単勝二頭流 少頭数安田記念もこれで高配当狙い!

書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) いや〜、ダービーは堅かった(苦笑)

石橋 武(以下、石) まあ、あのメンツだしな〜。覚悟はしていたとはいえ、ちょっとあの配当じゃ……

編 単勝二頭流としても困ったんじゃないですか?

石 ああ穴馬選び? いや、思いのほかエアスピネルの人気が落ちていたので、(勝つ可能性のある)穴馬としてはこの馬しかいないという感じだったからな〜。あまり困りはしなかったかな。

編 ああ、そうだったんですね。でも上位に食い込んできた人気薄は◎エアスピネル(7人気4着)だけでしたけど、対談でも推していた△マウントロブソンは勝ち馬から0.6差の7着(10人気)と頑張ってはいましたけどね。

石 どちらもあの上位陣によく迫ったと思いますよ。まあ、穴馬で勝つまでとなると◎エアしか選択肢がなかったわけで、そういう意味では二頭流にとっては難しいレースだったかな。

編 ですよね。あと惜しかったのが◎サトノダイヤモンドの落鉄。勝ち馬△マカヒキとの差が差だけに、悔しいところでした。

石 8センチだっけ? まあ、落鉄しなければ……とは思うっちゃうけど、影響の大きい後肢だったしさ。でもまあ、こればっかりはね。ま、切り替えて今週取り返しにいきましょか。

編 はい、よろしくお願いします。ではさっそく安田記念の穴馬を教えていただきましょうか。今年は12頭立てとちょっと寂しいメンバー構成になっちゃいましたけど。

石 そうだね。ただレースは安田記念だけじゃないし、土曜日から高配当を狙えそうなレースがあるから。

編 お、マジすか。どのレースです?

石 まだ言えないよ。買い目まで決まってたら配信決定ということで言ってもいいけど、まだレース分析の途中だから(笑)。

編 あ、そうか。じゃあ、安田記念に集中しますか。

石 そうね。あ、あと安田記念は12頭だてということもあるので、とりあえずこのブログでは2頭の穴馬を推奨しますね。当日の買い目もいつもより絞っていくので。

編 そうですね。了解です。ではさっそくお願いできますか?

石 注目はコンテントメントとレッドアリオン。コンテントメントはモーリスと2回走って2度とも負けているけど、力をつけたのが割と遅くて、前走なんかをみてもまだ能力が伸びているんじゃないかな。

編 あ〜、5歳になってから大きいレースに出始めたんですよね。

石 そうそう。もう6歳馬ではあるけど、まだ伸びしろがあるんじゃないかと思えるよ。それに去年の秋から使い詰めだけど、香港馬にはこういうローテの馬が多いし、実際にそれで日本でも結果を出してるからね。ちょっと古いけどブリッシュラックとか。

編 日本初参戦ですけど、対応できます?

石 そりゃ、走ってみないとわからないよ(笑)。ただ、いままでの傾向から香港馬は日本の軽い芝のほうがパフォーマンスを上げてくることが多いし、調教師もグロリアスデイズとかサイトウィナー、アルマダで安田記念に挑戦してきた実績がある。

編 そうか。アルマダはウオッカの2着に好走した実績もあるんですよね。

石 そうそう。日本を知った調教師が送り込んでくるんだから、素直に適性ありと考えておけばいいんじゃないかな。枠も内めのいいところを引いたし、人気がどうであれマークしておかないと。

編 わかりました。レッドアリオンのほうは?

石 こちらは大外枠がいい。外からかぶされるのを嫌う馬なんで、少頭数の大外枠は願ってもない状況だよね。

編 それにしても能力的にどうかなと……

石 足りるでしょう。いままでG1でもあわやのシーンを演じたこともあるし、スムーズに自分の能力さえ出し切れば好勝負できるよ。

編 そのためにも少頭数が望ましかったと。

石 そうね。前に行けるスピードのある馬だし、同型もいない。楽をさせてたら危険な一頭だと思うよ。仮に後ろからの競馬になっても、予想されるスローなら前との距離もひらかないから、この馬の瞬発力をもってすれば外から差してこられるしね。

編 なるほど。では現時点ではこの2頭に注目ということで、ではこのあとの勝負予想の配信もよろしくお願いします。どうもありがとうございました。





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR