単勝二頭流 さあ、荒稼ぎのシーズンがやってきたぞ!



書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 先週で春のG1も一段落。石橋さんの好きな高配当づくしの季節がやって来ましたね。

石橋 武(以下、石) G1はあまりいいところを見せられなかったので、挽回しないと。ちょっとというか、かなり気合い入ってます。

編 ホントいいところなかったですよね。

石 ぐっ……

編 冗談ですよ(笑)。配信内容のすごさは見る人が見ればちゃんとわかりますから。たしかに当たりはずれで言えば、先週の安田記念もそうでしたけど、はずれですよね。

石 はい、すみません。

編 ただ、堅かったにせよダービーみたいに落鉄さえなければ……みたいなレースもあれば、皐月賞のように狙いは合ってる、結果がちょっとズレたみたいなレースもあった。穴馬が激走しながらも、ヒモが抜けてたり……

石 もういいです。苦しくなってきました……

編 違う、嫌みじゃなくて(笑)。本当にすげーなと思っているのが、配信の内容ってほとんど正しいんですよ。そりゃ、的中じゃなきゃ間違い、的中以外は認めないと考える人がいらっしゃるのも知っていますし、別にそういう人たちが間違っているとも思いませんよ。でも石橋さんが配信している内容、見解、展開の見立てそのまんまのレースじゃんって思うことがホント多いんですよ。

石 皆さんにもそこまで読んでいただけていると、多少は救われますけど。

編 読んでくださってますよ。スポーツマスターにも、もちろん、ふざけるな安田記念ぐらい当てろ、堅いのばっかり当たったるじゃん、どこが高配当馬券師?というようなメールも来ているみたいですけど、8割方、本命穴馬が見解通りに走ってくるのが不思議とか、いらないと完全無視していた馬がヒモ△の一番手にきていたりするので不思議とか、買い目とか見解ではわけわからないと思って買わなかったけど、結果を見て単勝だけでも買わなかったことを激しく後悔とか、そういう内容みたいですから。

石 不思議ちゃん扱いだな(笑)。というか、冗談抜きに、最後のコメントなんかは僕の責任でもあるからね。買い目というか、見解で納得していただけなかったということだし、もっと言えば、仮に納得できなくても、ずっと当たってたら、その方だってワケわからないながらも馬券は買ってたと思うんだよね。

編 まあ、たしかにそうかもしれませんね。そう考えると石橋さんのせいですね。

石 ……え。嘘でもフォローを……

編 読者の皆さんに嘘はつけませんから。たしかに春シーズンは例えば注目度の高いG1とか重賞を外してもほかのレースの10万馬券、20万馬券的中でカバーしてもらっているというのもありますけど、これからのシーズンは石橋さんの(過去の)実績狙いで購読される方も多いですからね。

石 ああ、夏だからね。

編 ええ。(過去のローカル開催で)派手に10万馬券を連発してたのを知ってる方たちがどんどん戻ってきているので、多少の高配当じゃ納得してもらえませんよ。厳しい第3者の目で見られるわけですから。

石 それ、いまは超甘い目の代名詞だから。あまあまだから(笑)。

編 (笑)。いずれにせよ、高配当がぼこぼこ出現するシーズンだけに、例年以上の結果を出してもらわないと。

石 仰る通りです。石橋を見限らずにいて良かったと思っていただけるようにがんばります。

編 見限る人はいないと思いますけどね。厳しい第3者の目でチェックしてもらえば(笑)。

石 それ見限られるヤツだから(苦笑)。

編 冗談です(笑)。今までの配信内容、実績を知っている方は、見限ったりしませんよ。本気でそう思います。

石 そういってもらえるとありがたいですけど、僕にとっても会員の皆さんにとっても大事なのは過去の実績よりも、これからの結果。これを肝に銘じて夏競馬でいい思いをしてもらいます。

編 はい、期待してます。って、散々高配当が出る季節だなんだって言いましたけど、なんで高配当が出やすいんですかね?

石 え、いまそこ?

編 いや、なんとなくはわかってるんですけど(笑)、ちゃんと読者の方に説明しないとなと思って。

石 まあ、簡単なんだけどね。まずは3歳と古馬の混合戦が始まったこと。3歳馬と古馬との力関係がはっきりしないから、やたらとフレッシュな3歳馬に人気が偏ったり、反対に勝ち切れないまでも好走が多い古馬に人気が集まったりと、オッズが歪むんだよね。

編 そういうレースが狙い目と。

石 そうね。特に今年の3歳戦って、重賞の勝ち馬がばらばらだったでしょ? 去年ほどじゃないにせよ。そういう年は余計に3歳馬のレベルがはかりづらいから、思わぬ馬が人気背負っていたり、反対に全然人気がなかったりするんだよね。

編 たしかに今年はディーマジェスティ、シンハライト、メジャーエンブレム、マカヒキくらいですかね。3歳重賞で2勝以上しているのって。

石 あとはスマートオーディンかな。いずれにせよ、こういう年は3歳馬の実力がはかりづらくて、オッズ的においしいことになる傾向があるんだ。

編 たしかにトップクラスはかなり強いというのがわかりますけど、その下となると判断が難しいですよね。物差しとなるトップクラスが賞金を確保しちゃって、ほかの重賞が空き巣状態だったのか、それとも額面通りに強いのか、迷っちゃいます。

石 ちゃんと能力比較のツールを持っている人はいいけど、一般のファンにとってはね。

編 その迷いがオッズに表れると。

石 そう。あとはクラス編制が変わるのも高配当が出やすくなる要因のひとつ。

編 それがわからないんですけど、言ってみれば、降級馬、現級馬、昇級馬が一緒に戦うわけじゃないですか。普通に考えれば降級馬が人気なりますし、強いですよね。現にそういう結果を毎年多く見ていますし。それがなんで高配当に繋がるんですか? むしろ低配当じゃないですか。

石 その通り。大抵はというと言い過ぎか、多くのレースで降級馬が人気を背負って好走するのは事実だよね。だから全レースの平均配当という意味では、たとえば春、秋よりこの時期のほうが低い可能性はある。ただ、その降級馬が人気を背負ってコケるんだ、また。そういうレースは、配当がハネ上がるよね。

編 そうか。石橋さんはそういうレースばっかり買ってるんだ。

石 そう。ここは勝てるだろうと陣営が確勝を期したレースが無理使いだったり、このクラスなら多少距離(条件)が合わなくてもと使って走れなかったり、春から使い詰めだったり。まあ、狙いどころは色々とあるのよ。

編 なるほどね〜。

石 あとは中央場所とローカルとのコース形態の違いもあるよね。中央で鋭く差してきた馬がローカルだと人気を背負って不発とか、その反対もあるし、同じローカルでも福島と新潟じゃ全然違ったりね。結果、これが要因で荒れるのがいちばん多いのかな。

編 コース形態については石橋さんもよく見解に書かれているように、かなり重要というのがわかります。

石 そうね。コース形態はローカルではとくに大きな要因になることも多いので、見解でもできるだけ詳しく触れていくつもりだよ。

編 ええ、ホント楽しみな季節がやってきました。皆さんの期待を裏切らないように、よろしくお願いしますね。というわけでさっそくでもないですけど、そろそろ今週のお話もお聞きしたいなと。

石 エプソムCね。

編 はい。どの穴馬に注目してます?

石 まずはマイネルミラノ。さすがにこの時期のCコースだけあって、毎年前に行ったが残ってるよね。逃げ・先行馬2頭+追い込み馬1頭というのがひとつのパターンになってる。

編 で、ペースによっては追い込み馬が中団からの馬に代わるか、先行馬3頭で決まるか。みたいな。

石 そうね。特に今回のメンバーは有力どころに差し馬が多くて、この馬にとっては展開的にかなり走りやすそうだよね。スッと加速するような瞬発力がなくて東京では勝ち切ったことがないけど、今回は枠順、馬場次第では勝つチャンスまであると思ってるよ。

編 たしかに中山に良績があるんですよね。

石 中山は一瞬で加速するんじゃなくて、勢いをつけながら直線に入るのがこの馬にとっては大きいよね。とはいえ、東京でも瞬発力勝負にならなければ、というかこの馬自身が瞬発力勝負にしなければチャンスはあるよ。

編 なるほどね〜。

石 続いてはラングレー。現時点では最も勝ち馬に近いかなと思ってる。あ、あくまでも現時点の話で、週末には評価が変わる可能性はありますよ。

編 大丈夫、わかってますって。で、どのあたりを評価したんでしょう?

石 やっぱり先行しつつスッと加速できるのは、このレースにおいては大きな強みでしょう。

編 ああ、たしかに先行してもメンバー中上位の上がりを使っていますね。

石 脚の使いどころひとつだけど、このメンバー構成から予想される展開なら好勝負になるよ。

編 じゃあ、あと1頭お願いします。

石 穴っぽいところとなると、ステラウインドかな。ちょっと足りない競馬が続いているし、実際、好走の条件を選ぶ馬だけど、調教では効果が見えたブリンカーに期待と、渋太さが活きる展開ならという条件付きになっちゃうけど。

編 そのあたりの評価は週末の買い目でチェックですね。

石 そうね。調教もそうだし、馬場とか枠順も含めて最終的に判断しますので。

編 わかりました。今日はちょっと長くなってしまいましたけど、ありがとうございました。週末、期待してますね。

石 はい。厳しい第3者の目を意識して、今まで以上に精査していきます(笑)。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR