単勝二頭流 夏競馬のスタートダッシュはこの穴馬から!


書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、先週は本命馬の好走が多かったんですが、結果的に堅かったり、2、3着までだったりと、ちょっとストレスの溜まるレースが多かったかなと。

石橋 武(以下、石) だね〜。勝ったのはカレンケカリーナとか人気馬の本命◎が多かったし、穴馬の本命◎も含めて馬券には絡むんだけど相手が堅かったり、勝ち切れないぶん3連複の的中が多かったりね。

編 ちゃんと来てるんですよね〜、で思い出した! ちょっとストレスの溜まる〜じゃないわ! すげ〜ストレスなんですよ!

石 おっと、いきなり何でスイッチが入った(笑)?

編 日曜日の東京メイン・パラダイスSですよっ。

石 ああ〜、あれか〜(△スマートオリオン/11人気 → ◎カオスモス/3人気 → △ミナレット/4人気で決着)。

編 あれか〜じゃないですよ〜。人気馬の本命◎カオスモスが内にモタれさえしなければ3連単22万7,100円的中だったんですよ!?

石 馬だってわざとやったわけじゃないしさ、3連複40,020円は当たってるので損したわけじゃないし。

編 損どころか普通に儲かってますけど(笑)、ただレースを見直せばわかりますけど、あれは完全に勝ったレースですからね。

石 それが競馬だし、そういうことがあるのを承知で賭けているわけだから。反対にそういうのに僕らが助けられることだってあるわけだし。

編 ……でも22万馬券はデカイよな〜。

石 そんなもん、いつでも獲れるから大丈夫だよ。すぐに忘れるって。

編 だったら今週当てて下さいよ〜。

石 いいよ。って簡単に約束できるか(笑)。ただ、チャンスはあるよね。ラジオNIKKEI賞とか、相変わらず函館も面白いし。

編 競馬だから約束はできないってだけで、自信はあると。

石 配当に関して約束するバカはいないでしょ(苦笑)。ただ、ローカル開催はコース形態的にも特殊だから、そういうコースは楽しいよ。

編 実際に実績を残していますしね。では石橋さん得意の夏競馬でド〜ンと儲けさせていただきましょう。さっそく今週のお話をお願いします。先週はショウナンパンドラ(11人気)も3着に好走していますし、穴馬選びの参考にしていただいている方は非常に多いので。

石 せっかくだらかさっきのラジオNIKKEI賞をやろうか。穴馬はすんなり決まったし。人気馬がコケるパターンもわかりやすいし。

編 ということは高配当が狙えるレースじゃないですか!?

石 だからさっきそう言ったでしょ。面白いって。

編 おお〜、で、どんな特徴というかパターンがあるんですか?

石 まず穴馬に関しては前走でクラシックトライアルを大敗しているような馬が狙い目。特に切れ負けしちゃったような馬がオススメだよね。人気馬でコケるのはその逆で、クラシックトライアルでいい競馬ができた馬は凡走の可能性が高い。

編 ああ、そういうことか〜。

石 言ってみればローカルでの穴狙いの常道でもあるんだけど、3歳限定戦とかだと近走の成績に目がくらんじゃって、いまだにその狙い方で高配当が当たっちゃうんだ。

編 おお、楽しみだ。で、それを踏まえると、現時点での注目穴馬は?

石 まずはさっきの条件の典型であるストレンジクォーク。

編 たしかに青葉賞で10着に大敗してますね。

石 しかもスローの流れを先行して、上がり33秒台を出した馬たちにことごとくかわされるという、典型的な切れ負けパターン。クラシック路線は基本的に瞬発力が求められるコースで行なわれるんだけど、ラジオNIKKEI賞が行なわれる福島芝1800mで求められるのは小回りをこなす器用さと、(小回り特有の)厳しい流れを耐えるだけで持続力。

編 その点、ストレンジクォークは中山芝2000mで2勝を挙げているように、小回りへの適性を示していますよね。

石 その通り。厳しい流れのなか徐々にポジションを上げていくようなタフな競馬も経験しているし、前走の大敗で人気を落とす今回は楽しみな一頭だよ。

編 なるほど。

石 続いてチェックするのがグランアルマダ。

編 あれ、この馬はクラシック路線で走っていたわけじゃないですよね。

石 そうね。さっきも言ったけど瞬発力勝負のコースが多すぎて出世できなかったタイプだから。ただ、逆に前走の内回りコースみたいに適性のある舞台であれば古馬1000万クラスでも勝ち負けできる。

編 しかも前に行って粘ったのってこの馬だけだったんですよね。

石 そう。かなり厳しい流れになったんだけど、持ち前の持続力を活かして2着に粘ったんだ。掲示板に載ったのは、この馬以外は4頭とも4コーナーでふたケタ番手だった馬ということを考えると驚異的ですらある。いくら52キロだったとは言っても、なかなかできる芸当じゃないよね。

編 その持続力が今回は活きてくると。

石 そういうこと。福島芝1800mなら苦手な瞬発力勝負に持ち込まれることはほぼないだろうし、好走が期待できるよ。そもそも夏の古馬1000万クラスで勝ち負けできる馬って、秋華賞、菊花賞でも通用するわけだから。

編 能力的にもG3ならまったく問題なしということですね。

石 あとはミュゼゴースト。

編 近6走が3、2、1、3、1、3着となかなか勝ち切れないイメージですよね。あ、でもそれがいいのか。

石 そう。というか、別に良くはないんだけど(笑)、この馬も前走は切れ負けしちゃっているよね。ただ2走前の中山芝2000mで行なわれた山藤賞では、反対にメンバー中最速の上がりで勝利。持続力の求められるコースで上がり1位というのは、その特質に優れているということだから、当然今回もばっちり。

編 今、名前の挙がった3頭のなかではいちばん人気しそうな感じですね。

石 それでも5、6番人気じゃない? 妙味も十分だと思うよ。ちなみに……、あ、やめとこ。

編 うわ、感じ悪いわ〜。途中でやめないで下さいよ。なんなんですか?

石 あくまで今のところの話だけど、僕の菊花賞候補はこのミュゼゴーストなんだ。今からそのつもりでレースを観ておこうって言おうとしたけど、替わる可能性があるからまあいいかと思って。

編 へ〜、へ〜。これが現時点での菊花賞候補なのか〜。ちょっとレースを観るのが楽しみです。石橋さんとしてもぜひとも勝ってほしいんじゃないですか?

石 ここは2着くらいでシレッと賞金を加算。トライアルは惨敗で菊花賞に出てくるというのが理想だけどね(笑)。

編 たしかに(笑)。そのあたりも考えつつレースを観ておきます!

石 あ、念のために言っておくけど、勝負予想でこの馬がどんな評価になろうとも、それがラジオNIKKEI賞での評価なので、さっきの話とは切り離して考えて下さいね。さっきのはあくまでおまけなので。

編 わかってますって。では、週末の勝負予想も期待しています! どうもありがとうございました。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR