単勝二頭流 クラシックスタート! 第一弾桜花賞の穴馬はこれだ!

書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、先週も船橋Sとか土曜の中山最終、日曜の伏竜Sとかちょっと堅い的中が多くて、そろそろ本気で高配当が欲しくなってきました。

石橋 武(以下、石) 配当というよりも、的中が物足りないよね。

編 推した馬は軒並み馬券に絡んでいるんですけど、最後の一歩が足りないというか、「競馬だしそういうこともあるよね」という負け方ではあるんですけどね。本命馬が包まれたり、ハイペースに巻き込まれたり……。

石 そうなんだよね。まったく見当違いの馬を挙げているわけではないので、いや、なかにはそういうレースもあるんだけど(苦笑)、嫌な流れだな〜とかも思っていないし、心配もないんだけど、皆さんからしたら「どうなってるんだ!」という話だよね。反省しています。

編 まあ、流れひとつでウン十万という惜しいレースもありますから、僕も心配はしてないんですけど。1年を通じて儲けさせてくれるのはわかっているので。とはいえ、そろそろデカイところをお願いしますね。

石 そうね。ここでグダグダ話しするより、高配当的中でお返しさせていただきます。今週から連続G1になるし、懲りずにご注目いただければと。

編 大丈夫です。スポーツマスターの勝負予想のお申し込み、過去最高をマークしていますから。やっぱり皆さん、石橋さんの強い時期を知っているんですよ、こういう注目のレースが続くとか、あとは先週みたいに負けた後の超高配当巻き返しというのも皆さん知っていますからね(笑)。

石 巻き返しを期待していただくのはありがたいよね。ただ、その前にコンスタントに当てろという話ではあるんですけど(笑)。

編 その通り。今週はG1桜花賞も含め、ビシッと決めていただきます。

石 はい。

編 ではそろそろ本題の桜花賞の話なんですけど、ぶっちゃけ堅くないっすか(笑)?

石 能力的にはシンハライト、ジュエラー、メジャーエンブレムの3頭が一歩リードというのは事実。ただ、絶対的な3強というわけじゃないよ。この3頭で決まる可能性もそりゃ競馬だからゼロではないけど、3頭の脚質を考えても間に1、2頭入ってくる余地は十分あるよ。来週の皐月賞は堅いかもしらんけど(笑)。

編 来週のことは来週聞きます(笑)。状況変わるかもしれませんしね。じゃあ、桜花賞で3強に付け入りそうな穴馬、教えてください。

石 はい。まずはウインファビラス。

編 桜花賞と同じ舞台の阪神JFでは2着に好走しましたけど、前走のチューリップ賞でまさかの10着。そのあたりはどうなんでしょう。

石 チューリップ賞ではあまり高く評価しなかったように、明らかに叩きの一戦だったよね。調教も足りてなかったし、とりあえず本番前に一回使っとくかみたいな感じだった。

編 じゃあ、前走の負けは気にする必要はないと。

石 全然気にしなくていい。むしろあれで人気を落とすならラッキーでしょう。

編 あ、そういえば10番人気2着に激走した阪神JFでは本命に推していましたよね? 好走した阪神JFで高く評価して、凡走のチューリップ賞ではしっかり評価を下げる。完全に手の内に入れているじゃないですか。あ、もっとさかのぼっても、5着のアルテミスSでは△扱いで、12番人気2着に激走した新潟2歳Sでは本命◎にしてるじゃん! お〜、すげ〜! ふたケタ人気で激走した2鞍とも本命◎だったんだ。

石 ああ、言われてみればそうだった。でもその新潟2歳Sが高く評価できる内容なんだよね。阪神JFのときの見解にも書いたけど。

編 あ、ちょっと手元に資料があるので、読み上げますね。

「◎ウインファビラスは、新潟2歳Sでの競馬ぶりが同馬の能力の高さを見せつけるものだった。スローペースのなか折り合いに専念しつつ前につけると、勝負どころで一気に加速。勝ったロードクエストは別格だとしても、他馬よりも速い仕掛けから新潟の長い直線を最後まで伸び切った。スローペースからの急加速、そしてそのスピードを維持するというレースの流れは、今回の阪神JFと同じで、そういう競馬を経験している強みは必ず活きてくる。前走のアルテミスSは久々のぶんか、追い出されてからの反応があまりよくなかったが、ひと叩きされた今回は調教からも上積みが感じられ、新潟2歳Sのようにスッと加速できるだろう。今の阪神芝コースは力を要する馬場で、内のほうが伸びている。外めの枠には入ったが、前につけても、中団からでも競馬ができる自在性は今の阪神では非常に有利。前走からの巻き返しは十分可能だ。」

編 かっこいい〜。

石 まあでも要するに今回も同じなんだよね。もともと使って良くなるタイプだし、さっきキミが勝手に読み上げたように、適性もばっちり。どの馬も阪神JF時より成長しているし、当時は出走していなかった馬もいるけど、桜花賞のほうがより厳しい流れになることを想定したら、この馬にとってはさらに資質を活かしやすい競馬になるからね。

編 そうか〜。これは楽しみだな〜。石橋さんが本命◎に推してくるのか、はたまた△か。本命◎だったら超テンション上がるわ。

石 まあ、さすがに今回はふたケタ人気はないだろうけどね。

編 上が人気を吸ってくれるぶん、十分つくでしょう。期待大ですね。

石 あとはカイザーバルもチェックしておこう。抽選対象ではあるけど、出てきたら怖い一頭になるからね。

編 チューリップ賞は6着でしたが、見どころはありましたよね。

石 そうなんだ。この馬は気性的な難しさがあるんだよね。で、実際チューリップ賞では出遅れちゃった。それまでは先行して結果を残してきただけに、戸惑いながらの競馬だったろうに、それでも最後は速い上がりを使ってきたからね。

編 たしかに。

石 で、前走は君子蘭賞でメンバー中最速の上がりでしっかり勝ち切ってきた。チューリップ賞こそ差し届かなかったけど、これで阪神芝では【2 0 0 1】と、阪神芝コースは合うよね。前めの位置からスッと加速できる強みは桜花賞では大きな武器。流れ次第では馬券圏内に食い込んでくるよ。

編 お母さんのダンスインザムードも桜花賞馬ですしね。
※ 編集部注:カイザーバル号は残念ながら抽選除外となりました(この対談は月曜日に行われています)。

石 あとはラベンダーヴァレイ。

編 チューリップ賞で10番人気3着。石橋さんも本命に推していました。

石 なんか本命に推したことがある馬を勝ってるだけじゃんと思われたらイヤだな(笑)。

編 誰もそんなこと思いませんって(笑)。むしろ本命馬がしっかり結果を出しているからこそ、次も推せるわけで。

石 あ、その考え方いいね(笑)。とまあ、それはさておき、ラベンダーヴァレイは、前走のチューリップ賞で先行して3着。最後はシンハライト、ジュエラーという強力差し馬のキレにやられたけど、器用に先行して馬群の間を抜ける根性も見せた。そして上がりも33.7をマーク。ゴチャつきがちな3歳G1でこの大人びた競馬ができる強みは計り知れない。

編 過去3戦、すべて上がりは33秒台なんですよね。

石 そう。残り2戦は東京なので、速い上がりは出やすいけど、メンバー中上位の上がりを使えているんだよね。先行してもシュッとキレるのはいい。この馬にもチャンスはあるよ。

編 わかりました。ではとりあえずこの3頭に注目しておきつつ、週末を待つことにしましょうか。じゃあ、マジで巻き返しお願いしますよ。高配当ですよ、高配当。

石 わかってますって。僕としてもこのまま引き下がれないし、ましてや勝負予想が過去最高のお申し込みと聞いた日にゃ、どのレースもいい穴馬をみつけてこないとね。頑張ります。

編 そうですよ。石橋さんの予想を読んでおいて良かったと、皆さんに実感してもらいましょう。よろしくお願いします!




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR