単勝二頭流 ダービー穴馬も目黒記念穴馬も公開!



石橋 武(以下、石) すみません、今週も1日遅れになってしまって。

書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) さすがにダービーウィークという感じで忙しそうですよね。

石 ええ、ちょっといろいろと立て込んじゃいまして。

編 予想のほうは大丈夫なんですか?

石 もちろん(笑)。ダービーと言ってもやることは普段と変わらないですからね。

編 そんなもんですか。

石 そんなもんですよ(笑)。そりゃダービーを当てたからといって配当が倍になるわけじゃないですからね。ただ、皆さんがものすごく注目していますし、勝負予想の見解は普通のレースよりも詳しく書こうかなと思っていますけど。

編 先週の完璧的中だったオークスもそうですけど、G1ではわりと厚めに見解を配信していますよね。

石 注目している人も多いし、本命以外の馬もどういう理由で買うのか、買わないのかって気になると思うからね。結果、いらないって言った馬に走られて大恥をかくこともあるんだけど、それでも説明はしたいなと。

編 読んでいるほうはすごく納得できるので、安心して馬券を買えますよ。たしかに強気にいらないって言った馬が走ることがありますけど、逆に先週のオークスは、本命馬2頭(人気馬◎シンハライト、穴馬ペプチドサプル)とチェッキーノ、ビッシュで決まるんだろうな〜と感じましたし、そのほかにもなんでこの人気馬を切ってるんだろうと思って見解を読むと、「あ〜、そういうことか」と。それで実際に凡走したりするんで、そういうところを見るのかと勉強になったり。

石 そう言っていただけると、書いて良かったなと思えるよね。なんかたまに誰か読んでるのかなと思うときもあるので(笑)。

編 読んでますって(笑)。仮に今回は走らなくても、次に穴をあけてくれる馬もいますし、単なる当たり外れだけじゃなくて、次に繋がりますから。あ〜! それで思い出した!

石 なんだよ、いきなり。ビックリするだろ。

編 すみません(笑)。ほら、先週のフィリーウェイSもそのパターンに近いなと思って。

石 そうだっけ?

編 そうですよ。前走の晩春Sで、「この馬が3着だったら100万馬券だったのに〜」とか騒いだのが当時14番人気4着だったホッコーアムールだったんですよ。

石 ああ、そうだね。そりゃ1400mは走ると思ってるから推すよね。

編 ええ。(ホッコーアムールが4着までだったので)結果、晩春Sは3連単76,290円の的中にとどまったんですけど。

石 十分だろ(笑)。

編 いや、石橋さんとしては低配当なので(笑)。まあ、それはさておき、それが先週末のフリーウェイSですよ。

石 強いのがバレちゃって穴人気になるという(苦笑)。

編 それでも7番人気ですからね。で、しっかり2着に激走ですよ。前走で石橋さんが推していた正しさが証明されましたよね。しかも本命◎ファントムロードが6番人気1着の快走を見せて、3連単18万4,240円を大的中! やっぱ常人とは見ているとこが違うんだなと。

石 大げさか(笑)。しつこく狙っただけだよ。

編 この前(5月7日)の20万馬券といい、先週の18万馬券といい、これからもポンポ〜ンと高配当を固め打ちしてきそうです。石橋さん、そういう高配当連発が多いから。

石 そうね、弾みをつけて的中ラッシュと行きたいですね。

編 よろしくお願いします! ということで今週のレースなんですけど、ダービーについてはスポーツマスターの編集部通信で公開中ということで。

石 はい。誰でも無料で見られるので、興味のある方は覗いてみてください。

編 ですね。さっそく読ませていただきましたけど、意外な馬名が挙がっていましたね。

石 そう? ま、あとは枠順と馬場状態でどういう評価になるかだね

編 ええ、そのあたりはそれこそ勝負予想の見解でお願いできればと。で、こちらの対談なんですけど、目黒記念ということでいいですか?

石 もちろん。

編 では目黒記念の注目穴馬についてお願いします。どんな馬に注目すればいいですか?

石 もうこれは簡単で、多少ズブくてもいいのでスタミナのあるタイプ。もちろん軽い東京芝なので、それなりのスピードはいるけれど。

編 でもダービーではスピードタイプを推していましたよね。たった100m違うだけでもいきなりスタミナ系になっちゃうんですか?

石 わざとらしいほど素晴らしい質問だな(笑)。

編 ありがとうございます(笑)。

石 これはスタート位置が大きく影響しているんだと思うんだけど、東京芝2400mは坂の途中、坂を上り切るちょっと前からのスタートになるんだけど、東京芝2500mは坂を上り始めるあたりにスタート地点がある。つまり芝2500mの場合は、スタート直後と1周回って最後の直線とで2度の坂超えがあるんだ。これがスタミナを消耗させるんだよね。だから最後はスタミナがものを言う。

編 そういうことか〜。あれ、で石橋さんって、東京の坂なんてあってないようなものってよく見解に書いてませんでしたっけ?

石 突っかかるね(笑)。言ったね。事実そうなんだよ。(芝コースの)高低差は2mくらいあるんだけど、中山とかと違って、なだらかな上りなんだよ。急坂じゃない。しかも直線も長くて勢いもついているから瞬発力が削がれるような坂じゃないんだ。結局平坦コースのようなイメージで伸びてくる。そういう意味で坂じゃないって言ってるんだ。

編 とはいえ、実際は上っていると。

石 そうそう。2mの高低差があるわけだから、実際は坂を上っているよ。しかもこれを2回超えるとなると、やはり体力を消耗するからね。

編 そういうことか〜。となると、具体的にはどの馬に注目すればいいですか?

石 まずはサムソンズプライド。

編 勝ちみに遅いところがありますけど、東京芝コースで【3 3 4 5】と、相性のいいところを見せていますよね。

石 そうだね。その勝ちみの遅さというのが、要は切れ負けしちゃってるんだよね。最後に切れのあるタイプに差されちゃう。2走前もそうだけど、速めのペースで先行してもバテないようにスタミナは豊富なタイプだからね。

編 東京芝2500mに替わるのはかなり良さそうですね。

石 相当プラスだと思うし、実際合うと思うよ。ハンデも54キロと手頃だし、おまけに今週から前が残りやすいCコース。大いに期待できるね。

編 おお、プラス材料ばっかりだ。前走をひと叩きされた上積みも期待できますし、これは楽しみですね。

石 あとはクリールカイザーもチェックしておこう。ちょっとスピードが足りないかなという心配材料もあるけど、この馬もバテない渋太さがある。

編 実際、同コースの東京芝2500mで行われるアルゼンチン共和国杯で2着に好走していますからね(2014年)。

石 そうね。ただ、季節的なこともあってアルゼンチン共和国杯のほうがスピードが必要ないんだ。だから好走したとも言えるわけで。ただ、当然この舞台が合わないわけではないし、枠順、ペース次第では大いに期待できる一頭だよ。

編 これは週末の評価に注目ですね。

石 あとはスーパームーン。これもアルゼンチン共和国杯の好走組だけど、(東京芝2500mを走れるタイプとしては)スピードもあるし、斤量の56キロも恵まれた感がある。楽しみな一頭だよ。

編 勝ちみに遅いタイプが面白いという感じですね。

石 そうだね。上位に走ってくるけど、切れ負けして惜敗。穴馬としてはそんなタイプを狙ってみたいなと。

編 わかりました。では、ダービーも含め、今週もフリーウェイSのような高配当を期待しています! どうもありがとうございました。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR