単勝二頭流 スポーツマスターの裏切り(笑)とオールカマーの穴馬



書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、先週も10万馬券(瀬戸内海特別)ありがとうございました!

石橋 武(以下、石) あ、的中おめでとうございます。

編 勝った◎ラッフォルツァート(3人気)、3着の△タイセイララバイ(5人気)はまだしも、2着の△セトノフラッパー(14番人気)は自分では完全にノーマークだったので、一瞬焦りました(笑)。

石 自分で買った馬くらい覚えておきなよ(笑)。

編 そうなんですけど、マークするときに石橋さんの買い目の番号しか見なかったので(笑)。あ、もちろん見解とかは読みましたけど。

石 まあ、とにかく最後はきっちりと◎ラッフォルツァートが差し切ってくれて良かったよ。あんなにつくとは思わなかったけど。

編 3連単11万5,060円、3連複2万,150円ですもんね。

石 △セトノフラッパーもちょっとなめられすぎてたよね。

編 終わってみれば2着とはいえ強い競馬をしていますよね。ああいう強い穴馬を見逃さないのはさすがです。

石 先週はたくさんの方に注目していただいていたので、なんとか的中できて良かったわ。配当的にはまあそこそことはいえ。

編 10万馬券をそこそこって言わないように。ただでさえ、皆さんの目が肥えちゃってハードルが高いんですから。

石 それでこそ予想のしがいがあるってものでしょ。

編 頼もしくて惚れてまうわ!

石 あ、妻がおりますので。

編 そういうことじゃなくて(笑)! それにこの10万馬券一発だけじゃなくて、土曜日には古作特別(3連単2万6,270円他)、日曜日ローズS(3連単2万5,340円他)とか、3連複まで含めると3日間で配信11レース中7レースが的中と、調子に乗ってますね。

石 「調子に乗ってますね」ってわざと使っただろ(笑)。調子が上がってきたとか、なんかほかに言い方あるのに。

編 細かいな〜(笑)。ただ、調子が上がってきただと、ここに来て良くなった印象を受けますけど、10万馬券とかずっと獲ってますからね。調子こいてるくらいがちょうどいいんですよ。

石 それ、もっと悪くなってる!

編 冗談ですって(笑)。それにしてもローズSの◎タッチングスピーチもよく本命に推してきましたよね。なにが良かったんでしょう?

石 あ、それ、スポーツマスターの編集部通信に掲載するって。勝負予想の見解を。

編 あ、マジっすか?

石 うん、そろそろ掲載されているんじゃない?

編 へ〜、どれどれ。あ、ホントだ。ブッ(笑)。

石 なんだよ、プッ(笑)って。

編 だって、ほら。外したレースの買い目まで載っちゃってますよ? 中山の10R。あ、セントライト記念の見解まで。なかなか大胆なことしますね(笑)。

石 え。……ホントだ。あれ? ローズSだけかと思いきや……あ、これ日曜日の全レースじゃん。

編 完全ノーカットですよね(笑)。

石 全部使うってこういうことか〜。まあ、しょうがない。って、菊花賞の話まで出ちゃってるし。たしかに神戸新聞杯についてのコメントは出したけど。

編 あの菊花賞で狙ってる馬、本田さんが言った馬で合ってるんですか?

石 合ってるね(笑)。まあ、まだ現時点で狙ってるだけだからいいけど(笑)。

編 丸裸ですね(笑)。

石 丸裸だね。まあ、たまにはいいでしょう(笑)。え〜、こういう予想をしているので、興味のある方は購読してみてください。

編 あ、ちゃっかり宣伝に結びつけた。

石 そういう意味で言ったんじゃないけど(笑)! もう、そんなのいいからそろそろ本題に入りますよ。

編 は〜い。それにしても笑える。全部出ちゃってるって(笑)。

石 いつまでも笑ってるんじゃない。はい、オールカマーの注目穴馬ね。

編 はい、お願いします。

石 じゃあまずはハギノハイブリッド。

編 前走、札幌記念で7着。あ、その前の函館記念では本命◎に推してましたよね(10人気2着)。

石 そうそう。よく覚えていたね。函館記念は結果的に2着に負けちゃったけど、今回推すのもその時の見解に書いたのと同じ理由なんだよね。

編 なんて書いてましたっけ? あ、そのまま掲載していいですか?

石 見解? いいよ。ちょっと待ってね。

編 はい。見解だけでいいですよ。買い目とかほかのレースは掲載しないので(笑)。

石 しつこい(笑)。あ、あったこれだ。

編 え〜と。「◎ハギノハイブリッドは、3歳時にダービートライアルの京都新聞杯でなまじっか速い上がりを使って勝ってしまっただけに、その後も瞬発力に頼るような競馬が続いた。結果、好走からはほど遠い結果が続いている。本来は上がりの掛かるコース、レースで粘り強い末脚を活かすのが同馬にとってはベストの競馬。ようやく近走はそういう競馬をさせてもらえるようになり、再びパフォーマンスが上がってきている。今回走る函館芝2000mは、ご存じの通り洋芝でパワーを要する馬場。しかも雨の予報が出ており、瞬発力は一切必要とされないと言っていい。◎ハギノハブリッドに向いた条件だ。しかも函館芝コースは今週からBコースに替わり、内枠からロスなく回れる同馬にとっては大きなプラスとなる。持ち前のパワーを活かした推進力で、タフな馬場、厳しい流れでも差し切れる。大駆けが期待できる」(函館記念見解より)と。

石 今の中山はだいぶん内が踏みしめられて、先行馬にとって有利な馬場になってきているし、函館記念のようにキツイ流れからもう一踏ん張りするような流れになれば、好走が期待できるよ。

編 前走も負けたとはいえ、不利がありましたしね。

石 そうね。行きたいところで前が塞がっちゃって、結局後手に回ってしまって……。それでも勝ち馬との差は1馬身半だし、今回は巻き返しが期待できるよ。

編 なるほど。

石 続いてチェックするのはゴールドアクター。

編 前走、函館芝2000mで行われた洞爺湖特別を勝って臨んできますね。

石 前走に関しては休み明けであれだけ走れたというのが良かったくらいで、レース内容はさほど高く評価できるわけじゃないんだけどね。

編 じゃあ、どのあたりを評価したんですか?

石 2走前の菊花賞のように、差し馬が台頭してくるタフな流れでも先行して粘る競馬ができる点。今回と同じ中山芝2200mにも実績があるし(山吹賞2着)、このトリッキーなコースにも対応済みというのもいいよね。

編 ああ、たしかに。前走をひと叩きされた上積みも期待できますし、期待できそうです。

石 あとは出走できるかどうか。なんとか出てきてほしいけど。

編 あ、ホントだ……。そういう馬を挙げないように。次は出走できるなかからお願いしますね。

石 はいはい。じゃあ、最後はレッドレイヴン。

編 へ〜。この馬って瞬発力勝負の東京とかで狙う馬なのかと思ってました。

石 ああ、後方一辺倒の競馬が多いからそう思っている人が多いんだよね。でも本来は中山コースのほうが合ってるんだ。

編 瞬発力勝負にならないほうがいいと。

石 そう。瞬発力だけで勝負になる馬じゃないからね。挙がりのかかる流れで速い脚を使うタイプなので、直線を向いて一気に加速するのではなく、道中からペースが上がる中山芝2200mはぴったりだよ。現時点ではこの3頭に注目しておこうかな。

編 わかりました。ちなみに神戸新聞杯の注目穴馬もスポーツマスターの編集部通信に挙がっていますので、外れレースの見解ともどもご覧いただければと(笑)。

石 余計なこと言わんでよろしい!





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR