単勝二頭流 荒れるハンデ重賞・函館記念はこの穴馬に注目!


書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、なんかお久しぶりです(笑)。

石橋 武(以下、石) いや〜、すみませんでした。2週も対談を休んでしまって。

編 相当お忙しかったようで。

石 なんか、色々と重なってしまって。取材やら執筆やらシステム的なことやら、もうなんやかんやと。

編 あ、そういえば『競馬最強の法則』にも出てましたね。さっそく読ませてもらいました。

石 ああ、夏競馬特集。ありがとうございます。ちょこっとだけ取り上げてもらいました。

編 函館、札幌の短距離の狙い方を伝授という内容でしたね。

石 荒れるわりに獲りやすいからね。もちろん面白いコースはもっとたくさんあるんだけど。

編 やっぱり夏競馬、いいですよね。高配当がポンポン飛び出しますし。

石 そうね。先週の七夕賞も9万馬券だっけ? まあ、七夕賞としては安いほうか。

編 そうだ。七夕賞といえば、先週、石橋さんがこのブログで推していたオリオンザジャパンが11番人気3着。高配当の立役者となってくれたんですよね。

石 ああ、そうね。

編 しかも惜しくも馬券には絡めなかったんですけど、もう一頭の推奨馬マイネルラクリマが14番人気4着と大健闘。さっきのオリオンとハナ差でしたからね。あれは惜しかった。あ、そういえば先々週のラジオNIKKEI賞も推奨馬が走ってましたよね。

石 ゼーヴィント(1人気1着)とダイワドレッサー(9人気2着)ね。ゼーヴィントのほうはどこが穴馬なんだという感じだけど(苦笑)。

編 まさかの1番人気(笑)。でもこうやって改めて見てみると、穴馬よく走ってきますね〜。スポーツマスターの勝負予想のほうでも、七夕賞の3連複24,200円、土曜日も中京の最終レースで◎カフジオリオンが激走。3連複17,830円が的中していますし。

石 まだまだこんな配当じゃ納得できないでしょ〜。そろそろデカイのがほしいところだよね。

編 もちろんです。で、実際、僕の経験上、こういうときにドンっ!と高配当を当てるのが石橋さんなので期待大です。

石 よし、僕もその経験に乗った(笑)。ドンッ!といってみましょう。

編 よろしくお願いします! じゃあ、まずは高配当が期待できるハンデ重賞・函館記念でドンと一発お願いします。現時点ではどの穴馬に注目しています?

石 まずはバイガエシ。

編 前走で1000万下を勝ち上がってきたばかりの馬ですよね。通用しますか?

石 する。ハンデ戦だし、もともとは重賞の神戸新聞杯でも4着に好走できる能力の持ち主だよ? そのあとの休養が長引いて出世が遅れただけ。実際、復帰後の1000万クラスなんて楽勝だったでしょ?

編 ええ。休養後は3戦して1着、2着、1着とパーフェクト連対。しかも前走にいたっては2着に5馬身差をつける圧勝ぶりですからね。

石 そうね。中1週とはいえ前走は余裕を残した内容だし、ローテーション的な心配はないよ。それに函館芝2000mはスタートしてしばらくしてから2コーナーまでずっとゆるやかな下りになっていて、前半のペースが上がりやすい。で、2コーナーから向正面、そして4コーナーの途中までは上り坂。そしてそこから下りながらゴールに向かうというコース設定なんだよね。

編 ということはつまり?

石 ただでさえジョッキーの心理的に小回りを意識して早め早めの競馬になるうえに、スタートからスピードに乗りやすい下り。要は序盤からペースが上がりやすい。それでいて向こう正面は上る。ローカルは平坦って思っている人もいるようだけど、函館の高低差って3.5mもあるからね。けっこうキツイんだよ。

編 ペースが速いうえに坂を上らなきゃいけないという。

石 そうそう。それでいて4コーナーを回ってからゴールまでがやたらと短いから、3コーナー過ぎの上り坂から仕掛けていくことになる。だから2000mという字面以上にスタミナが要求されるし、長くいい脚を使えないと攻略できないんだ。

編 だから小回りなのに逃げ馬が有利という印象がないのか。

石 その通り。逃げ馬には厳しいペースになりがちなんだ。とくにレベルの高い重賞は早めに仕掛けてもバテない先行馬、差し馬が馬券に絡んでくるんだ。

編 そこでバイガエシ。と

石 そう。前走を見てもわかるように函館コースに対する適性も高いし、長くいい脚を使えるのも3走前なんかを見れば明らか。早めに仕掛けてもバテないからね。しかもハンデは軽量54キロ。好走できる条件が揃っているんだよ。

編 なるほどね〜。これは楽しみな一頭ですね。

石 あとはツクバアズマオー。この馬は小回りの中山で先行しつつ、メンバー中最速の上がりを使えている点を評価。函館での実績も豊富だしね。

編 500万と1000万を勝ち上がったときですね。2走前も中山ですけど、あれは外回りコースですもんね。

石 そうね。ただ2走前にしてもメンバー中最速の上がりで、3コーナーすぎから仕掛けながら長くいい脚を使えているよね。前走を負けているのもプラス材料だしね。

編 どうしてですか?

石 1800mはペースが緩みがちだし、エアレーションの影響でいまとは違う傾向の馬場だから、むしろあそこで走っちゃうと今回はどうなの?と疑う必要があるんだ。実際、巴賞を勝った馬って函館記念で人気になるんだけど、だいたい負ける。3年前のエアソミュールしかり、4年前のトウカイパラダイスしかり。

編 その前のマイネルスターリーもそうですね。で、巴賞から参戦だとむしろ大敗している馬のほうが函館記念の成績がいいという。

石 その通り。ツクバアズマオーは前走の巴賞が展開不向きのなか、差して3着。こういう馬が巻き返してくるんだ。

編 あと1頭はどの馬にしましょう?

石 ホッコーブレーヴかな。スタミナは十分。北海道(洋芝)は初めてだけどパワーを要する馬場は得意だし問題ないでしょう。タフなレースに強いタイプで、一発の魅力があるよね。上がりの時計がかかるコースで、速い上がりをマークできるのも強みだよ。現時点ではこの3頭を挙げておこうか。

編 わかりました。じゃあ、どでかい一発を期待しています! 石橋さん、どうもありがとうございました!





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR