単勝二頭流 中山牝馬Sの穴馬はこちら!

書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、いきなり先週の話なんですけど、あの弥生賞を見ると、さすがに今年の皐月賞は上位馬で決まるかなという印象を受けちゃいますね。穴馬の出番がないというか。

石橋 武(以下、石) まあ、(穴馬の台頭は)ゼロではないにせよ、厳しいのは事実だろうね。あの3頭に加えてサトノダイヤモンドもいるし。

編 石橋さんは新馬を勝った時点でサトノダイヤモンドを評価していましたよね。

石 そうね。新馬と500万下を勝ち上がったレースもかなり強かったし。現時点では相当な能力の持ち主だと思う。ただ、それだけで勝てないというのも競馬なんだけどね。

編 だから競馬は難しい。

石 だから競馬は楽しい(笑)。

編 石橋さんらしい(笑)。

石 で、先週の弥生賞に関してちょっと言っておくと、あのレースは少頭数で、しかも速いペースで流れたよね。

編 ええ。

石 馬群がバラける形で上位馬の実力を発揮しやすいレースになったということもあるし、あとはエアレーションの影響で差せる馬場だったことが有利に働いた馬もいる。本番の皐月賞は中山最終週で、今までの傾向からすると馬場が踏み固められて内が伸びる馬場になるだろうから、その影響を考える必要はあるよね。枠順もかなり大切になってくるんじゃないかな。

編 じゃあ、穴馬が台頭してくる余地はあると。

石 穴馬となるとどうか……という気もするけど(笑)、中山芝2000mはクラシックのなかでいちばんマギれが起こりやすいコースなのは間違いないし、なにかあるかもという疑いの意識は持っておくべきでしょう。

編 その場合に台頭してくる穴馬も考えていると。

石 なにか起きたときの対策はね。ただ、さっきの4頭が揃いも揃って力を発揮できないということはまずないだろうから、(仮に力を発揮できない馬がいたとして)残る1議席をどの馬が取るか、みたいなイメージかな。まあ、当日の天気と枠順を見ないことには、現段階ではちょっと「これが穴馬だ!」とは言いづらい。

編 弥生賞で穴馬に推したタイセイサミットも力は見せましたけど、4着でしたしね。

石 トライアルだけに付け入る隙はあると見ていたけど、上位3頭とは現時点の能力にはちょっと開きがあったね。

編 ただ、石橋さんが印を打った5頭が掲示板を独占していましたよね。

石 まあ、1〜5番人気に印を打っただけだろと言われればそれまでだけど(笑)。でも、勝負になるのはあの5頭だけだったから。

編 ああ、たしかに1〜5番人気だ(笑)。一方の桜花賞トライアル・チューリップ賞は穴馬の本命に◎ラベンダーヴァレイ(10人気)を推して、見事に3着と相変わらず激走穴馬をピックアップしていますよね。

石 ん〜、『単勝二頭流』と言っているだけに、勝ち切らないと、という思いはいつもあるけど、ああいう穴馬が走るんですよというのは見てもらえたのかなと。ん〜、でも到底満足はできないですね。

編 もちろん僕らもこれで満足してもらっちゃ困るというのはありますけど、僕なんてノーマークでしたからね。ラベンダーヴァレイは。

石 でも強い競馬だったでしょ。さすがにあそこまでペースが速くなるとは思わなかったけど。

編 ええ、いままでのチューリップ賞のレコードを大幅に(0.9秒)縮めましたよね。07年のウオッカの。

石 それを先行して3着だからね。馬の間を割る根性もいいし、楽しみだよ。なんか去年のチューリップ賞で2着になったアンドリエッテっぽいよね。

編 ああ、身体も小さいし、同じディープインパクト産駒だし。

石 それもそうだけど、臨戦過程も、競馬ぶりもね。ただラベンダーヴァレイのほうが器用さを感じるので、桜花賞で展開に左右される要素は減らすことができる。去年の桜花賞はどスローの流れで、後ろからいくアンドリエッテにはかわいそうな展開だったから。そういう意味ではラベンダーヴァレイには引き続き注目しておきたいなと。

編 なるほど。ちなみに牝馬路線はメジャーエンブレムが頭ひとつ抜けている印象ですが。

石 実績的にはもちろんそうだよね。ただ、僕は巷で言われているような一強とは全然考えていないかな。

編 ほかに台頭してくる馬がいると。

石 台頭してくるというか、そんなにメジャーエンブレムが抜けている印象がない。たしかに強いけど、前走のクイーンCもあまりにもラクな展開になったし、逆にその展開のせいで力を発揮できなかった馬もいる。チューリップ賞も上位2頭には向いた展開になったとはいえ、去年じゃないんだから、本番の桜花賞もある程度流れるだろうから。

編 メジャーエンブレムにとっては厳しくなり、他馬にとっては力が出しやすくなるという。

石 もちろん力を出しやすくなる馬ばかりじゃないし、メジャーだってそのあたりの対策はしてくるだろうけどね。ただ、さっきも言ったけど能力差はそんなに感じないよ。

編 荒れるとしたらこっちか……

石 誰も荒れるとは言ってないけどな(笑)。まあ、高配当が出てもおかしくはないし、今週末のフィリーズレビューの結果も含めてどうなるか、楽しみなレースだよ。

編 そうですね。で、そのフィリーズレビューですが……

石 あ、フィリーズレビューの注目穴馬はスポーツマスターの編集部通信で公開しているのよ。なんかクラシック特別企画的なのをやっているとのことで。興味のある方はそちらをご覧いただければと。

編 お、ナイス、スポーツマスター。誰でも読めるというのが、いいですよね。

石 まあ、僕にとっては、外れたら恥をより多くの方に拡散しているようなものだけど(笑)。

編 じゃあきっちり当ててもらいましょう(笑)。さて、じゃあこちらは中山牝馬Sでいきますか?

石 そうですね。お願いします。

編 では改めまして、中山牝馬Sの注目穴馬を教えてください。

石 はい、まずはクインズミラーグロですね。

編 3走前に中山内回りで紫苑Sを勝っていますよね。こういう小回りコースは向いているんですかね。

石 かなり向いているでしょう。その紫苑Sも含めて中山芝コースでは【2 1 0 0】とパーフェクト連対で、中山自体も得意だし。それにこの馬は上がりのかかるコース、レースでメンバー中上位の上がりを繰り出せる持続力タイプというのもいいよね。

編 このレースの上がりって、いつも35秒台後半から36秒台前半ですもんね。

石 そうなんだよ。33秒台の上がりで瞬発力を発揮できるタイプじゃないけど、こういうレースは得意。現に2回だけ走った東京コースでは大して速い上がりを使えず、着順も他のコースより落としているよね。

編 そうですね。道中のペースが緩みにくいコースのほうがいいんですね。

石 そう、スローからの急加速には向いていないんだ。ここ2走はスタートで不利があったりと力を発揮できていないけど、それだけでここまで人気を落とすのはラッキーすぎる(笑)。この馬向きのコースで、ハンデ戦なら重賞でも好走が期待できるよ。

編 いいですね。このままバレずに人気薄のままいってほしいですね。

石 続いてはキャットコインに注目。

編 去年の春以降、あまりいいレースができていませんけど……

石 まあ、だからこそ穴馬になるんだけど、たしかに桜花賞、オークス、秋華賞のG1はともかくとして、前走は着順だけみるとちょっと残念と思われても仕方ないかも。

編 ええ、ターコイズSならなんとかなるという意味での5番人気だったんでしょうけど。

石 ただ、着順こそ13着だったけど、あのレースはトリッキーな中山マイルで超スローペース。後ろからいったキャットコインにとってはどうしようもない展開になっちゃったからね。実際、上位3頭は4コーナーで2、5、1番手の馬だったわけで。

編 たしかに。

石 ただそれでも、G1よりはまともに走れていたというか、復調してきているんじゃないかな。これは今週の追い切りも含めて確認すべきところだけど。

編 でも石橋さんは前走を見た時点でそう感じたと。

石 そうだね。この馬が勝ったひいらぎ賞とか、クイーンCを見ても厳しいなかで爆発力のある末脚を繰り出せるのは、このコースを攻略するうえで大きな強み。ひいらぎ賞での競馬ぶりからも中山コースを苦にするどころか、むしろ得意だと思うし、ここは復活のチャンスでしょう。

編 近走の惨敗でハンデも手頃でしょうしね。今回は相当人気を落とすと思いますので、この馬が走ってくれば自ずと配当も期待できますね。

石 あとはハピネスダンサーもチェック。

編 中山ではミモザ賞(芝2000m)を楽勝していますよね。

石 そう、好位からラクに抜け出すというセンスのある走りだったよね。中山を苦にするタイプじゃないのは明らか。

編 ただ、気になるのが2走前に同じ牝馬限定戦の愛知杯を惨敗しているんですよね。

石 あのレースは内に閉じ込められて、抜けるに抜け出せなかったから。フェリーチェレガロにガンガン当てられているように見えたし、そのあとも前が詰まって全然追えなかった。あれは度外視でいいよ。前走の小倉大賞典も向こう正面で前に入り込まれたりとチグハグな競馬になっちゃってるから。この2走でもって重賞の壁が……なんて考える必要はない。さっきも言ったように、中山コースは上手いし、牝馬限定重賞なら勝ち負けになるよ。

編 むしろこの2走で人気を落としてくれるならラッキーですね。

石 そうだね。強いのが一頭出てくるけど、斤量差もあるし、臨戦過程からも逆転の余地は十分にあるよ。

編 お〜、ここまでお話を聞くだけでも、楽しみな一戦になりそうですね。3連単34万馬券となった愛知杯ですら、あっさり的中の石橋さんですから、同じようなメンバーが集まるここも超期待できそうです。

石 ホント今年は愛知杯組が多いよね。愛知杯の時期がちょっとズレたというのもあるけど。

編 ですね。そのぶん各馬の能力とかは、すっかり把握しているでしょうし、そりゃ楽しみってもんですよ。

石 舞台も変わるし、使って変わってくる馬もいるからそのままというわけにはいかないけど……

編 そういう言い訳はいいので(笑)、今回も大きなのを期待してますよ。

石 言い訳じゃねーし(笑)。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR