単勝二頭流 土日の注目穴馬を一挙公開!



書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、来週のこの対談は1週お休みを頂くことになりました。

石橋 武(以下、石) あ、そうなの?

編 ええ。Vstyleさんともお話しして、どちらも対談をお休みして石橋さんを休ませてあげようということになりまして。

石 なんかえらい押し付けがましく伝えるね(笑)。

Vstyle担当者 彼なりに照れてるんだと思いますよ(笑)。なんとか石橋さんを休ませようと先週から必死で駆け回ってましたから。

編 それは言わなくていいです(苦笑)。

石 そうなの!? じゃあ、来週の取材が延期になったのも?

Vstyle担当者 ええ、彼が根回しして。

石 すごいじゃん。ありがとうございます。

編 たまには休ませないと、倒れかねないので。ほら、せっかくの金づるに倒れられたら僕が困るので。

Vstyle担当者 金づるって(笑)。ホント素直じゃないですね。

石 ホント素直じゃないね(笑)。

Vstyle担当者 ほら、石橋さん、このところ全然休めてなかったじゃないですか。前もちょっと話に出ましたけど、システムを総取り替えしたりして。

石 ようやく落ち着いてきたかなという感じですからね。

Vstyle担当者 ですよね。だったらここでちょっとだけでも休んでもらおうとしていたみたいです。

石 そうなんだ。ありがとう。

編 まあ、休ませるっていっても、公式ブログとVstyleさんの対談だけですから。今週末も来週末も勝負予想はいつも通り配信してもらいますし、大した休みにはならないとは思いますが。

石 いや、ありがたいよ。じゃあ、お言葉に甘えて、来週の週中の対談だけはお休みさせてもらいます。読者の皆様にもご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。

編 僕からもお願いします。さて、そうと決まれば、今週末と来週末は馬車馬のように働いてもらいますか。

石 馬車馬(笑)。はい、馬車馬のように働かせていただきます。で、今日はVstyleさんとブログの合同企画だよね?

編 ええ。土曜日の穴馬と日曜日の穴馬、どちらもここでお話しいただければと。

石 了解です。じゃあ、土曜日から。

編 どのレースを取り上げましょう?

石 新潟10R 苗場特別にしようか。頭数も揃ってるし、新潟ダートは稼ぎやすいからね。

編 あ、稼ぎやすいんですか?

石 そうだよ。勝負予想の見解では何度も言っているけど、新潟ダートはコーナーがキツすぎて、超のつく前残りコースだからね。基本的には前に行っている馬を買うだけでいいという。

Vstyle担当者 すみません。途中で口を挟んじゃって。どうしてコーナーがキツいと前が残りやすいんですか?

石 ああ、それは簡単なことなんだ。コーナーの角度が小さいと曲がるときにどうしても減速しないと曲がり切れないでしょ? スピードが出たままだと、ものすごく外に振られちゃうから。

Vstyle担当者 ええ。

石 前に行く馬にとっては、その減速の恩恵が大きいんだ。どの馬も減速せざるを得ないということは、そのカーブで追いつかれたり突つかれたりすることがないということ。逃げ・先行馬にとってはここで息を入れられるんだよね。しかも直線が平坦だからひと息入れることで、最後までわりと簡単に粘り切れちゃうという。

Vstyle担当者 ああ、そういうことですか。

石 だから反対に追込馬にとっては非常に厳しいコースなんだ。本来なら加速して追い上げたいところで減速せざるを得ないし、直線も短いからね。

編 たしかに。

石 もちろんどの馬も前残りを意識しているから、先行したいし、早めに仕掛けていくから、めちゃくちゃなハイペースになることもあるし、強い先行馬が一頭いると、その馬のペースに巻き込まれて2、3着は差し・追込馬ということもある。そのあたりの展開的な見極めは必要だけどね。

編 では、その点を踏まえて注目穴馬を教えて下さい。

石 了解です。まずはキタサンサジンに注目しようか。

編 前走は3歳限定OPの端午Sで10着に惨敗。その前の2走がダート1200mで連続好走していますね。

石 前走は距離じゃないかな。下級条件なら能力だけで1400mもカバーできちゃうけど、さすがにOPだと1400mは長いね。いいポジションにいたけど、最後はまったく弾けるところがなかった。

編 そうでしたね。

石 そのぶん、今回の1200mの距離短縮は大きなプラス材料だし、なによりも1200mでもラクに先行できるスピードはかなり有利だよね。

編 そうですね。さっきのコース形態の話からすると、あっさりのシーンも考えられますよね。

石 しかも(条件戦レベルでは)斤量差も含め、ダートでの能力上位が3歳馬だしね。

編 そうか、短距離戦だから斤量差も大きいのか。

石 続いてはラピダメンテ。

編 前走、久々にいいところを見せてくれました。

石 そうね。一度1600万クラスに昇級して、自分のリズムを見失っちゃったかな。ただ、リズムが悪くなったところですかさず休養に入れて立て直してきたのは、好感が持てる。

編 実際、休み明けをひと叩きされた前走で善戦していますからね。

石 そうだね。前が有利な、つまり前が早くなりやすい福島ダ1150mでラクに先行できたのも、今回に向けては好材料。好調時には1600万クラスでも善戦していた能力の持ち主だけに、今回は勝ち負けまで見込めるよ。

編 たしかに。近走の戦績だけで人気を落としそうなのも、僕的にはかなりいい感じです(笑)。

石 あとはブルームーン。

編 3歳馬ですね。あれ、でも差し馬。

石 スタートが安定しないから、後方からのレースになっちゃうんだけど、いくら前有利の新潟ダ1200mといっても、差し、追込馬が来ないわけじゃない。

編 さっき石橋さんが言っていたように、展開的なことも影響しますからね。

石 それもあるし、単純にシュッとした脚が使えるタイプは、直線に向いてからのヨーイドン!の競馬で差し切っちゃうからね。能力差とかも関係するけど。

編 ブルームーンにはその可能性があると。

石 このところ1400mで負け続けているけど、距離短縮はプラスだし、1400mでも差は詰めているんだよ。1400mはワンペースになりがちで差しづらいんだけど。

編 へ〜。

石 今回は前を意識する馬が多くなるほど展開は同馬に向くし、ダート1200mは2戦2勝とまだ底を見せていない。久々に適距離に戻って、巻き返しが期待できるよ。

編 わかりました。では続いて日曜日のレースをお願いします。重賞は札幌記念と北九州記念が組まれていますが、どちらにしますか?

石 より高配当が望めそうな北九州記念にしようかな。

編 お、高配当! いいですね〜(笑)。ではこちらのほうの注目穴馬をお願いします。

石 まずはサトノデプロマット。

編 連勝の勢いを駆って重賞に挑戦した前走が案外で……。

石 まあね。洋芝が合わなかったということはないと思うけどね。ダートでも走っていた馬だけにそんなに非力な馬じゃないし。単に太かったということだと思うよ。パドック見てても余裕があったもの。輸送を気にしすぎたんじゃないかな。ただ、能力は高いよ。

編 ずっとダート戦を使われてきましたけど、芝に転向した2戦を連勝していますからね。

石 そうだね。それもあって前走も、と期待したんだけど(苦笑)。ただ、そのあと無理使いをせずにひと息いれたのはいいよね。調教からすると今回はおそらく差す競馬をしてくるつもりだろうけど、差しの効く小倉ならそれも有利に働くしね。

編 調教から。色々とチェックしてますね〜。

石 そりゃね(笑)。皆さんになんとかいい思いをしてもらいたいので。

編 あざっす(笑)! あとの2頭は?

石 前走の同コースでの勝ちっぷりがすばらしかったミッキーラブソング。そして小倉実績の豊富なマイネルエテルネルを挙げておこうかな。ミッキーラブソングはまだ小倉で1戦1勝だけど、前走だけで十分巧者と言える内容を見せているしね。

編 わかりました。では今週の土日はこの馬たちに注目しておきます。あとは週末の勝負予想ですね。気持ちよく休んでもらうためにも、大きいのをお願いしますよ。

石 ホントだね。Vstyleさんのほうも合わせてご期待下さい。

編&Vstyle担当者 よろしくお願いします!





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR