単勝二頭流 2015年のオーラスはこの穴馬で勝負!

書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、いよいよ今年もオーラス、有馬記念ウィークがやって参りました! というか、石橋さんファンにとってはホープフルSウィークって言ったほうがいいのか(笑)。

石橋 武(以下、石) どっちでもいいよ。どちらも予想するんだから(笑)

編 お、じゃあここでもホープフルSと有馬記念の注目穴馬、どちらも教えてもらおうかな。

石 あ〜、ホープフルSのほうはムリなんだ。というか、スポーツマスターの編集部通信で話してきたんだよ、ちょうどいまさっき。どうせって言ったら怒られるけど(笑)、無料で読めるので、興味のある方はチェックしていただければと。

編 あ、すでに手を打たれてたか(笑)。でも読めるならいいや。やっぱり皆さん目を付けるところは同じですね。

石 この競馬がいちばん盛り上がる時期に、僕の予想に注目していただけるのはありがたい話だよ。

編 そりゃ、注目するでしょう。去年のこの時期はそのホープフルSの35万馬券的中も含め、大活躍でしたから。

石 あ、その話もさんざんしてきたので、もういいや(笑)。同じ話を読まされても、読者の方は飽き飽きしちゃうだろうし。

編 え〜、じゃあここでは何の話をすればいいんですか。

石 いや、普通に有馬記念の穴馬について話せばいいんじゃないの(笑)?

編 あ、そうか。

石 というか、皆さん年の瀬でお忙しいと思うので、今週くらいはコンパクトにまとめたほうがいいと思うぞ。

編 たしかに。じゃあ、先に連絡事項を。このブログは年内の更新は今回が最後となります。今年1年間、どうもありがとうございました。

石 ありがとうございました。

編 来年は1週間お休みをいただきまして、1月7日(木)からスタート致します。

石 はい。あ、ちなみにスポーツマスターの勝負予想は1月5日(火)の金杯から配信しますので、ご安心を。

編 あ、じゃあこのブログも……。

石 ごめん、その週はホントに時間が取れないんだ。ある意味1週間のうち4日レースがあるみたいなものだから。

編 あ、そうか〜。火曜日に金杯があって、週末は3日間開催か。さすがにそれはムリ言えないわ。

石 はい、ムリ言わないで下さい(笑)。

編 というわけで、年内最後の穴馬、行ってみよっ!

石 切り替えが早いな(笑)。

編 コンパクトにいきますので(笑)。さて、有馬記念ですけど、なかなか好メンバーが集まりましたね。

石 そうね。穴っぽいのも多くて、かなり楽しみだよ。

編 やっぱり基本的には先行有利、内有利の馬場なんですかね。

石 先週の結果を見ると、やはり開催が進んで内有利の馬場になってきたね。

編 石橋さんが開幕週に言っていた通りの変化ですね。

石 そうね。それに有馬記念はコーナーをクルクル回るコースだけに、ロスのない競馬ができる馬が穴をあけることが多いよね。実力馬は外を回ってもおかまいなしみたいなのがたまにいるけど。

編 ああ、そういうのはここではいいです(笑)。穴馬をお願いします。で、それを踏まえるとどの穴馬に注目しています?

石 いや、まだ枠順が発表になっていないので、踏まえられないんだよね(笑)。なので、(コーナーを苦にしない)器用さと(中山で求められる資質)持続力のあるタイプをオススメしておこうかと。

編 ああ、いいですね。どの馬ですか?

石 まずはワンアンドオンリー。

編 お〜っと、3歳の秋以来まったくと言っていいほどこの馬らしさを見せていないですけど。

石 この馬らしさってなんだと思う?

編 そりゃあ、ダービーを勝ってるくらいですから瞬発力じゃないですか? あれ、でもそうだったらここで推奨しないか。

石 そう。実はこの馬の持ち味は持続力。3歳春の時点でも見解に書いたんだけど、僕は皐月賞でこの馬の評価を上げて、ダービーでは評価を下げた。結果的には逆になったけど、それはダービーが先行馬に有利な持続力が求められるレースになってしまったからなんだ。

編 つまり有馬記念には向いていると。

石 向いているよ。去年の有馬記念は13着に大敗したけど、ダービー以来の神戸新聞杯で相当厳しい競馬を強いられた影響は大きかった。しかも結果論だろうけど復調しないまま暑いドバイへ遠征して、かなり復調に手間取ったよね。

編 ホント大敗続きですもんね。

石 ただ、前走のジャパンCでは4コーナーでふたケタ着順だった馬がワンツーする速いペースを先行して粘った。7着とはいえ、勝ち馬との差はわずか0.3秒差なんだから。

編 あ〜、たしかに。復調してきているんですかね。

石 競馬ぶりから間違いないと思う。実際、前走では同馬の持ち味持続力を最後まで活かしていたし。今回の中山芝2500mのほうが競馬はしやすいし、同馬の適性にも合う。真ん中より内の枠に入ったら、かなり面白いと思うよ。

編 全然人気ないでしょうし、これは超高配当ゲットのチャンスかも。このブログ、公開するのやめます(笑)?

石 なにをバカなことを(笑)。

編 あとはどの馬に注目しています?

石 ゴールドアクターとルージュバックかな。ゴールドアクターは去年の菊花賞で持続力を活かした3着がある。力をつけているし、大注目だよ。

編 ただ、ルージュバックは進発力タイプに思えるんですが。

石 そうね。ただ、オークスでは長くいい脚を使えているのは評価できるし、この馬の能力で斤量53キロはかなり有利。人気の盲点になりそうな感じで、妙味を感じるなと。

編 わかりました。ワンアンドオンリーは超楽しみだわ〜。なんとか内枠に入ってくれないかな。

石 まあ、そこは祈るだけしかできないので。この3頭以外にも穴っぽいのが数頭いるし、逆にかなり危ない人気馬もいる。ひょっとしたらひょっとするんあないかなと。

編 お〜、すげ〜。早く日曜日にならないかな。ホープフルSと有馬記念、楽しみすぎるでしょ。

石 今年最後の配信だし、きっちり決めてきます。

編 頼もしいっす、アニキ!

石 誰がアニキだ(笑)。さて、改めまして、読者の皆様。今年1年間本当にお世話になりました。皆様の存在が本当に励みになっています。いつも拍手ボタンを押してくださる方、ありがとうございます。

編 押したことのない方、今日は押してくださいね(笑)。

石 そういうことは言わなくていいの(笑)。来年も今年以上に皆様のお役に立てるよう、よりいっそうの努力をして参ります。今後ともよろしくお願い致します。良いお年をお迎えください。

編 まだメリークリスマス!ですよ。

石 わかってるよ。それでは、週末の勝負予想、ぜひご期待ください。どうもありがとうございました!

編 ありがとうございました!





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んで
ください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR