単勝二頭流 フローラS、大荒れの予感!

書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、桜花賞、皐月賞とクラシック第一弾が終わったわけですが、感触としてはどうです?

石橋 武(以下、石) 両方とも外してるからね(苦笑)。感触を聞かれると、針のムシロ?

編 いやいや、皐月賞は3連複が当たってますから。先週のこの対談でも勝ったディーマジェスティ(8人気)をばっちり推していたじゃないですか。

石 あれな〜。見解にも書いたけど、内めの枠だったら穴馬の本命だったのよ。……タラレバ言っちゃダメだね。すみません、あの単勝は買えませんでした。

編 それがよりによって大外枠(苦笑)。見解にも悔しさが滲み出ていましたよ(笑)。ただ、対談でもお話ししていたように、能力と適性、そして展開もしっかり掴んでいるのはわかりますからね。次に期待です。

石 はい、きっちりお返しさせてもらいます。

編 ホントですよ。ま、石橋さんなんで心配はしてませんけど(笑)。さて、今週からは舞台を移して東京・京都開催。心機一転、がんばっていきましょう!

石 改めてよろしくお願いします!

編 さて、今週は土曜日に福島牝馬S、日曜日にマイラーズCとフローラSが予定されていますけど、ここではどのレースに注目しましょうか?

石 3歳戦の借りは3歳戦で、というわけじゃないけどフローラSにしようかなと。

編 3歳戦の借りは、なんて冗談めかして言ってますけど、相当悔しかったみだいですね。

石 うるさい。あんな3連複で満足できるか。あのディーマジェスティを本命に指名しなかったのは一生の恥。普通の配当じゃ我慢できんでしょ。

編 まあ、そういきり立たずに(笑)。いつものようにふんわりと始めますよ。はい、フローラSの注目穴馬を教えてちょ。

石 それはふんわりしすぎ(笑)。

編 はい、いつものペースに戻ったところでスタートです。まずはどの穴馬からチェックしていきましょう?

石 まずはフロンテアクイーン。

編 前走、クイーンCで2着に好走しているだけに人気が心配ですけど、まあギリ良しとしましょうか。

石 そうしてくれ(笑)。とはいっても、5、6番人気だと思うよ。単勝も10倍くらいつくんじゃないかと思ってるんだけどね。

編 たしかに人気になりそうな馬がけっこういますからね。で、このフロンテアクイーンを推したのは前走のクイーンC2着好走を評価してということですか?

石 もちろん今回と同じ東京コースでの好走だけに評価はするけど、それよりも中山での走りを評価したいなと思って。

編 え? 中山なんですか? 石橋さんの著書『単勝二頭流』でも同コースの実績が大切って書いていましたよね。となると、中山と東京じゃ全然違う気がするんですが。

石 ああ、ゴメン。言葉が足りなかったね。そう、本にも書いたように同コースで実績は非常に大切。ただ穴馬探しという意味では、他の要素にも目を向けないといい馬が見つからないんだよ。例えば同コース実績の優れた馬は、人気になることも多いでしょ?

編 たしかに。基本は大事なのは当たり前で、その次に何を見るのかということですね、要は。

石 さすが説明上手。そういうことです。

編 で、フロンテアクイーンについて、中山での好走に何を見たんでしょう?

石 あの力の要る馬場でのパワフルな走りだね。暮れから春にかけての、力の要る中山で好走しているのがいいんだ。反対にデビュー戦で軽い新潟で負けているのもいいし、秋のパンパンの中山で負けているのもいい。

編 えっと、もうちょっと詳しくお願いします。フローラSはそういう馬に向いているということですか?

石 そうそう、そういうこと。東京芝コースって、春と秋とで馬場が違うんだよね。基本的に秋はスピードタイプが活躍しやすい馬場で、春はパワーのあるタイプに向いているんだ。春は芝が成長する時期で、長めということなんだろうけど。さらに近年は馬場づくりが変わってきていて、エアレーションやシャタリングで開幕週からかなりクッションの効いた馬場になるから、余計にだよね。

編 たしかにフローラSで好走した馬って、以前にパワータイプの馬が多い気がしますね。

石 気がするんじゃなくて、実際に多いの(笑)。たとえば去年の勝ち馬シングウィズジョイ。新馬戦からかなりタフな中京を好走して、秋の軽い東京では凡走していたでしょ。

編 あ〜、たしかに。でもシングウィズジョイは人気馬ですからね。もともとの能力が高いと言えないですか?

石 お、なかなかいいツッコミ。じゃあ、もっと人気がないところで、一昨年の3着馬マイネオーラム。

編 おお、13番人気でしたね。

石 この馬がフローラSまでに勝ったのは稍重の新潟と、同じく稍重の中山。一概に稍重だからパワーを要したというわけではないけど、実際にスピード勝負になったレースではぜんぜん勝負にならずに、時計がかかると上位に伸びてくる。フローラSのあとも稍重とか、あとは時計のかかる福島、中山とかそういうところでしか走ってない。

編 ほんとだ〜。わかりやすい馬だ(笑)。

石 フロンテアクイーンはここまで極端ではないと思うけど、フローラSの傾向には合っていると思うよ。

編 休み明けというのも人気の盲点になりやすそうですし、期待したいですね。

石 そうね。続いてはアグレアーブルに注目。

編 前走は東スポ杯2歳Sで7着。牡馬相手の競馬だったとはいえ、そのあたりは大丈夫なんでしょうか。

石 わからん。

編 えっ?

石 わからない。というのもその前走も含めてキャリアはまだ2戦だし、今回は4カ月の休み明け。この馬がもっとも成長する時期に4カ月のブランクがあったら、どう変わっているかわからないところがあるから。もちろん良くも悪くもね。

編 じゃあ、なんでそのよくわからない馬を推すんですか?

石 わからないのは状態面。成長度とか、デキとか。成長していないかもしれないし、気性的に悪くなっているかもしれない、デキがいまいちかもしれない。そういう可能性があるということ。これがキャリアのある馬だったらどういう成長曲線なのかとか、1週前の調教とか、そういうのでわりと把握できるんだけど、この馬はキャリアが浅いから。ただし、能力面では強く推せるよ。

編 たしか新馬がけっこうなメンバーが揃っていたんですよね。それもあって、前走では牝馬ながら3番人気に推されちゃって。それでよく覚えてたんですよ。人気でコケやがってと思って(笑)。

石 そうそう(笑)。ただ、7着に負けたのは事実なんだけど、キャリア1戦の馬が牡馬の一線級に囲まれて、動くに動けないというかなり厳しい競馬だったんだよね。道中もずっとマークされていたし。それに追い出されてからも、一気に離されたわけじゃない。厳しいなかでも脚を伸ばそうとしていたからね。

編 能力的に負けたわけじゃないと。

石 うん、キャリアの浅さが出ちゃった印象だよね。新馬戦では、評判馬を相手に外々を回って圧勝しているし、力の要る馬場もこなしている。牝馬限定重賞なら能力は上位のものがあるよ。あとはさっき言った状態面がどうか。まあ、そのあたりは週末の勝負予想でお話しできればと。

編 では最後にもう1頭おねがいします。

石 それはもうクロコスミアでしょ。

編 阪神JF8着、チューリップ賞7着と早熟というか、底を見せたかなと思うんですけど。

石 だからダメなんだよ(笑)。阪神JFは精神的なものもあったのかな。続けて使っていたし。道中ずっと行きたがってたよね。度外視でいいよ。それよりも前走。これはおいしすぎるでしょう。

編 どういうことですか?

石 前走はワンツーは差してきたシンハライトとジュエラーだったんだけど、レースの流れ自体はスロー。上の2頭はのちに桜花賞をワンツーしたわけで、要は能力が抜けてたんだよね。で、その2頭を別に考えると、普通は差してこれない流れだったんだよ。

編 ああ、たしかに先行馬が残る流れでしたよね。

石 クロコスミアは出遅れて後方からという競馬で、最終的には差して届かずの7着。でも上がり3ハロンのタイムは上位2頭と0.1差の33.1秒。つまりスローの前残りの展開で差しきれなかったというだけなんだよね。

編 あ、ホントだ。意外と単純な負けだったんですね。

石 そう、単純なのよ。でもご承知のとおり、競馬はその単純なことが往々にして起こるし、単純な理屈で巻き返すことも多いでしょ。

編 たしかに。

石 今回は権利取りのレースだから前がかりの展開になりやすいし、穴狙いのベタな法則だけど、前走スローで差し届かず→人気を落としたところで狙い撃ちというのがハマりそうなんだよね。

編 この2戦で見切ったファンも多いでしょうし、これは配当的に楽しみですね。

石 そうね。現時点ではこの3頭に注目しつつ、あとは週末の勝負予想をお待ちいただければと。

編 わかりました。では今週末もよろしくお願いします! どうもありがとうございました。





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR