単勝二頭流 またしても30万馬券的中! 今週も石橋予想で高配当狙いだ!

書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) よっ! 石橋武! 有言実行の男!

石橋 武(以下、石) どんな始まり方だよ(苦笑)。

編 超テンション上げ上げな始まり方です(笑)。いや〜、それにしても凄いわ。先週のこの対談で言った通りの巻き返しじゃないですか。というか、言った以上の一発大逆転というか。

石 先々週のシルクロードSは、ぶっちゃけ自分に腹立ってたからね。あの10万馬券を獲り逃したのは、ホント皆さんに申し訳なくて。

編 ああ、裏でワキノブレイブは印打つかどうか最後まで迷ったって言ってましたもんね。

石 それは言わなくていいやつ(苦笑)。予想を読んでくれている方に失礼でしょ。

編 そうですね。失礼しました。ただ、その悔しさをバネにというか、僕が巻き返せって言ったからなのか、先週は土曜日に東京メインの白嶺Sで、なんと3連単31万9,860円を的中! すごい! パチパチパチパチ〜。これですでに今年に入って早くも2本目の30万馬券ですよ。

石 ああ、愛知杯(3連単34万5,200円的中)があったからね。

編 そうなんですよ。中2週で30万馬券を獲るって、異常ですよね。

石 異常ですよね?って俺に聞くな。そしてさっきの話だけど、当たったのはキミ巻き返せって言われたからではない(笑)。

編 細かいな〜(笑)。

石 はいはい、細かくてすみません。

編 でもあのレース、よく◎サノイチに本命を打てましたね。石橋さんが珍しいことしてるな〜と。見解を読んで納得しましたけど。

石 ああ、マイル戦なのに1400m巧者の◎サノイチに本命を打ったから?

編 そうです、そうです。普通は1400m巧者は1400mだけみたいなことを言ってますよね。

石 1400mだけというか、瞬発力が必要になる1600mとかだと厳しいってことね。別に1400m以外でも持続力が求められる距離、レースなら問題ないというか、むしろ大好物なわけで。

編 で、白嶺Sはそういう持続力が求められるレースになると。

石 そうだね。あ、たぶんあのレースの見解はスポーツマスターの編集部通信で晒されると思うよ(笑)。さっき使っていいかどうか確認の電話があったから。興味のある方は覗いてみてください。

編 あの枠と展開の読みも素晴らしかったですよね。

石 あ、ありがとうございます。

編 それにしても負けてもちゃんとと取り返すもんな〜。そりゃ、ファンも増えるよな〜。たとえ負けた週があっても、次の週で30万馬券獲っちゃうんだもん。

石 なんとか皆さんにはプラスになってほしいからね。

編 それを有言実行しちゃうから。ホントこれからもよろしくお願いしますね。

石 こちらこそ。というわけで、そろそろ今週の話なんだろうけど、ちょっと相談があって。
編 なんでしょう。

石 普通だったら日曜日の重賞を取り上げるところなんだけど、共同通信杯は少頭数だし、京都記念は堅く収まる可能性があるなと。まあ、京都記念は雨が降りそうだし、そうなれば荒れるんじゃないかという見立てではあるんだけど。

編 現時点で天気に賭けるのはリスキーということですね。

石 そう。だから今週は土曜日のクイーンCを取り上げたいなと。

編 あ、全然OKですよ。

石 軽っ(笑)。じゃあ、そういうことでお願いします。

編 で、そのクイーンCはどの穴馬に注目しているんですか?

石 まずはラブリーアモン。

編 フェアリーSでは本命に推していましたよね。

石 恥ずかしながら(笑)。8番人気6着というね。ただ、言い訳に聞こえたらゴメンだけど、あれはスタートがすべて。今まで通りに先行できていれば、展開、着差を考えても結果は変わってたと思う。

編 能力はあると。

石 そうね。時計勝負に一抹の不安はあるけど、今の東京の馬場なら問題ない。それに先週の競馬を見てもわかる通り、東京芝コースは前残りというか、内がかなり伸びるからね。外から差す馬にとってはちょっとツライ馬場だよね。

編 ラブリーアモンは今回は先行できると。

石 と、思うよ。前走もデビュー当初みたいな出遅れじゃなかったから。普通に先行して内を通るか、内枠を引くかすれば好勝負になるよ。

編 なるほど。前走の凡走で人気にもならないでしょうし、妙味的にはかなり面白いですよね。

石 続いてはストライクショット。

編 この馬って、さっきのサノイチじゃないですけど、1400m巧者じゃないんですか?

石 巧者とはまだ決めつけられないかな。たしかに1400mで好走を続けて、勝ち上がりがダート1400mとくれば、1400m巧者という見方をしちゃいやすいけど、相手関係が弱かったから1400mでも走れたという見方もある。というのも、デビュー戦は芝1800m戦だったんだけど、超のつくスローペースで、上がり勝負になったんだよね。

編 そうでしたね。前半1000mが64秒台でしたからね。

石 そうそう。そんな緩〜いペースのなか、後方からレースを進めるという流れだったんだけど、最後はメンバー中最速の上がりで2着にまで上がってきた。あの瞬発力は大きな武器だよね。その次走で東京マイルを走ったんだけど、不利で度外視。1400m戦で前につける競馬ができているし、馬場の内からスッと差すような器用な競馬が期待できるよ。

編 間隔のあいた前走をひと叩きされた上積みも期待できますしね。

石 そうだね。

編 あとはどの穴馬をチェックしておきましょう?

石 ペルソナリテも面白い。外から差してくるタイプだけに、はっきり言って今の東京は合わないと思う。

編 じゃあ、なんで?

石 合わないけど、この馬ってわりと早めに仕掛けても最後まで脚色が衰えないというか、シュッと加速するというより徐々にスピードに乗ってくるタイプで、他馬が内を意識しすぎて展開が速くなるようだと、この馬の出番。マークはしておいたほうがいいかなと。

編 わかりました。では現時点ではこの3頭に注目しておきつつ、週末の勝負予想をお待ちしていますね。

石 はいよ。

編 今週もドデカイのを期待してますからね。特に石橋さんは固め打ちがありますから。よろしくお願いします。

石 毎週、毎週、欲深いね〜、キミは(笑)。





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR