単勝二頭流 秋華賞は大穴台頭の予感!

書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、先週のブログ、700を超える拍手をいただきましたよ。海外馬券への関心の高さがうかがえますね。

石橋 武(以下、石) まさかこんなに多いとは……。さすがにこれでは海外馬券の予想配信をしないとね。

編 ですよね(笑)。皆さんの勝負予想への期待度も感じますし。

石 たぶん勝負予想をご覧になっていない方のなかにもボタンを押してくださった方がいらっしゃると思うので、このブログのなかでも注目馬とか、ちょいちょいお伝えできればと考えています。引き続きよろしくお願いします。

編 あ、それはいいですね。そうやって競馬が盛り上がっていくのがベストですから。

石 それと海外の馬券は平日に売ることもあるので、たしか次のメルボルンCもそうだし、勝負予想をご覧の方は忘れないようにチェックしておいてくださいね。

編 ああ、メルボルンCは現地の火曜日でしたもんね。

石 そうそう。そのあたりは注意しておいてください。

編 そして海外のG1もいいですけど、なんと言っても関心はやっぱり国内G1ですよね。今週から秋華賞、菊花賞、天皇賞(秋)と3週連続のG1ですから。

石 いよいよ始まった感があるよね。外したスプリンターズSをなかったことにするわけじゃないけど(笑)。

編 たしかに(笑)。って、スプリンターズSも本命◎レッドファルクスの単勝は的中していますし、人気薄の△ソルヴェイグもちゃんと3着に走ってきてますからね。あえて不安のある人気馬を切ったのが結果的に裏目に出ただけで。

石 まあ、3連単を外したことに変わりないからね。

編 あれからレース映像をじっくり見ましたけど、あれは展開ですよね〜。遅かったですもん。(逃げて2着の)ミッキーアイルに勝ってくれと言わんばかりのレースでしたよね。

石 ビッグアーサーがスタート後に(先行争いから)引いたのがすべてでしょう。まあ、それも競馬。そういう展開も考えておくべきだったということ。そうおいう反省点を今後に活かしていかないとね。

編 じゃあ、さっそく秋華賞で活かしていただきましょうか。

石 これまた展開が難しそうなレースで(笑)。

編 小回りの京都芝2000mですからね(笑)。でもむしろ石橋さんはこういうトリッキーというか特殊なコースに強みを発揮しますからね。皆さんも期待していると思います。ということでさっそく現時点での注目穴馬をお聞きしましょうか。

石 今回は先行馬が揃ったよね〜。逃げたいエンジェルフェイスが最内枠に入ったり。なかなか前半から激しいレースになりそうだよ。

編 とういことは後ろから行く馬に注目しておいたほうがいいと。

石 基本的には。ただ、先行馬が多い時って、意外と一頭がポンと飛び出すと、流れが落ち着いちゃうこともあるから。ということで、まずは先行馬ダイワドレッサーに注目しておこうか。

編 ダイワドレッサーって、前走のラジオNIKKEI賞でも相手筆頭に推していた馬ですよね。

石 よく覚えてるな、相手まで。

編 だって印象的でしたもん。全然人気ないのに相手筆頭だと思って。で、実際に9番人気2着に激走ですからね。

石 そう、そして評価したのもそのラジオNIKKEI賞なんだ。あれ、かなり強い競馬だからね。

編 小回りを先行して残ったというだけではない?

石 全然違う。勝ったのはこの前のセントライト記念でディーマジェスティと接戦、2着に好走したゼーヴィントだったんだけど、ゼーヴィントはラジオNIKKEI賞で4コーナー7番手の中団から。

編 ええ、キレイに差しが決まりましたよね。

石 で、3〜5着に走ってきたのはほとんど最後方を走っていて、4コーナーでもふたケタ番手だった3頭(アーバンキッド、アップクォーク、ブラックスピネル)。それに引き換え、ダイワドレッサーは……

編 おお、番手の競馬をしてるんだ。4コーナー3番手で、先行勢のなかでは唯一掲示板を確保している。

石 そう、あれは強い。たしかにハンデは53キロだったけど、勝ったゼーヴィントは54キロ。こちらが牝馬ということを考えるとね。道中、ずっと澱みのない流れが続いて、それを番手で受けて、最後まで押し切る勢いだったんだからね。

編 今回、先行馬が揃っていますけど、この馬なら耐えられると。

石 むしろこの馬が早めに仕掛けて前を掃除するんじゃないかと。となれば、簡単にはバテないし、平坦京都の内回りなら押し切る可能性は十分。ハイペースにもスローペースにも対応できる強みがあるんだよね。能力が高くて瞬発力に長けたシンハライトが出てこないここは、大きなチャンスだと思う。外枠は歓迎とは言わないけど、この馬なら大きなマイナスにはならないよ。

編 なるほどね〜。これは楽しみだわ。

石 あとは差し馬から2頭。まずはここにきての成長が大きいミエノサクシード。春は追走だけで手一杯だったのに、ここ2走は完全に格上馬としての競馬だよね。前走でスタートも克服しているし、なんだろうな、腰がパンとしたのかな。以前の出遅れも気性的なものじゃなくて、後肢が弱いのかなと感じるところもあって。

編 へ〜。それがしっかりしてきたことが、この2走の好走に繋がっていると。

石 まあそのあたりは馬と接しているわけではないので、想像だからね。ただ事実として、競馬ぶりが変わっているのは間違いないし、前走なんか最後は遊んでたでしょ。

編 ええ、ジョッキーのコメントでも物見してフラついたと。

石 この2走はスローからの末脚勝負で勝っているんだけど、3走前の1400m戦では着順こそ7着だったけど、1400mの速い流れでメンバー中最速の上がりを使えている。最後方からの競馬というのももちろんあるけど、それにしてもあのペースのなかで脚を溜められて伸びてくるんだから、2000mのここなら問題なく脚を溜められるでしょ。

編 枠はどうです?

石 いいところでしょう。内で揉まれて前が詰まるリスクを考えれば、よっぽどいいよ。

編 じゃあ、もう一頭お願いします。

石 最後は末脚の一発勝負にかけるデンコウアンジュ。展開がハマるかどうかが問題だけど、一発があるのは大抵こういう馬。現時点ではこの3頭かな。

編 わかりました。ちょっとひと波乱ありそうなレースですよね。

石 ひと波乱で済むかどうか(笑)。今言った馬以上に人気がなさそうなのも考えているし、週末の勝負予想をチェックしておいていただければと。

編 そうですね。楽しみにしています。それでは石橋さん、今週もよろしくお願いします!




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR