単勝二頭流 ◎アクティブミノルが大逃走! 今週この穴馬だ!



書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、◎アクティブミノル(セントウルS、10人気1着)決めてくれましたね〜。

石橋 武(以下、石) あ、もうその話はいいや(笑)。Vstyleでも散々話したし、スポーツマスターでも編集部通信に出て話してきたいし。興味のあるそちらでお願いします。

編 ちぇ〜っ! せっかくあの見解の話ができると思ったのに〜。

石 あ、その話もすでにしてる(笑)。どっちで話したかな。あ、スポーツマスターの編集部通信か。まあ、とにかくご覧いただければと。ローズSの注目穴馬についても話したしね。

編 お、ラッキー。さっそくこのあとすぐにチェックしておかないと。じゃあ、こっちはなんの話をしようかな。

石 なんの話って、そりゃセントライト記念の話でしょう(笑)。むしろそれが本題だわ。

編 まあ、そうなんですけどねぇ。なんか色気もへったくれもない気がして。

石 大丈夫だよ。誰もそんなこと求めてないから(笑)。はい、そういうわけでさっさとセントライト記念の話に入りましょうかね。

編 は〜い。では石橋さんの注目穴馬を教えて下さい。

石 まずはブランドベルグ。

編 中山コースは今回が初挑戦ですよね。なかなかクセのあるコースだと思いますが、そのあたりはどうなんでしょう?

石 そう、いまキミが言ったようにクセのあるコースだし、馬場も改良して「開幕週=前残り」みたいな安易な考えも役に立たなくなったんだよね。

編 僕らにとってはすごく難しいんですよ、これが。石橋さんは馬場についていつも勝負予想の見解で書いてくれるので、それがすごく助かるんですよ。

石 たしかにいまの馬場(の造り)に慣れるまでは難しいかもね。クッション性を高めているぶん、すごくパワーが要求される馬場なんだ。まずはこれが大前提だね。

編 で、ブランドベルグにはそういう馬場が合うと。

石 うん、合うと思う。中京の粘っこい芝でも好走しているし、阪神の内回り2000mでも先行してメンバー中最速の上がりで楽勝しているように、器用な面もある。

編 パワーと器用さを兼ね備えているんですね。

石 その通り。前走は道中の位置取りのままゴールするような流れで力が発揮できなかったけど、巻き返しが期待できるね。

編 なるほど。

石 続いてはウイングチップ。

編 すでに中山でも結果を出していますよね。1800mで2着、2000mで勝利実績ありです。

石 そのふたつはともに内回りコースで、今回は外回りコースに替わるよね。

編 ええ。

石 スパッと切れる脚を使うタイプではないぶん、加速のしやすい今回のほうが走れるよ。休み明けの前走をひと叩きされた上積みも期待できるし、楽しみな一頭だよね。

編 あとはどの馬をチェックしましょうか?

石 大穴候補のタケルラムセス。春の成績があまりにも悪すぎるんだけど、寒竹賞、そして負けたとはいえ京成杯の走りはホント高く評価できる内容なんだよね。

編 たしか弥生賞では本命に推していましたよね。

石 大外れだったけど(苦笑)、でもあの判断に後悔はない。それだけの走りを見せていたからね。本命にするかどうかは別として今回も懲りずに狙ってみたいし、それだけの能力、適性の持ち主だよ。

編 タケルラムセス、きっちり覚えておきます。

石 現時点ではこの3頭に注目しておこうか。

編 わかりました。また先週のセントウルSみたいに、ひと波乱もふた波乱もありそうな穴馬が挙がりましたね。すんごく楽しみです。それこそタケルなんて来た日にゃ。

石 楽しそうだな、妄想が(笑)。

編 石橋さん、この妄想を現実のものとして下さい(笑)!

石 キミのはムリ。壮大すぎる気がする(笑)。ま、勝負予想の配信まで待ってて下さい。あ、3日間開催ともに配信しますので、忘れずにチェック指定下さいね。

編 わかりました。よろしくお願いします。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR