単勝二頭流 スプリンターズSは大荒れの予感!


書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、なんだかんだ言っているうちに早くも秋のG1戦線がスタートですよ。早いもんですね〜。

石橋 武(以下、石) なんだかんだって、だいたいキミの愚痴しか聞いてない気がするぞ(笑)。あとは無理な要求とか。

編 愚痴は言いますけど、無理な要求はしてませ〜ん。

石 ウソつけ(笑)。毎週のように10万馬券獲れ〜、次は20万だ、30万だって要求が増していく一方だろ。

編 何言ってるんですか、僕だってちゃんと相手を見てものを言ってるんですから。だいたいこんなムチャな要求、石橋さんにしかしませんって。

石 ……いまムチャって言ったよね。自分でムチャな要求って言ったよね。

編 細かいな〜。そういうの気にしてたら獲れるもんも獲れなくなっちゃいますよ。とにかく僕が言いたいのは石橋さんならできるってことです。

石 安っぽい洗脳だな、おい(笑)。

編 と・に・か・く、今年の秋シーズンも去年以上の高配当をバンバン獲ってもらいますからね。30万馬券とか40万馬券とか。あ、まだ公開予想になってから100万馬券とか獲ってないですよね。惜しいのはたくさんあるんですけどね、マイネルホウオウのNHKマイルCとか。

石 ちょいちょい、そこのおじさん、配当がすべてじゃないからね。まずは皆さんに納得してもらえる予想を配信することが大切なので。

編 だから、それって高配当を獲ればみんな納得するわけで。結局石橋さんが目指しているものと、僕ら読者が欲しいと思っているものって同じなんですよ。

石 うっ。ホントにああ言えばこう言う。

編 わかったら、さっさとスプリンターズSの注目穴馬を教えなさい。

石 はい。って、偉そうに言うな(笑)。

編 ちょっとした寸劇みたいなものですから(笑)。はい、ここからは真面目に進めますよ。スプリンターズSの注目穴馬をお願いします。

石 はい、じゃあまずはマヤノリュウジン。

編 あ、石橋さん、マヤノリュウジンは出走できないっぽいです。

石 え、賞金足りないの?

編 ええ。そうみたいですね。

石 全然勝負にならない馬が出走できるのに、ホントこのシステムをなんとかしてほしいわ。

編 ですよね。

石 じゃあ、ミッキーアイル。

編 ん〜、人気じゃないですか? ストレイトガールでしょ? で、ウリウリ、ベルカント、その次くらいじゃないですか?

石 え〜、それだったらギリギリOKでしょう。OKにしてよ。

編 まあ、仕方ないか。どのあたりを評価したんですか?

石 この馬はもともと一本調子のところがあって、若いときは仕上がりの早さも手伝って結果を残せていたマイル戦でも、最近はガーッと行っちゃうことが多くなってきたんだよね。気性的な面も含め。

編 たしかに。それで距離を短縮してきたんですもんね。

石 そうだね。たしかに距離短縮はいいほうに出たんだけど、これは短い距離がいいというよりも、持続力が求められる距離、レースのほうがいいということなんだ。実際、前走の安田記念では緩急のついた競馬になったんだけど、その流れに対応できずにかかって終わり。今は1400mと、1200mのなかでも持続力が求められるコースがベストだよ。

編 ということは、持続力勝負になる中山芝1200mはぴったりなんですね。

石 そういうこと。前走の大敗、休み明けということでもっと人気を落としてくれればいいんだけど。

編 祈りましょう。

石 続いてチェックするのは香港馬リッチタペストリー。

編 よくわからない外国馬ですが、どのあたりを評価したんですか?

石 まずは能力的なことから言うと、この馬は一昨年の香港スプリントでロードカナロアと戦っているんだけど、逃げた同馬にとっては厳しい流れのなかよく粘っているんだよね。

編 ああ、ロードカナロアが勝ってこの馬が6着でしたっけ?

石 そうそう。ロードカナロアには離されたけど、他馬との比較では着順ほど悪い内容ではなかったんだ。レースを見直しても、2着とはそんなに差がなかった。0.2とか0.3秒差くらいかな、たぶん。今の日本のスプリント路線は主役不在というか、抜けて強い馬がいないこのメンバー相手なら能力的には十分足りるよ。

編 なるほど。じゃあ、あとは日本の馬場が合うかどうかですよね。

石 馬場は問題ないよ。これまで数々の香港馬が結果を出しているわけだから。香港で結果を出している馬は、日本の馬場でも走れるのは実証済み。それよりも適性をみておきたいんだけど、この馬は芝・ダ兼用タイプで、アメリカのダートG1も勝っているよね。

編 ええ。

石 アメリカのダートは究極の持続力勝負と言える流れになるんだけど、それを勝っているのは中山芝1200mで走るうえで大きな武器となる。前走から間隔があいているとはいえ、香港は記録にのらない調教代わりのレースがあるし、仕上げに不安はないと考えておいたほうがいい。もちろんよっぽど直前の調教がおかしかったら、評価を下げるけど。

編 現時点ではマークしておいたほうがいいと。

石 能力も適性も高いからね。要チェックでしょう。

編 あとはどの馬をチェックしておきましょう?

石 ティーハーフですね。

編 あ、意外かも。中山芝で【0 0 0 4】と不安がありますが。

石 だって着外の4戦のうちの2戦は距離の長いマイル戦だよ? しかもそれでも朝日杯FSの5着という戦績だってあるのに。ほかの負けも一頭だけ抜けて重いハンデとなったチバテレ杯とか。数字上はたしかに相性が悪そうに思えるけど、内容は悲観するようなものじゃない。

編 たしかに。

石 このところ重賞でも連続好走を見せているように、かなり力をつけているし、上がりのかかるレースで脚を伸ばしているのもいいよね。スプリンターズSは道中の流れがかなり厳しくなって、毎年のように差し・追込馬が1頭は飛んでくる。マークが必要な一頭だよ。

編 わかりました。ではとりあえず現時点ではこの3頭に注目ということで、あとはレース前日の最終結論まで楽しみにしておきます。それにしても、けっこう荒れそうな雰囲気がしますよね。

石 そうね。さっきも言ったように主役不在の路線だし、今の中山の馬場もクセがあるからね。けっこう、大きいのを狙ってるよ。

編 おお、いいですね。では今週末も大きいところを期待してます! ありがとうございました。






-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR