春のG1戦線、開幕ですっ!

書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) びし……、石橋さん、いよいよ春のG1シリーズの幕開けですね。

石橋 武(以下、石) 出だしから噛むとか、マジあり得ないから。どんだけテンション上がってるんだという(笑)。

編 すみません(笑)。でもやっぱりテンション上がるでしょ〜。今週末は高松宮記念、1週あいて桜花賞、その翌週は皐月賞とG1が続きますから。

石 でも皐月賞は堅いからうんたらかんたらって文句ばっかり言ってたじゃん(笑)。

編 たしかに(笑)。でも石橋さんの話を聞いてたら、堅いなりにも一頭伏兵が入ってくれば妙味はあるのかなと。

石 そんな話したっけ? したか(笑)。現時点、というか皐月賞に関してはきさらぎ賞を勝ったサトノダイヤモンドと、弥生賞の1〜3着馬マカヒキ、リオンディーズ、エアスピネルの4強という味方をしているけど、若葉Sで権利を取ったアドマイヤダイオウ、ナムラシングン。そしてスプリングS組も勝つかどうかはさておき、4強の一角を崩す可能性はある。大荒れはないにせよ、2、3着次第では妙味もあると思うよ。

編 「2、3着次第では」というところに勝ち馬は決まっている感が出てますね。

石 そうね(笑)。穴馬の本命、人気馬の本命ともに決まってるかな。ちょっと適性と能力が違うかなと。あ、ただ、あくまでも現時点でね。これから3週間、確実に順調にいくという保証もないし、馬場、枠順にもよる部分はあるから。

編 で、実のところ、その現時点でマークしているのはどの馬なんですか?

石 言えない。

編 いや、ふんわりとでいいので。

石 なんだよふんわりとって(笑)。人気馬の本命はサトノダイヤモンドにする予定だけど、それもこれから変わる可能性あるし。

編 言っちゃってるし(笑)。

石 あ、まあ、あえて言ってみたということで(笑)。でも、ホント変わる可能性があるので、それは承知しておいてね。というか、皐月賞よりも……

編 桜花賞ですよね? 荒れるって言ってましたし。

石 メジャーエンブレムの1強じゃないよって言っただけじゃん。

編 メジャーが抜けているわけじゃないって言ってましたよね。

石 クイーンCの着差(5馬身)は鵜呑みにしないほうがいいという意味でね。でもまあ、強いけど抜けてはいないでしょ。というか、その前に話すべきは今週の高松宮記念でしょ。

編 たしかに(笑)。では本題に映りまして、現時点での注目穴馬についてお聞かせ下さい。

石 了解。じゃあ、まずはヒルノデイバローから。

編 いきなり意外すぎるところから攻めますね。

石 意外じゃないと穴馬にならないので(笑)。

編 でもどのあたりを評価したんですか? ずっとダートで走ってきて、芝は前走で3戦目ですけど。

石 ダートで走ってきたというのがいいんだ。

編 たしかにダートでは馬券圏内を外したのが1回だけと、抜群の安定感でしたけど……。でも、なんでダートで走ってきたのがいいんですか?

石 芝1400mでダートも走れる馬を狙うのと同じ理由なんだよね。中京芝1200mはスタート後100mくらいからずっと下りが続くんだ。で、長い直線を走りつつ急坂があるというコース形態。

編 ですね。

石 つまり、下りでスピードが落ちないまま長い直線、急坂を迎えることになるんだ。で、そういうコースで求められるのは?

編 持続力だ。

石 そう。スタートから速い流れについていけて、さらに急坂を上ってゴールまでしのぐ持続力が求められるんだ。

編 スタートからヨーイドンで前にいくダート戦みたいな競馬になるんですね。

石 もちろんペースによるところも多いんだけど、穴をあけるのはこの手の持続力タイプが多いよね。

編 中山芝1200mと共通するところがありますね。

石 まあね。ただひとつ注意しなければならないのが、中京芝1200mの場合、坂を上り切ってからもゴールまで1ハロンくらいあるんだ。ここで瞬発力を発揮する馬もいるので、持続力タイプだけを狙うのは危険だよ。

編 あ、なるほどね〜。

石 まあ、そういう(瞬発力タイプの)馬は人気馬に多いので、現時点で特に注意というほどのことでもないんだけど。

編 じゃあ、そのあたりの人気馬については週末の勝負予想でお願いします。ただヒルノデイバローに関しては、芝を走ったここ2走が7着、8着という戦績で……。

石 2走前のシルクロードSは出遅れ。でも上がりはメンバー中最速で芝への適性は示しているし、前走の阪急杯も後方からの競馬になったけど、前が残る流れ、内回りでよく差してきたと思うよ。着順ほど負けていないしね。

編 たしかに。

石 今回もスタートで送れる可能性はゼロじゃないけど、これだけの人気薄だし、出遅れたら出遅れたで瞬発力を活かせるタイプでもあるしね。リスクよりも、楽しみのほうが大きいでしょ。

編 そうですね。では続いてマークしておきたい馬は?

石 レッツゴードンキかな。

編 前哨戦の阪急杯は6着。逃げたミッキーアイルに続く2番手でレースを進めましたが、最後は馬群に飲まれてしまいました。

石 まあ、勝ち馬とは0.2差だし、休み明けでプラス10キロの影響もあったかなと。それよりも距離短縮で走りやすくなったことのほうが大きいよ。

編 去年はクラシック路線に進みましたが、やっぱり距離への対応は厳しかったですもんね。

石 そうね。同世代だとマイルくらいまではなんとかなるけど、やっぱり短距離のほうが合ってるよね。

編 スプリント戦への対応は問題ないと。

石 問題どころかプラスでしかないよ。

編 じゃあ、コースへの適性は? 中京芝コースは初めてですよね。

石 もちろん走ってみないと、という部分はあるにせよ、阪神の急坂は全然苦にしなかったし、1200mなら長い直線も問題ない。楽しみな一頭だよ。

編 わかりました。では最後の一頭をお願いします。

石 サドンストームを挙げさせてください。

編 どうぞ(笑)。去年の高松宮記念では4着と善戦していますし、同コースのCBC賞でも3着に走っていますよね。

石 CBC賞は去年もだけど、13年にも3着に好走しているんだよね。追い込みという脚質的にも直線が長く急坂があるという、先行馬がタレやすいコースは合ってる。そもそも一瞬のキレで勝負する馬ではなくて、持続力を生かして徐々に加速していくタイプだから緩急のつく流れよりも澱みのない流れで脚を伸ばす競馬がいいんだよね。

編 たしかに同じ中京芝1200mでも前半3ハロンのほうが遅かった尾張Sでは凡走していますもんね。

石 そう。単にスローで差し届かなかったというより、スローからの急加速についていけないんだよね。スローだから脚がたまりやすいだろうとか、そんな単純な話じゃない。

編 なるほどね〜。ただ、ひとつ問題が。

石 はい、除外対象なんだよね(苦笑)。エアロヴェロシティが回避してちょっとだけ出走に近づいているんだけどな〜。

編 まあ、待つしかないですよね。
(※サドンストームは正式に除外が決定致しました。ちなみにこの対談は火曜日に行われています)

奥 そうね。とりあえずはこんな感じかな。あとは週末に向けてより精度を上げて取捨していくという形になるので。

編 そうですね。実質、春のG1一発目での大花火、期待してま〜す。

奥 そうね。高配当も期待できるメンバーだと思うし、次の桜花賞へ向けて弾みをつけられればと。

編 ええ、よろしくお願いします!





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR