単勝二頭流 大荒れ?菊花賞に石橋が断!


書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、今週は菊花賞なんですけど、石橋さん期待のミュゼゴーストが出走しないということで。

石橋 武(以下、石) それ、もう何週間も前からわかってるから(笑)。どこかでこの馬を狙ってると言ったらそのあとすぐに回避されたわ。

編 そうでしたよね(笑)。じゃあ、今週の予想には影響なく。

石 もちろん影響はない。セントライト記念でうまい具合に凡走してくれて人気も落とすだろうから出て欲しかったけどね。

編 ですよね〜。

石 ただ、ミュゼゴーストがどうこうではなく、メンバー的にこの菊花賞は大きいのを狙うよ。

編 配当的に?

石 ほかになにがある。

編 馬体とか。

石 別に大きい馬は狙わらないです(笑)。今年の菊花賞は2冠馬デュラメンテが出走しないこともあって世間的にも混戦と報道されているけど、本当に主役不在というか、ホント大混戦なんだよね。現時点で狙ってるのも、思った以上に人気がないし、配当面はかなり楽しみだなと思って。もちろん当たればの話だけど。

編 石橋さんは外さないでしょ(笑)。

石 そういうのホントやめて。

編 期待の表れですって。ちなみに人気馬の本命◎になりそうな馬もあまり人気ないんですか?

石 ん〜、まだ具体的なことは言わないけど、その可能性はあるね。

編 となると、人気薄の本命なんかどうなっちゃうんでしょう。

石 本当どうなっちゃうんでしょう(笑)。とりあえず今言えるのは、どんなに人気がなくても、ちゃんと馬券は買ってほしいなと。ほら、前に単勝万馬券近い馬を本命に推したときって、キミびびってたよね。

編 そ、そんなことないですよ(苦笑)。新潟芝1000mのフレイムヘイローですよね(韋駄天S。単勝94.8倍)。ちゃんと買いました〜。

石 はいはい。今回の菊花賞は人気が読みづらいので、フレイムヘイローほどつくかどうかはさておき、まあ、びびらずにちゃんと買ってくださいと。

編 だからびびってません〜。

石 わかったよ。じゃあ、キミもちゃんと買ってくれるということなので、そろそろ始めましょうかね。

編 はい、よろしくお願いします。で、混戦、混戦って言ってますけど、現時点ではどの穴馬が良さそうなんですか?

石 まずはスティーグリッツ。

編 前走、古馬相手に1000万特別の九十九里浜特別を勝っていますね。

石 過去の菊花賞を見ても古馬相手の1000万特別を勝てれば好勝負になるのは明らかだから。ただ、それで推したわけじゃない。

編 あ、そうなんですか?

石 うん、前走のレースぶりがまさに菊花賞向きでね。

編 へ〜、どのあたりがですか?

石 前走は中団から徐々に押し上げていって、外を回して勝ったんだよね。たぶんこの馬ってエンジンのかかりが遅いんだよ。だから直線の短い中山だとずっと仕掛けながら助走をつけているんだよね。

編 ああ、なるほど。反対に連勝している中京では直線が長いぶん、加速するまでの時間が十分にあると。

石 そう。長くいい脚を使えるから。あれだけ直線が長いとメンバー中最速の上がりをマークできちゃう。今回の京都芝3000mはまさにエンジンに火がつくまでが長い馬向きのコースで、距離も十分あるうえに3〜4コーナーの下りを利用して勝手にエンジンがかかる。

編 あ、そうか。中山ではある意味強引にエンジンをかけていたけど、今回の京都はその必要がないのか。

石 そういうこと。しかも前走はそんな強引な競馬で結果をだしたうえに、2着馬に競りかけられたらさらに伸びて差し返すというスタミナを証明するかのようなレースぶり。

編 まさに菊花賞向きじゃないですか。人気にならないことを祈るのみですね。

石 え、けっこう人気しそうなの? リアファルとかリアルスティールとか、サトノとか、サブちゃんの馬とか春の実績馬が人気を吸ってくれると思ってるんだけど。

編 どうでしょうね。単純に長距離の古馬1000万特別を勝ってるという理由で推すファンも多いでしょうし。

石 そうか。今できるのは祈ることだけだな(笑)。

編 続いての穴馬は?

石 アルバートドック。

編 京都はいいですもんね、この馬。

石 そうだね。春には重賞の京都新聞杯で一線級と差のない競馬ができているし、前走の負けだけで能力不足と思われているならラッキーでしょ。長距離に不安があるならわかるけど、むしろデビューから長距離適性を見込んだ使われ方をしているしね。

編 ただ、前哨戦で負けたというのは、やっぱり気になりますけどね。

石 前走は久々の競馬で行きたがってたからね。長距離となるとたしかに折り合いは心配だけど、もともとかかる馬でもないし、前走がいいガス抜きになったでしょ。

編 京都芝3000mというコースに不安はないですか?

石 ああ、適性という意味かな。だったら不安はない。いままでずっとメンバー中上位の上がりを使っているけど、上がりがかかるレースほど、この馬の(他馬との比較で)上がりは速くなっている。要は他馬にとって伸びづらい持続力が要求されるレースほど同馬にとっては伸びやすいということ。菊花賞はごくごく稀にドスローからの瞬発力勝負になるけど、基本的には3コーナーを回ってからの持続力が問われるレースだけに、この馬向きでしょ。アホみたいなスローになったら諦めるしかない。

編 まあ、それが競馬ですからね。

石 まあ、ペースに関しては週末の勝負予想できっちり詰めて配信しますので。

編 お願いします。さて、あと1頭ですが。

石 ベルーフですね。気難しい馬だけにそこだけが心配だったけど、秋になってだいぶん成長してるのを感じる。前走のセントライト記念でも、スローで我慢してたしね。今回につながる競馬ができてた。

編 古馬相手の重賞でも2着と好走していますしね。

石 そうだね。春は瞬発力に頼るような競馬だったけど、もともとは切れるタイプじゃない。小倉記念みたいに競って競って最後まで伸びるというタイプ。距離が伸びるのも歓迎のクチだし、中山なんかでちょっと足りなかったのは京都替わりで大きくカバーできる。好走が期待できるよ。

編 わかりました。では現時点ではこの3頭に注目ということで、あとは週末の最終見解をお待ちしています。

石 そうですね。今週も新潟芝1000mもあるし、狙えるレースが多いので、期待しておいてください。

編 菊花賞も高配当狙いですしね。

石 堅かったりして(笑)。





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR