単勝二頭流【特別編】 重賞3鞍の穴馬公開中!



書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、今週はクラシックシーズン到来を記念して、スポーツマスターさんとの合同企画でお送りすることになりました。

スポーツマスター運営事務局・本田 よろしくお願いします。

石橋 武(以下、石) よろしくお願いします。ただ、クラシックシーズン到来記念って、強引すぎやしませんか?

編 まあ、そうなんですけど、今週末は桜花賞トライアルのチューリップ賞、高松宮記念トライアルのオーシャンS、そして皐月賞トライアルの弥生賞が行われるんですよ。

本田 先々のG1に向けてかなり重要なレースですし、スポーツマスターに会員登録してくださっている方々にも、どういう穴馬に注目すればいいのか知っていただければなと思いまして。

編 ブログだけだと日曜日のレースになっちゃいますからね。

石 つまり、特別企画だと銘打っておけば、3レース分取り上げられるだろうと(笑)。

編&本田 その通りです(笑)。

石 まあ、そんなことだろうとは思いましたけど、スポーツマスターさんにはいつもお世話になっていますし、このブログを毎週読んでくださっている方に感謝の気持ちを込めてということで。

編&本田 よろしくお願いします!

本田 ではここからはブログのお二人にお任せします。

編 了解です。

石 と、その前にひとつ。特に弥生賞がそうなんだけど、現時点で挙げられる穴馬に限りがあるんですよね。なので、1レースにつき3頭というわけではなく、どのレースも頭数にこだわらずに気になる穴馬を紹介するという感じでいいかな?

編 もちろんです。じゃあ、まずは日曜日に行われる皐月賞トライアル・弥生賞からお願いします。

石 了解。このレースは穴馬の台頭がないとは言わないけど、人気上位馬が牙城を崩すのは容易ではない。

編 登録頭数も少ないですし、さっきも穴馬が少ないって仰ってましたもんね。

石 ということで、現時点で推奨する穴馬は1頭。あ、ちなみに勝負予想を配信したとしても買い目は絞るつもり。

編 で、その推奨する1頭というのは?

石 タイセイサミット。

編 朝日杯FSのときに穴馬の本命に推していましたよね。

石 そう、直線の不利もあって負けちゃったけど。

編 まともなら3着はありましたね。というか3着だったでしょうね。

石 まあ、そのぶんを取り返そうかと。

編 前走で走っちゃいましたけど。

石 人気になるだろうから予想の配信も見送ったけど、まあ、あのメンバーなら勝つよね。今回はリオンディーズとかマカヒキ、エアスピネルがかなり人気を被るだろうから、買い目を絞って勝負すればタイセイサミットでも妙味はあるでしょう。

編 ですよね。

石 東スポ杯2歳S、朝日杯FSと2戦連続で不利を受けているように、スッと動けるような器用さはないんだけど、今回は頭数も手頃でこの馬にとっては動きやすい。それに、前走は能力の違いとはいえ、澱みのない流れからメンバー中最速の上がりを繰り出しているのも評価できるよ。

編 ああ、それは石橋さんがこの馬に大して当初から言っていましたよね。この馬は持続力勝負に向いているって。

石 うん、勝ち切れなかったとはいえ、新馬戦の1400m戦、そしてその次走の未勝利戦でその資質を見せていたからね。反対にダービーみたいに瞬発力が要求されるようなレースではツライと思うけど。

編 今回は中山芝2000mですからね。

石 それにメンバーもいいよ。基本的には人気馬に瞬発力を活かしたいタイプが多いし、この馬が早めに仕掛けるような流れに持ち込めればチャンスは大きいと思う。

編 なるほど。では続いて土曜日に行われる桜花賞トライアル・チューリップ賞の穴馬をお願いします。

石 こちらは2頭。まずはデンコウアンジュ。

編 石橋さんは12番人気で勝ったアルテミスSから一貫して高評価ですよね。

石 デビュー2戦目の未勝利戦が相当強かったからね。スローで完全に前残りの展開のなか、直線でフラつきながらもあっさり差し切っちゃったからね。あれで相当な能力の持ち主だなと。

編 実際、アルテミスはほぼ最後方の位置取りから、直線一気の差し切りでした。

石 前走は下がってきた馬に押されて競馬にならなかったんだけど、阪神芝1600m自体は合わないわけじゃない。むしろ差しが効くし、乗りやすいくらいでしょう。

編 そうですね。では、もう1頭のオススメは?

石 カイザーバルが面白いなと。

編 新馬戦で今回と同じ阪神芝1600mを圧勝していますね。

石 先行してメンバー中最速の上がりを使われたら、他馬はどうしようもないよね。

編 ただ、その後の3戦がちょっと物足りないというか……

石 スローからの急加速になる展開はあまり向いていないよね。2走前にしても先に仕掛けられたことで出し抜けをくらったみたいになって、脚は使っているんだけど、追いつけないという。

編 ああ、そうでしたね。

石 折り合いを欠くところがあるのも影響したかな。それはアルテミスSもそうだったんだけど。本来の能力を発揮できないままレースが終わってしまったような、そんな消化不良のレースだった。今回も折り合いを欠く可能性は否定できないけど、あたりの柔らかい四位騎手に乗り替わるのはこの馬にとってはプラス。強気の先行策で好走が期待できるよ。

編 なるほどね〜。たしかに人気を落とすことを考えると(能力的には)おいしい穴馬ですよね。じゃあ、最後にオーシャンSについてお願いします。

石 はいよ。オーシャンSが行われる中山芝1200mは、スタート直後から下っていって、最後の直線に急坂のあるコース。つまりハイペースで進んで、最後に苦しい上り坂という、かなり持久力が要求されるレースなんだ。だからレースラップも明らかに前傾ラップ(前半3ハロンが後半3ハロンよりも速いラップ)となる。

編 じゃあ、このレースではそんなハイペースに強い馬を狙っていけばいいと。

石 その通り。ということでまずはスノードラゴン。

編 一昨年のスプリンターズSの勝ち馬ですね。

石 一昨年のスプリンターズSは新潟芝1200mで行われたんだけど、このレースも前半が速かった。直線は平坦なんだけどね。それに一昨年の高松宮記念も前半が後半よりも3秒以上速い流れで2着に好走。さらに言うと、その前のオーシャンSも前傾ラップを2着に好走しているんだ。

編 あ〜、そうでしたね。

石 他馬が苦しくなってくるところで、エンジンを点火できる強みで、厳しい流れになると浮上してくるんだ。今回もコース形態から厳しい流れが予想される。1年以上の休み明けというのはたしかに割り引き材料ではあるけど、一発には警戒が必要でしょう。

編 なるほどね〜。

石 続いてのオススメがワキノブレイブ。

編 ああ、この馬が好走するのも前半が速くなったときですよね。先行馬なのに。

石 そうだね。瞬発力はないんだけど、先行して粘る競馬が得意だからね。要は他馬が脚をためてシュッと伸びると、あっさり差し切られちゃう。反対に他馬がなしくずしに脚を使わされるとか、苦しくなるレースには強いんだ。そういう意味でも(前傾ラップになりやすい)中山芝1200mは勝ち鞍こそないけど、得意といっていい。

編 ああ、この2戦を見ればわかりやすいかも。

石 ああ、そうだね。良馬場、稍重と馬場の違いはあるけど、2走前はスローペースからの上がり勝負で8着。前走は一転して京都にしては澱みのない流れになって3着。まあ、そういうことだよね。

編 じゃあ、最後の一頭をお願いします。

石 ベルルミエール。1400mでも実績があるように、持続力勝負に強いタイプだよね。短距離戦でも後傾ラップになりやすい京都はあまりよくないからここ数戦の成績はスルーでOK。

編 前半が速かった4走前の北九州記念では3着に好走していますしね。

石 そうね。中山でも重賞で3着の実績があるように、急坂を苦にするタイプでもないし、今回は巻き返してくる可能性は十分だよ。

編 わかりました。いや〜、それにしても3レース分お話をうかがうと、さすがにボリューム感がハンパないですね(笑)。

石 さすがに疲れるわ(笑)。

編 じゃあ、とっとと帰っていただいて、土日の勝負予想に備えていただきましょう。

石 失礼か(笑)。





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR