単勝二頭流 今週は2鞍! アルゼン共和国杯&ファンタジーSの注目穴馬は!?

書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、先週の天皇賞(秋)は……

石橋 武(以下、石) はい、すみません! 全然見当違いでな外れ方をしてしまいました。

編 ですよね。そもそも敗因はなんなんでしょうね。

石 う〜ん、言うまでもなく僕の力量不足が最大の敗因ですけど、それを大前提としておいといて言うならば、スタートの読みの甘さでしょうね。

編 思っていたのと違った。

石 そうね。これは馬場もちょっと関係するんだけど、先週はこの対談で「東京芝は使い込まれてきて馬場も踏み固められ、そろそろ瞬発力が問われる」的なことを言ったと思うんだけど。

編 はい、そう言ってました。

石 ところが土曜日の東京芝コースは金曜日に散水した影響かな、まだまだパワーを要する馬場だったんだよね。と、なると日曜日は馬場の内側から乾いていくという東京特有のパターンになるだろうと。内枠、先行有利の。

編 まあ、そうなりますよね。読み、合ってたんじゃないですか? 実際、秋天と同じ東京芝2000mの精進湖特別では単勝13番人気のマイネグレヴィルを穴馬の本命に推して、2着に激走。あれも先行有利だからこそ本命に推せたわけですよね。

石 そうね。それもひとつの要因。

編 というか。あれで800万馬券になるとは……。なんかマイネグレヴィルからの馬券を持っていたのが、誇らしかったですもの(笑)。

石 ああ、穴馬をちゃんとわかってるって?

編 そうそう。別に僕が選んだわけじゃなくて、石橋さんの買い目のまんま買ってただけなんですけど。まあ、それはいいや(笑)。で、スタートの読みの甘さというのは?

石 それこそのあの9レースを見ると、完全に内有利、先行有利なわけじゃない。当然、ジョッキーもそれを意識するわけですよ。だから同コースの天皇賞(秋)では、勝ったラブリーデイなんかが一気に内を狙ってくるし、内にいた人気馬の本命◎アンビシャスなんかはスタート自体は悪くなかったけど、押し込められて中団からの競馬でしょ。しかもスローに落とされて掛かっちゃって。

編 最後も5着までは来てるんですけどね。

石 まともなら勝ったとは言わないけど、もうちょい上には来られてた競馬だったよね。ちょっともったいなかった。ただ、ラブリーデイが好スタートから先行、押し切った競馬はかなり強かったし、適性にひっぱられて結果的にその力量を見誤っていたのも入んだし、そういう意味でも冒頭で言ったように僕の力量不足。ここでもう一度引き締め直して今まで以上に丁寧に予想していきます。

編 とはいえ、前日のアルテミスSではデンコウアンジュ(12番人気1着)を相手筆頭に評価していましたし、さっきのマイネグレヴィルも本命評価。穴馬はきっちりと走ってきてますので、今まで通りでいいと思いますけどね(笑)。

石 いずれにせよ、今週きっちり取り返さないとね。

編 はい、お願いします。

石 というわけで今週のレースだけど……

編 ふた鞍ですよね!? 先週約束しましたもんね?

石 わかってるわ(笑)。ちゃんと約束は守ります。で、1鞍はアルゼンチン共和国杯として、もうひと鞍やろうとおもっていたみやこSが少頭数なんだよね。たしか登録が12頭だったかな。となると配信するかどうかもわからないので、違うレースをやろうと。ただ、今週はせっかく重賞が2鞍も組まれているのを考えると……

編 考えると?

石 もうひと鞍は土曜日のファンタジーSにしようかなと。土曜日のレースでいいかな?

編 もちろんです。でもVstyleさんのほうは大丈夫なんですか?

石 うん、違うレースを話すので。

編 了解です。じゃあ、さっそく土曜日のファンタジーSからお願いします。石橋さんお得意の1400m戦ですね。

石 得意というか、特徴がわかりやすいのでね。ただ、京都芝1400mはスタート後に上り坂があるぶん、普通の1400mよりは流れが落ち着きやすい。つまり持続力だけではなくて、ちょっとした瞬発力も必要になってくるんだ。2歳戦だけにその傾向はより強くなる可能性もあるけど、そのあたりは枠順が決まってからの判断になるかな。

編 そうですね。最終結論は勝負予想まで待つとして、現時点での注目穴馬をお願いできます。

石 じゃあ、まずはアドマイヤリード。

編 あれ、前走マイルで勝ち上がってきた馬じゃないですか。石橋さん1400mの予想をするとき、マイルで、しかも速い上がりをマークした馬って嫌うのに。

石 お、いいね。それが1400m予想の定石ではあるんだよ。ただ、さっきも言ったように、京都芝1400mは緩急がつきやすいコースというのと、反対に同馬が勝ち上がってきた中京芝1600mは直線がかなり長くて、急坂もあるというタフすぎるコース設定。ましてや2歳馬にとっては非常にキツイコースで、持続力にも秀でていないとメンバー中上がり最速なんて出せないんだ。

編 イメージとしては1400mらしからぬ1400mと、1600mらしからぬ1600mの共通点が重なるという感じでしょうかね。

石 ああ、そうそう。求められる資質が似ているよね。アドマイヤリードの前走は、前残りの競馬のなか、徐々にポジションを押し上げて差し切り勝ち。(前をとらえるには)かなり厳しい位置取りだったけど、あのタフな直線をよく差し切った。前走は400キロを切っているように小柄な馬で、中京のねちっこい芝をこなしたのも評価できるよね。

編 その点、今回は軽い芝の京都ですからね。

石 そうだね。当然プラス材料だし、前走のようにあの位置から差し切る、要は速い脚を長く持続できるのは京都芝1400mを走る上では高く評価できるよ。

編 なるほどね〜。

石 続いてはメイショウスイヅキ。

編 前走は今回と同じ京都芝1400mのもみじSで1着。

石 あのレースは京都芝1400mらしいスローになったんだよね。結果、メンバー中最速上がりの33.0秒で差し切ったんだけど、この馬はここまでの3戦すべてでメンバー中上がり最速をマークしているんだ。特に2戦目のサフラン賞(中山芝1600m)は前残りの競馬で6着に負けたんだけど、同馬自身はレース中盤からずっと脚をつかっているんだ。かなり負荷のかかる競馬だったけど、それでもメンバー中最速上がりというのは、1400mへの適性を示しているんだよね。

編 つまり1400m適性もあり、瞬発力もある。

石 そう。この先、成長することでどっちの適性が伸びるのかで将来的な活躍の場は決まってくるけど、たぶん1400mとか、上がりのかかるレース、コースが得意になっていくんじゃないかな。ま、先々のことはおいといて、ここも注目といういことで。

編 はい。ではファンタジーエスの1頭は?

石 キャンディバローズ。

編 前走、札幌芝1500mで初勝利を挙げた馬ですよね。

石 札幌芝コースは小回りというイメージを持っている方も多いと思うけど、コーナー角が大きくて、長くいい脚が求められるんだ。コーナーが大回りでスピードが出るぶん、スピードを落とさずに回ってこられるのでね。それと同時に、コーナーが回りやすいのでペースが急に落ち着くことがなくて道中で息を入れづらいんだ。負荷のかかる競馬になりやすいのも札幌芝1500mの特徴だね。

編 1400mに近いイメージがありますね。

石 それか、トリッキーでかつ厳しいラップが続く中山芝1600mとかね。この馬も小柄で、パワフルな洋芝から軽い京都の芝に替わるのは大きなプラスだし、要注目だよ。

編 わかりました。では続いて日曜日のアルゼンチン共和国杯についてお聞きしましょうか。

石 長いな(笑)。

編 言い出したのは石橋さんですからね(笑)。ということで、アルゼンチン共和国杯の注目穴馬をお願いします。

石 まず大前提として、このレースで求められるのはスタミナだということを頭に入れておこうか。

編 あれ、でもダービーとかジャパンCの時にはとにかく瞬発力って言ってましたよね。東京芝2500mって、そこから距離がたった100m延びただけですよね。

石 その100mが大きいんだ。それぞれのスタート位置を比べてみるとその理由がわかるんだけど、芝2400mは最後の直線の坂の後半からスタートするのに対し、芝2500mは坂下からスタート。1回ちょっとの坂越えと、2回の坂越えでは消費するスタミナが全然違うんだ。

編 ああ、なるほどね〜。

石 1回の坂だと上りきってからさらに加速という瞬発力がものをいうけど、2回も上るとなると、そういう瞬発力タイプじゃスタミナがもたない。大げさに言うとバテ合いを凌ぐ競馬になるからね。だからむしろ2400mでは差し届かないタイプとか、反対に伸びてはいるけど瞬発力タイプに置いていかれるとか、そういう馬に注目しておきたいんだ。で、こういう話をすると、キミなんかが「じゃあ、瞬発力タイプは全然いらないんだ」と早合点しがちなんだけど(笑)。

編 たしかに(笑)。

石 いくら瞬発力に寄っていたとしても、能力が違えばそりゃ走ってくるからね。ちゃんと能力と適性と、そのあたりを掴んでおかないとね。

編 わかりました。ではそれも踏まえて、現時点での注目穴馬をお願いします。

石 はい、じゃあまずはサトノノブレス。

編 スタミナはあるでしょうね。なんと言っても菊花賞2着馬ですから。

石 そうだね。溜めれば速い上がりを使えないこともないけど、ジリっぽいというか、切れ負けするタイプで、この条件はぴったり。それに4走前の金鯱賞は澱みのない流れを中団から差してきているようにタフな流れ、スタミナを要する流れから脚を伸ばしてこられる強みもあるよね。前走の伸びなさは明らかに休み明けのぶんだろうし、ここは巻き返しが期待できるよ。

編 ええ、ひと叩きされた上積みは大きいでしょうね。期待です。

石 あとはスーパームーン。

編 去年のこのレースの3着馬ですね。

石 そうね。下級条件時代はこの馬の瞬発力でもどうにかなったんだけど、さすがにオープンとなると瞬発力では通用しないのがわかるよね。下のクラスでも勝ちみに遅いところがあったし。

編 そうですね。取りこぼしが多いというか。それで出世に時間がかかっちゃいました。

石 ただ、瞬発力勝負ではなく、渋太さ、持続力を武器にしたことで、この馬本来の良さが活きてきた。去年の3着なんかがまさにsの好例だと思うけど。前走はイギリス遠征明けの一戦、しかもハイペースという高負荷のレースで最後はタレたけど、あれを使ったことで大きく変わってきそうな雰囲気だよ。

編 あとは?

石 ヒラボクディープ。

編 前走は長距離の丹頂Sを圧勝。強い競馬でした。

石 格が違ったね。中団後ろからレースを進めて徐々にポジションを上げていって4コーナーでは早くも先頭というね。で、札幌の大回りのカーブを長い脚で上がっていってメンバー中最速上がり。反対に、5走前のモンゴル大統領賞とか、エプソムCとか、瞬発力が求められると凡走しているのも、このレースに関してはプラスに捉えられるからね。スタミナも長い脚も上位の存在で、要注目だよ。

編 ふう。これで2レースぶん終わりました。

石 キミが疲れるんじゃない(笑)。それと読者の皆さん、長々と失礼しました。

編 ホントですよ。

石 おいっ!

編 冗談です(笑)。さて、それでは現状はこの2レース3頭ずつに注目しつつ、週末の勝負予想をお待ちしてますね。

石 はい。よろしくお願いします。







-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR