単勝二頭流 京成杯で巻き返せ!



書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、はっきり言いますけど、先週はちょっとヒドイですよね。

石橋 武(以下、石) 仰る通りです。フェアリーSもあって期待していただいたぶん、本当に申し訳ない。本命もヒモ含め、穴馬は上位に走っているんだけど、どうも馬券に結びつかなくて。

編 たしかに例えばシンザン記念とかもね〜。人気に推されていたジュエラー(2人気2着)はもちろん、8番人気1着のロジクライも11番人気3着のシゲルノコギリザメもちゃんと評価してたのに〜ともどかしくて。あれで3連単67万円ですからね。

石 ついたよね〜。それだけにあのタテ目決着は痛かった。

編 土曜日もポルックスSの本命◎ヒラボクマジックが10番人気ながら3着に好走したり、フェアリーSにしても不利だなんだとありましたけど、ビービーバーニング(3人気1着)、ダイワドレッサー(10人気2着)、ダイワダッチェス(7人気3着)と、すべて評価していたんですよね……。こちらも痛恨のタテ目で。


石 ん〜、ただ不利だろうがタテ目だろうが、相手抜けだろうが、惜しいだけじゃ払い戻しに繋がらないのでね。まずかきちんと結果でお返しするしかないですね。

編 まあ、ぶっちゃけ皆さんもそう思っていると思いますよ。結果で返してくれと。それに今までもこうやって外してきたこともありますけど、すぐに20万、30万の馬券で簡単に返してくれますしね、石橋さんは。

石 簡単にではないけどな(笑)。ただ、皆さんに納得していただけるようにもっていきます。あ、それとフェアリーSで本命に推した◎ラブリーアモン。

編 8番人気でしたけど、まさかあれが人気馬の本命◎になるとは。人気薄だろ、みたいな(笑)。

石 人気はまあね。ただ、結果的に6着には負けたけど、引き続き注目はしておいてほしいんですよ。レースによるとは思うけど、たぶん次もそんなに人気しないと思うんだよね。能力的には高いし、フェアリーSにしてもスタートで後手を踏んで前につけなかっただけなので、次はチャンス大きいよ。

編 穴をあけてくれると。

石 うん。もちろん勝負予想でも狙っていくけど、頭の片隅にでも置いておいていただければと。

編 今回は勝ったビービーバーレルに去年のノットフォーマルのような競馬をされましたけど、ラブリーアモンもこれだけで見限らずに引き続き注目ということですね。

石 そうね。お願いします。

編 さて、それでは名誉挽回といきたいところですが、どのレースに注目しましょうか。

石 3歳戦の借りは3歳戦で、というわけじゃないけど、京成杯が面白いんじゃないかと。

編 中山芝2000mのG3ですね。ではさっそく石橋さんの注目穴馬についてお話を伺えればと。

石 そうですね。ではまずはユウチェンジに注目しますか。

編 前走はG1の朝日杯FSで4着に善戦していますね。

石 そうね。ただ、直線の入り口でちょっと詰まったところがあったのが残念。とはいえ、適距離より短いマイル戦、しかもG1で4着を確保したのは能力の高さがあればこそだよね。

編 今回は直線の長い阪神マイルから、小回りの中山芝2000mに替わりますが。

石 むしろプラスでしょう。器用なタイプで、未勝利勝ちも新潟内回りの2000mを徐々にポジションをあげていくという大人びた走りで勝利。で、そのあとの野時菊Sは阪神の外回りコースで瞬発力勝負になって切れ負け。まあ、相手は強かったけどね。

編 そういう瞬発力勝負になるよりは、器用さが活かせる中山のほうがいいと。

石 うん。この時期にああいう器用な競馬ができるのは大きなアドバンテージだし、ましてやゴチャつきやすい中山ならなおさらだよね。内枠に入ってくれればベストだけど、いずれにせよ、いままで戦ってきた相手とこの馬のパフォーマンスを考えると勝ち負けになるでしょう。中山だとじっくり構えるようなことはないだろうしね。

編 ええ、切れ負けというか、仕掛け遅れみたいな競馬にはならないと思います。この馬の徐々に上がっていって、最後は突き放すという競馬ぶりが目に浮かびますね。

石 続いてはケルフロイデもチェック。

編 前走は前残りのレースのなか、4コーナー3番手という絶好の位置取りで5着。ちょっと能力的に……という気がしてしまいますが。

石 そうね。たしかに前走だけみると物足りないのは事実。ただ、その前走はスローからの瞬発力勝負だったでしょ。

編 ええ。2番手から勝ったドレッドノータスがメンバー中3位の上がりでしたしね。

石 ケルフロイデにあの流れは向いていない。京都の軽い馬場で典型的な切れ負けパターンだよ。それよりも注目したいのが、その前のきんもくせい特別。

編 たしかに1着ですけど。

石 そうね。ただ、メンバーが軽すぎて勝ったこと自体は別段高く評価することはないよ。それよりも、上がりのかかるコース、レースではちゃんと速い上がりを使えるということ。

編 ああ、そういうことか。どうころんでも上がりのかかる中山芝2000mならこの馬の持ち味が発揮できると。

石 そうね。もちろん中山芝2000mだって展開によっては瞬発力勝負になることだってあるよ。ただ、3歳のこの時期で賞金を加算しておきた馬がいること、他馬の今までのレースぶりからすれば、まずスローからの急加速パターンはないでしょ。

編 ですよね。

石 3コーナー過ぎからラップがあがる流れで持続力を試されるようであれば、この馬のタフさ、苦しいところから脚を伸ばせる特性が活かせる。あ、補足しておくと、この馬はまだそこまで厳しい競馬をしたことはないけど、この手の上がりがかかるレースで好走できるタイプは往々にして持続力に秀でているのでね。瞬発力はからきしだけど(笑)。

編 なるほどね〜。

石 あとはプロフェット。この馬も持続力タイプ。札幌2歳Sがわかりやすくて、澱みのな流れになって先行馬にとっては厳しいレースだったんだよね。そんななんか先行しつつ、メンバー中3位の上がりで2着確保は非常に強い。今の中山の馬場は札幌より軽いので、その点は見極める必要があるけど、好勝負になるだけの能力、適性はある。週末にどういう印を打つのかも含め注目しておいていただければと。

編 わかりました。じゃあ石橋さん、週末はきっちり巻き返していただくということで。

石 そうね。重賞に限らずいつも通り強気に穴馬を挙げていくので、ぜひ注目していただければと。皆さんに安心して馬券を勝ってもらえるような状況にしないとね。

編 安心はしてるんですけどね(笑)。それでは週末を楽しみにしています。ありがとうございました。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR