょ。

編 朝日杯FS2着、皐月賞4着(5位入線)、ダービー4着ですからね。この戦積だから距離不安が出てくるということでもあるんでしょうけど。

石 そうね。で、とくに皐月賞とダービーだよね。皐月賞は息の入れづらいかなりのハイペースになったんだけれども、エアスピネルはその流れを先行してさらにポジションを上げていくという強気の競馬。それでいて大きく崩れずに5番手で入線しているし、ダービーもそう。

編 ダービーも最後の直線で早めに抜け出して、一瞬勝ったかと思う場面もありましたよね。

石 そう。普通の年だったら勝ってた(苦笑)。ただ、皐月賞もダービーも他馬より早めに仕掛けて最後まで抵抗してみせたように、長く脚を使える馬だし、立ち回りも上手いタイプだから長距離戦でロスなくかからずに乗ってこられるのもいいよね。今の前が止まらない京都の馬場も見方に、大駆けが期待できるよ。

編 なるほど。

石 続いてはカフジプリンス。

編 菊花賞トライアルの神戸新聞杯でも穴馬の本命に推していましたね(ちなみに人気馬の本命は◎サトノダイヤモンド)。

石 結果、勝負どころでスッと加速できない弱みで、脚を余しちゃったね。ただ、神戸新聞杯の見解にも書いたように……

編 ああ、せっかくだからここに引用しておきましょうか。

「〜前略〜◎カフジプリンスは、2走前に古馬混合の1000万特別・阿寒湖特別を2着に5馬身差をつける圧勝。前に有利な流れを早めの仕掛けから一気に押し切ってみせた。前走は一気にOP特別への挑戦となったが、結果こそ6着とはいえ、前に行った馬のワンツーという流れ、さらに3〜4コーナーで前が詰まる不利もあって、能力を発揮したとは言いがたい。むしろ、もっともスピードをアップさせるところで一旦ブレーキをかけながらよく伸びてきたと思う。今回は世代のトップが出走してくるハイレベルの一戦となるが、神戸新聞杯は直線一気の末脚勝負というよりも、早め仕掛けから長くいい脚を使うような、持続力勝負になるケースが多い。〜中略〜そんなレースの傾向が同馬の資質にピッタリと合う(コース形態から早め仕掛け〜持続力勝負になる中京、札幌で強い競馬をしているのがその証)」※スポーツマスター勝負予想「神戸新聞杯」より引用

石 まあ、そういうことです(笑)。それに付け加えるなら、今回は阪神から京都に替わるのも大きい。さっきも言ったように、勝負どころでモタつく馬なんだけど、京都は下り坂の恩恵があるからね。こういう馬には、この恩恵が大きい。

編 なるほど。

石 ゴチャつきたくない馬で最内枠がどうかというのはあるけど、京都外回りコースなら内は開くからね。そこまで気にする必要はないと思う。

編 あとは人気ですね。なんとか5〜6番人気くらいで止まってくれればいいんですけど。穴人気するタイプですよね。

石 そうなんだよね。まあ、そこは祈っておきましょう(笑)。

編 あと1頭挙げるなら?

石 ウムブルフ。未勝利戦の中山芝2000m、前走の札幌日刊スポーツ杯と、早め仕掛けからのレースで圧勝しているのがいいね。週末の京都は雨の可能性もあるようで、そうなるとなおいい。高速馬場に対応できるかどうかが鍵になるけど、馬券圏内に走ってくる可能性は十分あるんじゃないかな。

編 わかりました。じゃあ、このあとの土曜日の勝負予想から注目のレースを教えてください。

石 え〜っと、って、シレっと何を聞いてるんだよ(笑)。

編 注目レースくらいいいじゃないですか〜。

石 4レースか5レース配信する予定だけど、どれも注目だからまんべんなくチェックしておいてほしいけど、あえて挙げるなら新潟メインと東京最終は個人的にも楽しみにしてるよ。

編 いいですね。新潟芝1000mと、東京ダ1600mですね。僕も楽しみにしています。それでは石橋さん、どうもありがとうございました。このあとの勝負予想もよろしくお願いします!





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR