単勝二頭流 得意の1400m重賞で大穴炸裂か!

書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、今週からは中山・阪神開催。いよいよ本格的な競馬シーズンの到来って感じがしますね。

石橋 武(以下、石) そうだよね。今週末は高松宮記念の前哨戦・阪急杯に3歳限定のアーリントンC、そして古馬中距離戦線の中山記念。来週はチューリップ賞に弥生賞とクラシックトライアルが続いて……って、ホントにあっという間にG1シリーズだよ。

編 2016年のG1緒戦フェブラリーSを落としてますから、次は確実に仕留めておきたいところです。

石 言われるまでもなく。次のG1というか、今週末から改めてビシバシ飛ばしていきますよ。

編 よろしくお願いしますね。先週、僕が勝手に巻き返すなんて盛り上がったものだから、責任を感じてるので。

石 で、僕の当てろと(笑)。

編 まあ、最後は石橋さん頼みということです(笑)。馬券もなにもかも。

石 やりがいがある、と答えておきましょう(笑)。

編 で、さっそくなんですけど、今週はさっき言ったように3つの重賞が組まれていますけど、どのレースを取り上げます?

石 頭数も揃いそうな阪急杯にしようか。あ、それで思い出した。今週、スポーツマスターの編集部通信に呼ばれたんだけど、そこでアーリントンCについて話してきたので、興味のある方は覗いてみていただければと。

編 お、ラッキー。

石 木曜日の夜には公開されるみたいなので。

編 了解です。では、こちらも負けじと始めましょう。阪急杯ですけど、現時点ではどの穴馬に注目していますか?

石 まずはヒルノデイバロー。

編 あれ、芝1400mは初めてですよね。「1400mは距離巧者を狙え」が口ぐせの石橋さんとしては、そこは気にならないですか?

石 全然。というか、1400mで勝ってるでしょ、2走前にも。

編 ダートですよね。ダートの距離実績でもいいんですか?

石 いいよ。1400mに関しては。そもそも僕は「1400mは距離巧者狙い」と同じくらい「芝1400mではダート馬っぽい馬、ダートでも走れるタイプがいい」って言ってるでしょ。

編 ああ、たしかに。

石 もっとも完全にダート馬だとスピード不足で買えないけど。ただ、瞬発力勝負ではなく、一本調子でのバテ合いみたいな流れになる1400m戦では、このダートっぽさが大きな強みになるんだ。

編 ダートの短距離戦みたいな持続力勝負の流れになるってことですね。芝1400m戦は。

石 そういうこと。マイル戦みたいな最後にシュッと切れる脚が決まるような流れにはならないんだ。もちろん細かく言えばコース形態にもよるので、京都芝1400m外と阪神芝1400mでは狙う馬は微妙に変わってくるけどね。

編 で、ヒルノデイバロー。

石 そう。ヒルノデイバロー。1400mでの実績もあって、ダート戦でも勝ち負けできる持続力の持ち主。しかも前走はスプリント戦で出遅れて7着だったけど、芝のスピード勝負に対応できることは証明してみせた。

編 さっきの条件とぴったりというわけですね。距離巧者、ダートっぽい馬というところで。

石 その通り。前走の負けで芝に対する適性がまだバレていないと思うんだよね。人気薄での一発が期待できる馬だよ。

編 なるほど。

石 続いてはブラヴィッシモ。

編 芝1400mで【3 2 1 1】と、典型的な距離巧者ですね。

石 しかも未勝利時代にはダートでも使われていたように、切れ味勝負よりも持続力勝負がいいと目されていたところもある。

編 ダートでは馬券に絡んだことがないですけど、それは問題ないんですか?

石 全然。あくまでダートでも走れる「ような」、なんだよ。それにそもそもダートで走っているというのが必須条件でもないしね。そういう馬を狙いましょうということ。そりゃ、さっきのヒルノデイバローみたいに実績があったほうがわかりやすいだろうけどね。

編 ブラヴィッシモって、阪神も得意ですよね。

石 そうね。数は走ってないけど、5戦して馬券圏内を外したのが前走の1回だけだからね。

編 その前走ですが、オープンクラスの昇級して、今回と同じ阪神芝1400mで5着なんですよね。しかも今回は重賞になるし。

石 前走はオープンの阪神芝1400m戦にしてはちょっと流れが緩かったのもあるし、大外枠からスタートしてずっと外をまわらされたのも痛かった。そのぶんの負けでしょう。能力差は感じなかったし、今回は重賞って言っても、実績馬の目標はまだ先だからね。付け入る隙は十分にあるよ。

編 じゃあ、最後の1頭は?

石 カオスモスだね。芝1400mでは【1 2 2 1】と、好成績を残しているよね。

編 ええ。

石 近走は冴えない成績が続いているけど、芝1400mのパラダイスSと、マイル戦でも長くてタフな直線で持続力が求められる中京記念では好走しているように、持続力勝負となる今回は絶好の舞台。まだまだ見限れないよ。

編 わかりました。では現時点ではこの3頭に注目しつつ、週末の勝負予想を楽しみにしていますね。石橋さんがこだわる距離の重賞だけに相当期待してますからね。

石 そうね。先週のぶんもしっかりお返ししないとね。

編 よろしくお願いします! どうもありがとうございました。


※本文中に登場するカオスモス号は回避が決定致しました(本対談は月曜日に行われております)。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR