単勝二頭流 京成杯AH、セントウルSの穴馬はこちら!


書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) さあ、秋競馬です! 先週は配当こそアレでしたけど、西日本スポーツ杯がまさに完璧な的中で、いい思いができました。ありがとうございました。

石橋 武(以下、石) キミが「配当はアレ」とか言うんじゃない(笑)。まあ、たしかに4万しかつかなかったけど。

編 でもあれは配当よりも内容を賞賛すべき配信でしょう。穴馬の本命◎ミッキーシーガル(6人気)が1着、人気馬の本命◎スーサンジョイ(3人気)が2着。3着メイショウウタゲ(1人気)もばっちり評価して3連単41,800円の的中。

石 賞賛は大げさというかイヤミに聞こえる(苦笑)。そんな驚くほどの的中ではないと思うけどね。

編 いや、石橋さんらしいというか、1400m適性が1700mで活きると見抜いたのはホント石橋さんならではでしょう。予想を見た瞬間に「あ、キタコレ」って思いましたもん。だから単勝も3連単も厚めに勝ったですよね。

石 あ、そうなんだ。それは良かった。

編 それだけじゃなくて、土曜日は人気馬の本命にクロコスミア(8人気3着)を推して3連複5,810円というのもあったし、夏競馬のオーラス新潟最終の雷光特別では△ウールーシュヴァル(12人気2着)を高評価で、こちらも3連複8,780円的中。

石 なんか中途半端だな。当たり方も配当も。

編 いや、穴馬がしっかり馬券に絡んでいるというのがいいんですよ。こういうのがこの前みたいな35万馬券につながるんですから。見てて安心しますもん。「あ、ちゃんと穴馬が走ってるから大丈夫だ」って。だから秋競馬も超期待なんです。去年も超高配当が炸裂しまくった時期ですからね。

石 ああ、それはいいよね。同時期の開催って、同じような馬場の傾向になるので、適性馬がわかりやすい。去年の暮れの中山で稼いだのも馬場を読めていたからだし。

編 ですよね〜。路盤改修後の馬場をあそこまで読める人もなかなかいないですけど(笑)、今週末の中山から超楽しみで。

石 阪神もちゃんとチェックしておいてよ。

編 もちろんです。ちなみに中山の馬場って去年の暮れのようにパワーが必要な馬場になりそうなんですか?

石 さっきJRAの発表を見たら、エアレーション作業を行っているので、クッション性の高い馬場にはなっていると思う。ただ、去年の暮れほどパワフルな感じにはなっていないと思うよ。それでも開幕週から差しが届くような馬場だとは思うけど。

編 ふ〜ん。またそのさじ加減が難しそうですね。

石 ん〜、大丈夫じゃないかな。もちろん開幕してみて、実際はどうなってるかという話ではあるけど、わりとわかりやすいと思う。たぶん開幕週は前に注意しつつも基本的には差し馬を狙ってみたい馬場でしょう。開催が進むに連れてまえが有利になっていく形でいいと思う。

編 ああ、馬場が踏み固められて。

石 そう。雨の影響とかもあるから一概には言えないけど。まあ、そのあたりは勝負予想の見解のなかでお伝えしていきます。

編 そうですね。そのほうが伝わりやすいでしょうね。さて、ではそろそろレースの話に移りましょうか。今週末は京成杯AHとセントウルSが行われますが。

石 あ、そうそう。ひとつ相談なんだけど、今日は両方のレースから2頭ずつ穴馬を挙げるという形でいい?

編 え? ええ、もちろんいいですよ。いつもよりお得だし。でもなんでですか?

石 ほら、京成杯AHは中山マイルで、枠順もチェックしておきたいし、しかも週中は台風が来るんでしょ? その影響がどこまで出るか分からないからね。セントウルSのほうも穴馬が走ってくる余地はあるだろうけど、人気どころも強力だからさ。

編 ああ、たしかに。じゃあ、今週は特別に京成杯AHから穴馬2頭、セントウルSから穴馬2頭をピックアップするということで。

石 よろしくお願いします。

編 じゃあ、まずは京成杯AHからいきましょうか。

石 了解です。まずはショウナンアチーヴ。

編 中山巧者ですよね。今回と同じ中山芝1600mでは朝日杯FS2着、ニュージーランドT1着という実績もありますし。

石 そうそう。その2鞍とも3コーナーから4コーナーにかけてポジションを押し上げていくという競馬だったんだよね。

編 それが合っているんですか?

石 要は器用さがあって、さらに瞬発力で勝ったのではなくて持続力で勝っているということなんだけど、今のパワフルな、言い換えれば瞬発力の効かない馬場にはぴったり。だから(瞬発力の求められる)新潟で行われた去年の京成杯AHとかだと切れ負けしちゃうんだけど。

編 なるほどね〜。

石 持続力の活きる中山ならマイルでも問題ないけど、本来は1400mが得意なタイプだと思うよ。春の京王杯SCはアホみたいなスローで最後は瞬発力勝負になっちゃったけどね。

編 へ〜、じゃあ次1400mに出てきたら買いですね。

石 うん、覚えておいて損はないよ。

編 もう1頭の注目馬は?

石 ヤングマンパワー。前走の関屋記念が休み明け、プラス18キロの馬体重で先行して3着に粘った。ハンデ戦で53キロだっととはいえ、ちょっと驚いた。今回は叩き2走目の上積みも期待できるからね。

編 春のニュージーランドTの負けは気になりませんか?

石 全然。最後の直線で不利を受けたしね。デビュー2戦目で走ったジュニアC(3着)を見ても、中山のトリッキーなコース形態を苦にするようなタイプじゃない。前走以上の走りが期待できるよ。

編 では続いてはセントウルSですね。こちらの注目穴馬は?

石 マイネルエテルネルとマヤノリュウジン。マイネルの前走はいくらなでも大事に乗りすぎでしょう。この馬の良さがまったく出てない。もっと乱暴に前に行っても良かったんじゃないかな。開幕週で内回りコースだけに、先行脚質も合っているよね。

編 となると、脚質的にはマヤノリュウジンは不利じゃないですか? いつも後ろから行くし。

石 お、鋭い(笑)。実際去年のこのレースもメンバー中最速の上がりで差してきながらも5着までだったんだよね。ただ、今年はメンバー的に急流になる可能性があるんだよね。となると、同馬の出番は十分に考えられる。人気馬だったら危なっかしくてしょうがないけど、穴馬だからね。警戒しておいて損はないでしょ。

編 たしかに。

石 今のところはこんな感じかな。

編 わかりました。なんか秋競馬の開幕週からひと波乱ありそうな感じがしますね。

石 まあ、穴馬の話をしてたからね(笑)。

編 そうか(笑)。じゃあ、この続きは勝負予想でお願いしますね。

石 はい。期待してお待ち下さい。





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR