単勝二頭流 神戸新聞杯はこの穴馬が面白い!

書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、先週は中山芝1200mの初風特別で本命馬2頭が馬券絡み。相手に選んだ人気薄△デンコウウノが11番人気1着に激走して3連複18,010円を的中。来週に迫ったスプリンターズSに向けて、いい感じで馬場が掴めているんじゃないですか?

石橋 武(以下、石) そういうことは3連単まで当たってから言いたいけどね(苦笑)。でもまあ、中山芝1200mは適性がはっきりと出るコースなので、けっこう当てやすいよね。

編 ああ、いつも見解で書いているダート的な……という?

石 そうそう。まあ、それは来週詳しくお話しするわ。あ、そうそう。来週なんだけど、この対談の公開を金曜日にしてほしいんだけど、大丈夫かな。

編 もちろん構いませんけど、どうしました?

石 スプリンターズSの話をスポーツマスターの編集部通信ですることになっていて、こっちではシリウスSの話にしようかと思ってるんだけど、せっかく土曜日のレースを取り上げるんだから、枠順の発表を待ってからにしようかと。

編 お〜、いいじゃないですか。そういうことなら大歓迎です。ちなみにスポーツマスターさんのほうのスプリンターズSの話って、いつもここで話しているような内容なんですか?

石 そう。穴馬を3頭挙げてほしいって言われてるから。

編 じゃあ僕ら的にはむしろ2レース分のお話を聞けると。ラッキーだわ(笑)。

石 そりゃ、役に立てばラッキーだろうけど(笑)。

編 それは大丈夫でしょう。特にスプリンターズSについては、さっきも言ったように完全に手の内に入れてるようですし。

石 まあ、今週末もあって馬場の傾向も変わるから、あまり今から大きなことを言わないように(笑)。ということで、来週の対談は金曜日に更新、取り上げるのはシリウスS。スプリンターズSの話はスポーツマスターの編集部通信ということで、よろしくお願いします。

編 はい、了解です。じゃあ、そろそろ本題に入らせていただいて、今週末はオールカマーと神戸新聞杯とが行われますけど、どちらを取り上げましょうか。

石 頭数が多い神戸新聞杯にしようかな。

編 いいですね。ダービーからの直行組、古馬と戦ってきた組、そのほか3歳戦からの組と路線もバラバラだし、ちょっと能力の比較が難しいかなと思ってたので。

石 それで言うと、ダービー直行組、とくに上位組はやっぱり能力は高い。古馬と戦ってきた組は1000万クラスを勝ってきたようならここでも勝ち負けになるレベル。ダービー以外の3歳戦から向かってきた馬は、オープンで上位に入っているようなら見どころはあるという感じかな。

編 となると、やっぱりサトノダイヤモンドとかエアスピネルは強いですよね。

石 そうだね。ただ、この2頭がどうこうということではなく、この手の馬は目標はこの次だからね。トライアルのここで完全に仕上げてくることはないので、付け入る隙があるよね。

編 そうですよね。じゃあ、そのあたりも踏まえて現時点での注目穴馬を教えてください。

石 了解。まずはミッキーロケット。

編 前走、古馬相手の1000万クラスを勝ってきました。

石 そのレースがかなりハイレベルだったんだよね。出遅れぎみのスタートから徐々にポジションを押し上げて、最後はきれいに差し切ったからね。相手関係も強かったしね。

編 なんか競馬ぶりが大人びているというか……

石 そうそう。まだ余裕があったよね。神戸新聞杯は一瞬の切れではなく、息の長い末脚を要求されるんだけど、前走のように早めに仕掛けて最後まで伸び切ったレースぶりはピッタリだよね。

編 なるほどね〜。

石 3歳春の時点で2400mを使ったように(梅花賞2着)、スタミナも問題ないし、スプリングSを見てもわかるようにある程度速い流れのなからでもしっかりとした末脚を繰り出せる。

編 坂もこなしていますしね。

石 そうだね。早めの休養から夏に復帰、順調に使われてきた強みも含め、好走が期待できるよ。

編 たしかに。

石 続いてはカフジプリンスもチェック。

編 これも2走前に1000万クラスを勝ち上がっています。5馬身差の圧勝でしたね。

石 そうね。メンバーがやや手薄だったというのを差し引いても、開幕週で前残りの馬場を差し切ったのは評価できるよ。

編 ですよね。前走のOP特別も負けてはいますけど、メンバー中最速の上がりをマークしていますし。

石 前走は力負けというより展開が向かなかったね。完全に前残りの競馬になっちゃったから。春に息の長い末脚が必要な中京で好走しているし、当然距離も問題なし。今回は大型馬の叩き3走目でもあるし、同世代同士なら十分好勝負できるよ。

編 あとはどの馬をチェックします?

石 ジョルジュサンクかな。

編 ダービー以外の3歳戦組ですね。前走、ラジオNIKKEI賞6着からの参戦です。

石 出入りの激しい競馬で、さらに早めに仕掛けるという強気な競馬だったよね。それでいて最後まで抵抗を見せていただけに、これは高く評価できるなと。

編 6着でも。

石 うん。勝ち馬との差はそんなにないし、あの厳しい流れでよく頑張ったよ。実際、掲示板に乗った5頭中3頭は4コーナーでフタ桁番手にいた馬だし、勝ったのも中団の内でじっとしていた馬だから。

編 ああ、そうでしたね。

石 今開催の阪神はまだ前が残る馬場だし、この馬の持続力をもってすれば面白いことになるんじゃないかな。基本的に差し馬が走ってくるレースだけど、この馬の前残りは警戒しておきたいね。

編 わかりました。では現時点ではこの3頭に注目しておきます。なんかこの3頭から人気馬に流しときゃ当たるんじゃないかと(笑)。

石 そういう意味では人気馬の取捨も大きなポイントになってくるレースなんだよね。どういう組み合わせがベストなのか、妙味も含めて週末の結論を考えていきます。

編 はい。よろしくお願いします。石橋さん、どうもありがとうございました!





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR