単勝二頭流 夏競馬スタート直後に10万馬券的中! 七夕賞も高配当狙い!



書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、今週はブログとVstyleさんの合同対談と聞いてるんですけど……。

石橋 武(以下、石) そうなんです。ちょっと別々にする時間が取れなくて、申し訳ないんだけど合同でお話しさせていただこうかと。

Vstyle編集者 それは構わないんですが、内容はどうしましょう?

石 もちろん土日のレースについてお話しします。

編 あ、ホントにまとめてやっちゃうだけね(笑)。

石 そういうこと(笑)。

編 まあ、いいか。

Vstyle編集者 進行はお願いします。

石 じゃあ、そういうことで。

編 了解です。というか、そんなことはいいんですけど、先週はなかなかの高配当が出てましたね。

石 そんなことって言うな(笑)。え〜と、先週の高配当? ああ、猪苗代特別ね。

Vstyle編集者 そうそう! Vstyleの「二頭両談」と「二頭流一鞍道場」でも紹介したレースですよね。

編 3連単12万3,720円、3連複29,900円の的中。

石 勝ったのは人気馬の本命◎ロワジャルダン(1人気)だったんだけど、うまいこと2、3着に人気薄が突っ込んできてくれて。

編 11番人気(!)の△ロジテールと8番人気の△エイシンヴァラーですよね。よくこの2頭へ印を回せましたよね。

石 Vstyleの「二頭両談」でも話したように、もともとエイシンヴァラーは注目していた穴馬だし、そんなに難しいレースではなかったんだけど。って、当たったから何とでも言えちゃうと思われたらイヤだな(笑)。でもまあ、夏競馬らしいというかローカルらしい荒れ方だよ。ああいうレースは今週以降もバンバン出てくると思うよ。

編 あ、それは思いました。去年の夏競馬でも10万馬券がポンポン当たってましたけど、猪苗代特別を見てて、そういえば去年もこういうレースが多かったよなって。

石 だよね。◎ロワジャルダンみたいに強い馬が勝っても、2着、3着にローカル適性がある馬とか、人気の盲点になっている人気薄が来れば思った以上に配当がつくというね。

編 ある意味石橋さんの得意技と言えるかもしれません(笑)。

石 得意技(笑)。でもまあ、ああいうレースは積極的に狙っていくからね。あまり配当で語るのは好きじゃないけど、10万、20万の馬券が取りやすいシーズンだよね。

編 そこはホントに期待してますよ、読者の方も同じだと思いますし。

Vstyle編集者 Vstyleの読者もそこらへんがよくわかっているようで、猪苗代特別の反響は大きかったですし、(Vstyleでは買い目までは公開していないが)石橋さん得意の夏競馬だからと狙って獲ったという方は多かったみたいですよ。

石 お役に立ててなによりです。

編 さらに日曜日もラジオNIKKEI賞で3連複19,940円も的中。勝ったのが1番人気のアンビシャスだけに3連単も行けたかな〜と思うんですが。

石 いや、あのレースはアンビシャスみたいな馬を軽視してナンボなので、僕ではあの3連単は厳しいかな。やせ我慢してあえて言うなら、あの3連単はいらないというか、獲れなくていい。あ、誤解のないように言っておくと、予想をご覧になった方には申し訳ないと思ってますけど。

編 ラジオNIKKEI賞だからこそ、ああいう人気馬を軽視したということ?

石 そう。今年はアンビシャスが抜けていたわけだけど、適性が合ったわけではない。そういう馬はたいてい人気でコケるからね。アンビシャスみたいな馬から買うと、むしろ獲れないことが多いんだよね。

編 危ない人気馬ということですよね。

石 結果的に勝たれたので、危ない人気馬ではなかったんだけど、実際僕も押さえていたし。ただ、決して本命で狙うべき馬ではないというかな。なんというか、ラジオNIKKEI賞を5回やって1回はああいう馬に走られても、あとの4回で高配当を獲ればいいわけで。

編 今年の3連複19,940円も高配当なんですけどね(笑)。

Vstyle編集者 たしかに(笑)。

石 ま、そんな感じで、今週も高配当を狙っていこうかと。

編 ですね。じゃあそろそろ今週の話に移りましょうかということで、まずは土曜日のレースから。どのレースを狙いましょう?

石 中京11Rの豊明Sにしようか。

編 わかりました。では現時点での注目穴馬をお願いします。

石 ポンポン行きますね。まずは前走の1800mから距離を短縮してくるマルタカシクレノン。

編 距離短縮馬のほうがいいですか?

石 少なくとも延長してくるよりはね。最後の直線が長すぎるくらいあって、しかも急坂も待ち構える中京芝1400mはかなりタフなコースなんだ。こういうコースは距離を短縮してくる馬のほうがフィットしやすい。

編 スタミナの裏付けがあるわけですからね。

石 あとは負荷がかかるレースに慣れているというのもあるかな。さらにマルタカシクレノンは1400mでの実績もあって、脚質もわりと自在性がある。

編 たしかに逃げても差しても競馬ができるタイプですよね。

石 こういうタフなコースだけに本来は差し馬が台頭しやすいんだけど、開幕からまだ2週だけに前が残るケースも想定すると、こういう自在性のある馬というのはそれだけで有利なんだ。

編 ハンデも55キロと、前走から減っていますしね。

石 そうだね。前走は厳しいペースで逃げて負けたけど、あの負荷のかかったレースをしたことが今回活きてくると思う。要チェックだね。

編 なるほど。

石 あとはアンブリッジと、メイショウライナー。

編 ともに今回が昇級緒戦になりますね。いきなり通用しちゃいます?

石 「夏は格より調子」というわけでもないんだけど、ともにクラスが上がってペースが厳しくなったほうが力を発揮できるタイプなんだよね。

編 そうですか? アンブリッジなんかはペースが緩んだほうがいいような気もしますが。

石 いや、変にペースが緩んで瞬発力が要求される流れになるよりも、持ち味でもある持続力を発揮できる流れになったほうがいいよ。このクラスまできたら同馬の瞬発力じゃ通用しない。一定以上のラップを続けてもバテない強みを活かしたほうがいいし、このクラスだとそういうペースになりやすいから。

編 わかりました。では豊明特別ではこの3頭に注目ということで。続いて日曜日なんですが、七夕賞がいいです(笑)。

石 そう言うだろうなと思ってました(笑)。

編 お、やった(笑)。では七夕賞の注目穴馬をお願いします。

石 了解です。じゃあ、マイネルディーンから。

編 福島で3走して一度も馬券圏内を外していないコース巧者ですよね。

石 その通り。前走の新潟大賞典みたいにシュッと加速するレースになっちゃうとツライんだけど、レース中盤から徐々にペースの上がる小回りだとエンジンのかかりの遅い同馬でもついていけるからね。

編 ああ、前々走と前走を比較するとわかりやすいですね。

石 そうそう。一瞬の加速では置いていかれるけど、前々走のような流れだとちゃんとついていって脚も使えるという。今回も2走前と同じ福島芝2000mで同様の流れが見込まれるだけに、当然注目だよね。

編 福島実績のわりに人気がなさそうですし、期待したいですね。

石 あとはバーバラ。ずっとスプリント戦を使われてきたんだけど、福島芝1800mを走った前走でなかなかの競馬を見せたんだ。

編 一気に2ハロンの距離延長だったんですけど、勝ち馬からは0.5秒差。今はこれくらいの距離があったほうが走りやすいですかね。

石 スプリント戦で活躍していたスピードはここに入れば上位だからね。それにスプリント時代も切れる脚で勝つというよりは、スピードを持続させるレースで結果を出していた。前走は一気の距離延長もあってちょっと前のめりの競馬になったけど、慣れの見込める今回はラクについて行けるだろうし。

編 ハンデも52キロですからね。

石 あとはグランデスバルもいいね。

編 おっと、超人気薄っぽいですよ。

石 ハンデ戦ぽくていいでしょ(笑)? ただ、もちろん単に人気がないだけじゃない。福島での実績もあるし、中山芝コースでの成績がダントツにいいよね。

編 ええ。特に中央に再入厩後の好走はほとんど中山ですよね。

石 ご存じの通り中山コースも小回りコースで、瞬発力はあまり必要のないコース。福島と共通点は多いよね。同馬にとってこのコースは力を発揮しやすいと思う。長期休養明けを使われつつ、巻き返してくる可能性は十分にあるよ。とりあえずはこの3頭というか、6頭に注目しておこうかな。あとは週末の勝負予想配信までお待ちいただければと。

編 わかりました。

石 ということで、今週は2レースをまとめて話させていただきました。ありがとうございました。来週はたぶん通常通りのスケジュールでいけると思います。夏競馬もブログ、Vstyle、そしてスポーツマスターの勝負レースにぜひ注目してみて下さい。

編 ポンポン高配当が出ますから、きっと皆さんもびっくりしますよ(笑)。

Vstyle編集者 たしかに(笑)。それでは今週末もよろしくお願いします。ありがとうございました。





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR