単勝二頭流 宝塚記念の激走穴馬みっけ!



書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、先週の対談で取り上げた函館スプリントSは、推奨した穴馬3頭のうちのレンイングランドが12番人気3着に好走。相変わらず函館での適性をばっちり掴んでいますね。

石橋 武(以下、石) ただ、馬券は外しちゃったからね。2着のアースソニックが抜けで。

編 結果、3連単94万馬券という大荒れ決着となったわけですが、でもなんとなく取れそうな感じはありますよね。

石 そうだね。まあ、94万円までつくかどうかは別として、先週上位に走ってきた馬の適性は、前日のHTB杯も含めて去年と大きく変わったところがない印象だよ。

編 そのHTB杯も3連単100万円を越える超高配当決着となったんですよね。

石 はい、こちらも外してしまいました。すみません。

編 ただ、Vstyleでこのレースの穴馬を取り上げていましたけど、推奨した穴馬3頭のうちオオタニジムチョウが13番人気4着、ポルボローネが6番人気5着。ちゃんと上位に走ってきていますからね。それも含めて、まあ、高配当は獲れるだろうなと。100万くらいの。

石 しれっと100万とか言わないように(笑)。

編 願望です(笑)。まあ、冗談はさておき、というかあながち冗談でもないんですけど(笑)、やはり今の函館芝は、先週もお話ししていたようにスピードの持続力が大事になってくるというイメージでいいですか?

石 特に芝1200mはそうだね。思ったよりも馬場が堅いのかな、ちょっと想定よりもスピードがある馬が走っていて、そのあたりが獲り切れなかった原因かなと思っているんだけど、そこはすぐに修正できるので。持続力は今週以降も意識しておいたほうがいいよね。

編 今週も函館芝1200mの勝負予想はありそうですか?

石 まだ月曜日の段階なのでなんとも言えないけど(笑)、面白いレースがあればもちろん出す予定だよ。さっきちらっと登録馬を見たけど、土曜日の長万部特別とか面白そうだよね。ただ、高配当が望めるのは函館芝1200mだけじゃないからね(苦笑)。

編 もちろんわかってますって(笑)。ただ期待している人が多いので、聞いておかないと。そうそう、他のレースも、ということで今週は春のG1オーラスの宝塚記念が行なわれますね。

石 普通は最初にその話だと思うぞ(笑)。まあ、いいんだけどね。

編 たしかに(笑)。じゃあ、そろそろその本題に移りましょうか。宝塚記念の現時点での注目穴馬を教えていただけますか?

石 はい。ではまずはカレンミロティックに注目。

編 去年の2着馬ですね。

石 もうちょっと人気になるかなと思ったけど、専門誌の印なんかを見ているとそうでもないかな。

編 意外と人気は落ち着きそうですよね。5〜6番人気とか。ちなみに評価したのは去年の2着という実績ですか?

石 それもあるけど、この馬は瞬発力が足りないぶん、厳しいペースでレースを進めてもなかなかバテないという強みがある。阪神芝2200mは内回りコースを使用するんだけど、このコースは後半から一気にペースが上がるタフな流れになることが多いんだ。

編 ですよね。だからそういう競馬に強いゴールドシップが2連覇をしているわけで。

石 そうだね。実際、去年はカレンもゴールドシップに先着を許しているし。

編 それでも逆転は可能と。

石 ペース次第だよね。去年の宝塚記念とか前走の天皇賞(春)もそうなんだけど、スローに落とすと瞬発力のあるタイプにやられたり、去年の宝塚記念のように、出遅れたゴールドシップにスタンド前でラクに前につけられたりと、あんまりいいことがない。

編 むしろ厳しいペースで先行したほうがいいと。

石 そうだね。それは鞍上も前走でわかったと思うよ。今回は前走から一気に距離が短くなるし、ある程度ムチャというか、厳しいレースをしても問題ない。この馬の強みをフルに活かす競馬ができれば、G1奪取も可能だよ。というか、この馬にG1を勝つチャンスがあるとしたら、宝塚記念か有馬記念でしょう。

編 ああ、他の古馬G1戦だと瞬発力が必要ですもんね。

石 あとはワンアンドオンリーもチェックしておきたい。

編 さっきのカレンミロティックと反対で、瞬発力を武器に勝負するタイプじゃないですか?

石 ダービーも勝っているし、たしかにそう受け取る人も多いよね。ただ、僕の場合は……

編 あ、そうか。石橋さんって、ワンアンドオンリーは、ダービーよりも皐月賞に向いているって言い続けてますよね。ダービーの後も(笑)。

石 最後の一言は余計だけど(笑)、そうなんだよね。ダービーがフロックだったとは言わないけど、あのレースは内枠・先行有利の馬場で、先行力を活かした勝利。瞬発力というよりスピードの持続力で勝ったレースだよね。というか、先行しつつメンバー中2位の上がりを使っていることこそ、厳しい流れで脚を伸ばせることを証明しているように思えるんだ。その意味でも、適性はいまだに小回りのタフな流れにあると確信しているよ。

編 ああ、脚を溜めてビュッと伸びるんじゃなくて、ある程度のスピードで走りつつも、そこからさらに脚を伸ばせるということですよね。

石 そうそう、そういうこと。前走も慣れない海外の競馬で先行。ちょっと厳しいかなと思ったところから、さらに脚を伸ばして3着でしょ。やはりああいう競馬に対する適性は高いし、もちろん能力も文句なし。阪神では4戦して3勝を含むパーフェクト連対。コース巧者でもあるからね。勝ち負けになる一頭だよ。

編 わかりました。あと一頭挙げていただくと?

石 ショウナンパンドラ。

編 おっと、これはちょっと意外な名前が挙がりましたね。先の2頭とは違い差し脚質ですよね。

石 そうだね。しかも内回りコースの秋華賞を中団から差し切っているのはいいよね。牝馬らしい一瞬の切れで、ハイペースをスパッと勝ち切ってみせた。今回も内回りのレースで澱みのない流れが予想されるだけに、この馬の瞬発力には期待したいよね。

編 ですね。いくら持続力が効くコースとはいえ、毎年のように一頭は差し馬が馬券に絡んできますもんね。

石 しかもこのところ牝馬も馬券に絡んでくるから。近3走は結果が出ていないけど、エリザベス女王杯はスローにハマッてしまって、2走前は道悪というよりも休み明けの影響だろうね。前走は明らかに距離不足と前残りの展開。どのレースも敗因ははっきりしているんだ。

編 でもそれで人気を落としてしまっているという。

石 そう。適性があるのに人気がないというね。実績からもわかるように、仮に道悪になっても問題ないし、これぞ穴馬って感じかな。いまのところはこの3頭に注目しておこう。

編 わかりました。終わりよければすべて良しじゃないですけど、春のG1をいい形で締めくくりたいですね。

石 締めくくると言うより、高配当が目白押しの夏競馬に向けて弾みをつけておきたいね。ついでに財布の中身も厚くしておきたいし。

編 ですよね〜。せっかく20万馬券が当たってるのに、買ってなかったじゃどうしようもないですからね。石橋さん、お願いしますよ!

石 はいはい、期待してお待ち下さい。そのかわりといってはなんだけど、今週の勝負レースで穴馬の本命◎がどんなに人気薄でもビビらないように。

編 前はそれで20万馬券を取り損ねたからな〜(苦笑)。今度こそ、気をつけます(笑)。どうもありがとうございました。




-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR