単勝二頭流 土日の穴馬をチェック!

書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、相当忙しそうですね。これで3週連続でVstyleさんとの合同企画ですよ。

石橋 武(以下、石) すみません。。。ホント申し訳ないです。

Vstyle編集者 いや、ウチが無理を言って対談していただいているので。今だから言えますけど、本当は一度石橋さんにお断りされているんですよ。対談のオファーを出したときに。先々時間が取れない可能性があるということで。それでもこちらで対応しますからということで、了解してもらって。

編 たしかに石橋さんの話は皆さん聞きたいでしょうからね。netkeiba.comさんで対談していたころから1番人気のコンテンツでしたから。

石 いや、でも一度お受けしたからにはなんとか更新に間に合うようにとやってきたんですが、今はちょっと秋に向けていろいろとシステムを改良しているもので……。単行本を出したときにデータを配信していたんだけど、馬場、まあ特に芝とかそういうのが変わっているので、マイナーチェンジしながら分析しているたんだよね。ただ、そのマイナーチェンジの手間というか時間ももったいないので、思い切ってシステム自体を新しくしちゃおうと。あくまで直接予想に反映するものではないんだけど、僕にとっては必要なので。

編 いや、別に文句を言っているわけではないんですけど(笑)。

石 さっき始まる前に文句言ってただろ(笑)。

編 それは先週とんでもない時間にスタートしたからです(笑)。朝の4時スタートとかマジあり得ないので。

石 あ〜、あれはね〜。たしかに(笑)。ただ、今週でようやく落ち着くので、来週からは間違いなく平常通りの更新でお送りできます。これは約束できますので。

編 よろしくお願いします。とはいえ、その忙しいさなかにも先週のこの対談でお伝えした穴馬が激走してるんですよね。

Vstyle編集者 函館記念ですよね。あれは凄かった。Vstyleのほうもエライ反響がありましたよ。

編 やっぱり。推奨した穴馬3頭のうち、ハギノハイブリッドが10番人気2着、ヤマカツエースが7番人気3着に好走しましたからね。

石 ダービーフィズを軽んじて馬券は外しましたけどね(苦笑)。

編 あれは獲ってほしかったですけどね。獲ってほしかったというか、石橋さんの本命のすごさを的中という形でみんなに知ってほしかった。

Vstyle編集者 勝負予想はハギノハイブリッドが本命でしたもんね。ただ、ああいう予想ができるからこそ高配当がバンバン当たるんだなと改めて思い知らされました。勝負予想の「見解」もドンピシャでしたし。

石 あ、それはスポーツマスターの編集部通信に使うみたいです。さっき連絡があって。

編 じゃあ、興味のある方はそちらをご覧いただくとして、2レースぶんの穴馬チェックなので、そろそろ始めましょうか。

Vstyle編集者 そうですね。ではさっそくお願いします。

編 まずは土曜日。どのレースを取り上げましょうか。

石 じゃあ今年最後の函館開催から10Rの横津岳特別にしようか。

編 芝2600m、渋っ(笑)。ではさっそくですが、現時点での注目穴馬をお願いします。

石 了解。じゃあ、まずはスリーヴェローチェに注目。

編 あ、勝ち切れないものの、この距離は得意ですよね。

石 得意というか、スピードがなさすぎてこれくらいの距離、メンバー相手としか戦えないというかな。だからこそまだ中央では未勝利なんだけど。

編 それでも今回は推すんですよね。

石 うん。まずは開催最終週で馬場が荒れているのがこの馬にとってはプラス材料。それにスピード不足とはいっても、バテない強みと器用さはある。だからこそこういうスタミナを要求されるレース、コーナーをクルクル回るようなレースでは、メンバー中上位の上がりを使えるんだ。

編 前走も上がりはメンバー中3位でしたしね。

石 その通り。先週からBコースに替わって前残り馬場を先行できるし、その上スピードはさほど求められないとなれば、この馬の出番だよ。

編 なるほど〜。

石 続いてはジューヴルエール。

編 この馬も善戦はしているんですけど、勝ち切れないですよね。

石 このレースに出走してくるのは、そういう馬ばかりだからね(笑)。ジューヴルエールはここ2走のように瞬発力が必要な京都とか東京だと、エンジンのかかりが遅くて一瞬置かれる。ただ、こういう中途半端な距離とパワーのいる馬場なら追えば追うほど伸びるというこの馬の良さが活かせるからね。今回は勝ち負けまで見込めるんじゃないかな。

編 もともとはデニムアンドルビーにも先着してたほどの馬ですからね。

石 それ未勝利時代の話だよね(笑)。まあ、クラシックで勝ち負けするような馬という方向性ではないけど、素質があるのはたしか。今回は期待したいね。あ〜っと。

編 どうしました?

石 ごめん。ちょっと時間が危なくなってきた。ここからはバッと駆け足で。いきます。もう1頭はマイネルアクロス。これもまあ、言ってみればさっきの2頭と同じで今の函館は合うよ。

編 では日曜日。中京記念の注目馬を。

石 中京記念は中京芝1600mという特殊なコース攻略がカギを握る。直線がやたらと長いし、急坂もある。だからほかのコースで伸びてはいるけど差し届かなかったようなタイプを狙うといいんだ。

編 そのあたりを踏まえると、今回の注目穴馬は?

石 アルバタックス、オツウ、トーセンレーヴ。先行タイプもいるけど、長くいい脚を使えるのがいいよね。この3頭はハンデも手頃だし、妙味もたっぷり。とりあえずはこの3頭に注目しておいて。詳しくは勝負予想の見解に書くので。時間がなくて申し訳ない。最終の新幹線に乗らないとマズイので。もちろん週末の勝負予想は腰を据えてじっくりと取り組みますのでご安心を。

編 これから新幹線!? 急がないとヤバイですね。じゃあ、週末はよろしくお願いします。

石 はい。来週からはこんなことはないので。読者の皆様にもご迷惑をおかけします。ごめんなさい。

編 もういいですから、早く出て下さいよ。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR