単勝二頭流 さあ、得意の洋芝は荒れる函館SSでスタートだ!



書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) さあ、石橋さん、函館開催がスタートします! 超楽しみです。

石橋 武(以下、石) なんでそんなに函館が好きなの?

編 函館というか、北海道シリーズがいいんですよ。洋芝の。

石 だからなんで? 洋芝フェチ?

編 なんですか、そのフェチは(笑)。そうじゃなくて、石橋さんが北海道シリーズ得意だからに決まってるじゃないですか。

石 得意なんて一言も言ったことはないよ。

編 そんなもん、実績からも明らかじゃないですか。それで取材も来たんですよね、この前。

石 なんで知ってるの?

編 それを裏付ける資料集めをしたのは僕ですから(笑)。

石 あ、そういうことか。どうもありがとうございます(笑)。

編 いえいえ。まだまとめている最中なので今ここで触れるわけにはいきませんけど、来週あたり、お話しできたらいかに石橋さんが洋芝を得意としているかについてここで語ってみようかと。

石 え、ちょっと待って。それホントにここでやろうと思ってるの?

編 ええ、なにか問題でも?

石 いや、雑誌側からクレーム来ないかなと思って。

編 あ、違う話題を扱うので問題ないです。

石 それに今日は函館SSについて話すんでしょ? もし外したら、来週「函館得意で〜す」とか言っても誰も相手しなくない(笑)?

編 当てればいいだけじゃないですか(笑)。それに万が一函館SSを外したって、来週以降も開催は続くわけですから、誰もひと鞍くらいで見放したりしませんよ。

石 そうだといいんだけど。

編 先週だって、3着抜けとかで惜しいレースもありましたけど、本命馬は馬券に絡んでますし、土曜日には東京メインのアハルテケSで人気馬の本命◎チャーリーブレイヴ(1人気1着)、穴馬の本命◎ワンダーコロアール(7人気3着)がともに馬券に絡む好走を見せて、3連単71,570円を的中。だれが見放すんですか、こんな好配当予想家を(笑)。ましてやこれから得意の夏に入るっていうのに。そんなことを考える前に、さっさと毎年大荒れの函館SSの穴馬を教えてください。

石 はいはい。わかりました。でもまあ、ホントにこのレースは荒れるよね。

編 そうなんですよ。3年前から大荒れっで、その3年前が16万馬券で一昨年が87万馬券。去年に至っては94万馬券ですからね。果たして今年はいくらつくのやら。

石 ホントだよね〜。メンバー的には大荒れもあり得るんだよ、これがまた(笑)。

編 石橋さんとしては高配当を狙いやすいレースですよね。

石 狙いやすいというのと、当たるというのは別だけど(笑)、たしかに狙えるレースだよ。適性的にも掴みやすいメンバーだし。週末の勝負予想ではけっこう意外な馬が本命になっているかも。

編 石橋さんの場合、それあんまり珍しくないので(笑)。いつも意外すぎて(笑)。ただそれをさらに上回るとなると……とんでもないことになりそうですね。

石 まあ、いまから配当のことを言っても仕方ないけど、どの馬が本命でもしっかり買ってほしいなと。

編 もちろんです。ここ3年の配当を見たら、買わないわけにはいかないでしょ(笑)。期待してますよ。と、その前に現時点での穴馬だけ教えてくださいね。

石 じゃあ、始めますか。

編 はい。まずはどの穴馬に注目しておきます?

石 シュウジだね。

編 函館、札幌と未経験ですけど、そこは気にしなくていいですか?

石 シュウジはデビュー戦の中京芝1400mを楽勝しているんだけど、中京のタフな芝1400mでしかも稍重の馬場をまったく苦にするところながかったからね。時計勝負でいまいち弾けきれなかったことを考えても、パワーを要する洋芝に変わるのは大きなプラスだよ。

編 たしかにG1戦線は結果が出せなかったですよね。

石 時計だけが敗因というわけではなかったけどね。ただ、前走なんかを見てても、この馬にとっては長いマイルでも、ハイペースについていって最後まで粘っていて力のあるところは見せているから。今回は距離も短縮するし、斤量も52キロ。負けられないでしょ。

編 なるほど。

石 続いてはキャンディバローズ。

編 こちらも3歳馬ですね。この馬は札幌でデビューして芝1500mで2着、1着。洋芝は問題なさそうですが、距離はどうでしょう?

石 全然問題ないでしょ。1400mの重賞を2回走って1着、3着と好走しているし、あの距離をラクに前につけられるくらいなら、むしろ1200mくらいの距離のほうが合っているんじゃないかな。

編 逃げても、前に馬がいても好走できる強みはありますよね。

石 そうね。開幕週で前を意識する馬が多いけど、ペース次第で控えて競馬ができるのはいいよね。1400mで好走できるスピードの持続力があるのも強調材料。50キロなら好勝負になってもおかしくないね。

編 前走の桜花賞は前が塞がってまともに走れず大敗してしまいましたけど、G3なら力は上ですよね。

石 最後にレッツゴードンキにも注目しておこうか。

編 この馬も札幌芝でデビュー。あっさり勝って(芝1800m)、札幌2歳Sでも3着とこうそうしているんですよね。

石 時計勝負になるとつらいタイプだけに、パワーが求められる洋芝は合っているよね。

編 あとは距離ですね。2走前の高松宮記念も8着に負けていますし。

石 ただあのレースは前が塞がって全然競馬にならなかったからね。道中は流れに乗れていたし、時計のかかる洋芝でG3ならラクに追走できるでしょ。

編 基本的には洋芝巧者を狙うという感じですかね。

石 まあ、それは誰でも思いつくことだけど(笑)。あとは斤量の兼ね合い、つまり3歳馬と古馬でどうかとか、枠順、馬場状態。そして展開。滞在競馬が大きくプラスに働く馬もいるよね。そういう個性も大切。あとはちょっと先の話だけど、札幌に替わってどうかとか。夏の北海道シリーズはホント面白い。

編 勝負予想でも多く配信していますよね。

石 当たりやすいしね(笑)。今年もバンバン狙っていくので、楽しみにしておいてください。

編 そうですね。まずはこの荒れる函館SSで軽〜く高配当を当てていただきましょうか。

石 軽〜くは無理だけど、なんとかね(笑)。





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR