単勝二頭流 関屋記念はこの穴馬が走る!



書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、今週も関屋記念なんですけど、スマートオリンどうですか?

石橋 武(以下、石) なんでいきなりスマートオリオン!?

編 だってほら、前走の中京記念が完璧な予想だったじゃないですか。本命◎スマートオリオンで。あれはいま考えてもすごいなと思ってまして。

石 そんなに人気薄じゃなかったじゃん。6番人気くらいだったでしょ?

編 ええ、ただ人気じゃないんです。ずっとスプリント戦を中心に走ってきた馬を、初の芝マイル戦で本命に推すという、その適性の見破り方にやられたんです。

石 やられた(笑)。

編 いや、ホント大げさじゃなく。そうだ。中京記念のときの見解を出しちゃいましょうよ。

石 え〜。前走時の見解なんていいよ。

編 いやいや、参考になるところも多いですから。ではどうぞ。

【◎スマートオリオンは、前走で1400mをあっさりとクリア。1200mを中心に使われていただけに折り合いが心配されたが、直線に入るまで力を抜いた走りで、追い出すとともにしっかり伸びるまったく危なげのない競馬ぶりという完璧な一発回答。坂を上っても脚色はまったくと衰えずに、さらなる距離延長も問題なしだ。また、今の中京の馬場はかなり荒れており、非常にパワーを要するのも、洋芝を得意とするパワフルな走りが特徴の同馬にとって大きなプラスとなる。鞍上には追える名手を配し、調教からも好調なのは明らか。万全の態勢でレースに臨む今回は落とせないレースだ。】

編 と、これが前走時のコメントで、実際この通りになったわけすが、ひとつ気になることがありまして。

石 なに?

編 スマートオリオンのパワフルな走りって、新潟でも問題ないんですか? 新潟は軽いスピード馬場というイメージがあるんですが。

石 お、いいところに気がついたね。開催3週目ともなれば(JRAがクッション性の高い馬場を意識的に作っているいまは)馬場の内から堅く踏みしめられて軽いスピード馬場になっていくのは事実。それだけに土曜日の馬場も踏まえてチェックしなければならないけど、ただ、そもそもスプリント戦で勝ち負けしていた馬だからね。スピード不足ということはないよね。

編 まあ、そうですよね。

石 いずれにせよどういう印を打つか、あるいは無印にするのか、そのあたりは週末の勝負予想までお待ちいただければと。

編 そうですね。じゃあ、今日のところは人気馬は置いといて、現時点での注目穴馬について教えてください。

石 了解です。ん〜と、まずはサトノギャラントをチェック。

編 去年の3着馬ですよね。

石 そうね。去年はスタートで後手を踏んでほぼ最後方からのレースになったけど、長い直線を利してなんとか馬券圏内に突っ込んできたんだよね。

編 ただ、その出遅れグセがまだ治ってないという……。

石 もう出遅れるのがデフォとしてレースをするしかないよね。むしろ好スタートを切ったら慌てるくらいの(笑)。ただそのぶん末脚は切れるし、新潟のマイル戦はスローになりやすいから、出遅れても前との差がそんなに開かないんだよね。それも同馬に合っているひとつの要因だよね。

編 あ、新潟芝1600mってスローになりやすいんですか。

石 そうだよ。まずどうしても最後の直線が長い=末脚を残さなければという騎手心理も働くし、コース形態的にもコーナーが急だからそこで絶対にペースが緩む。コーナーあたりではマイル戦でもハロン12秒なんか当たり前な感じだからね。

編 となると前有利に思えちゃうんですけど。

石 だから単純て言われるんだよ。

編 え、言われてるんですか?

石 知らないけど(笑)。たしかにスローということは前にいる馬もラクをしているということではある。ただ、さっきも言ったように後ろの馬も脚を溜めながら追走しやすいということでもあるし、ましてや直線の長い新潟芝コースだと、瞬発力のあるタイプが一気に差し切っちゃえるんだ。

編 ああ、前にいったアドバンテージがスローで上手く活かせないという。

石 そうそう。直線に向いて前との差が仮に20mくらいあっても、そんなもん瞬発力タイプにとってはあっという間に縮められる差だからね。逆にハイペースで逃げられるとちょっとやっかいなんだけど、今回はそういう馬もいないし。

編 なるほどね〜。

石 続いてアルバタックスもチェック。

編 前走の中京記念はメンバー中最速の上がりで詰めてきたんですけどね〜。

石 そうね。なかなかいい競馬だったよね。ただ、中京マイルはこの馬にとってはちょっとタフすぎたかも。

編 あ、そうですか?

石 もちろん展開にもよるけど、前走は最後に脚色が完全に鈍っちゃってたよね。

編 直線が長過ぎたんですか?

石 いや、脚質的にも直線が長いというのは、この馬にとってプラスだよ。ただ、やはりあれだけ起伏が激しいと、最後は苦しくなるんだよね。その点、今回は直線は長くて平坦。アルバタックスにとってはもっとも走りやすいコースと言えるんじゃないかな。

編 たしかに3走前は後方からの馬に出し抜けをくらった格好になりましたけど、最後まで伸びていましたよね。

石 とはいえ、やっぱり今回は後ろから行ってほしいけどね。先行できるとはいっても自分で流れを作れるタイプじゃないし。まあ、そのあたりは枠順も関係してくるので、週末の勝負予想でどう評価するかになるかな。

編 そうですね。

石 あとはヤングマンパワーかな。前走のNHKマイルCは前残りの展開にやられちゃったけど、それでも3コーナーふたケタ番手からよく6着まで追い上げてきたよ。最初は小回り向きかとも思っていたけど、前走は長くいい脚を使っていたし、別定重賞で古馬との斤量差を活かせば大駆けが期待できるよ。

編 わかりました。では、現時点ではこの3頭に注目ということで。

石 はい。あとは週末まで楽しみにお待ち下さい。

編 はい、今週末の勝負予想もよろしくお願いします!





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR