単勝二頭流 お待たせしました! 函館SSの穴馬はこれだっ!


書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、さあ函館です! というか、G1が一段落しても相変わらず忙しいんですね。

石橋 武(以下、石) G1が終わっても競馬は毎週あるし、そうそう時間があくなんてことはないよね。

編 そうですよね〜。競馬は続きますもんね。

石 それに一昨年、去年と夏競馬の成績が良かったと言って下さる方が多くて、色々と取材を受けたりしているので。

編 ああ、そっちもあるのか〜。そりゃ、時間がなくなっちゃいますね。

石 おかげでこちらのコラムが1日遅れてしまって申し訳ないです。

編 ホントですよ(笑)。ただまあ、けがの功名というか、今回は函館スプリントSの枠順確定後の対談ですから、そこも踏まえたうえでお話を聞けるかなと。

石 開幕週だけに枠順は大切だからね。

編 ええ。というわけでさっそく始めちゃいましょうか。

石 いつでもいいですよ。

編 では函館スプリントSの注目穴馬をお願いします。

石 はい。まずはレンイングランドに注目しようか。

編 今年に入ってからふたケタ着順が続いているのが気になりますけど。

石 G1のNHKマイルCも含めだからね。レベルが高いというのもあるけど、あとは距離だと思うよ。この馬、本質的には持続力を活かすタイプのスプリンターだから。

編 たしかに芝で勝っているのは1200mだけなんですよね。

石 で、そのうちの1勝が洋芝の札幌。札幌では3回走って1500mと距離の長かったデビュー戦以外は馬券絡みを果たしているだけに、実績的にも、実際の走りを見ても洋芝適性に関してはまったく問題ない。

編 じゃあ、久々に適距離の1200mになる、そして適性のある洋芝なら巻き返せると。

石 そうね。ただ、それだけじゃないよ。函館芝1200mっていわゆるローカルにありがちな平坦コースというイメージが強いと思うんだよね、小回りコースというのと相まって。

編 ええ。

石 ただ実際はけっこう高低差のあるタフなコースなんだよね。たしか4m近い高低差があるんだ。特に今回の芝1200mの場合はスタートから4コーナーの途中までがずっと上り。で、そこからゴールまで若干下るというコース設定なんだ。

編 へ〜、けっこう厳しいんですね。

石 そう、だからちょっとでも前が速くなると、開幕週から差しが効くのが函館芝1200mなんだ。

編 レンイングランドは先行馬ですけど、大丈夫ですか?

石 この馬は去年の暮れのクリスマスローズSで中山芝1200mを勝っているよね。中山芝1200mはスタートから下って最後に急坂と、函館とまったく反対の造りではあるんだけど、トップスピードを持続させてゴールするという持続力が求められるタフなコース。しかも当時の中山の芝は馬場改良工事の影響でかなり力を要求されて、差し馬有利のコースだったんだ。それを好スタートから一気に逃げ切るというのはなかなかできることじゃない。

編 コースの造りは反対とはいえ、同じくタフな函館でもそれが活きると。

石 結局は同じなんだよね。ずっと上りでスタミナを削られながら最後まで粘り切る持続力が要求されるわけだから。まあ、同じと言っちゃうとちょっと乱暴だけど。

編 なるほどね〜。ちなみにレンイングランドは外枠に入りましたね。

石 え〜と、7枠13番ね。

編 ええ。

石 まあ、内枠のほうがいいけど、向正面の引き込み線からのスタートだからね。スタートしてすぐにコーナーだとさすがにツライけど、1200mのコース設定ならあまり気にしなくてもいいよ。

編 なるほど。

石 続いてはタガノアザガルに注目。

編 2走前に勝ったファルコンSといい、勝ち鞍はすべて1400m戦。距離的には問題ないですか?

石 これがエンジンのかかりが遅くて後ろから行くタイプだと嫌だけど、スッと前に付けられるだけのスピードもあるし、1200mでも余裕でついていけるよ。ましてや52キロで走れるわけだし。それに1400m戦に強いということは持続力に優れているということ。さっき説明したように函館芝1200mはタフな競馬で力を発揮できるタガノみたいな馬に向いているからね。

編 そうですよね。

石 前走は距離も長かったし、さすがにG1じゃ家賃が高かった。G3で52キロなら好勝負が期待できるよ。

編 あと一頭はどの馬をチェックしましょう?

石 サトノデプロマットもいいよ。

編 ずっとダート戦を使われてきましたけど、芝に転向した近2走が連勝なんですよね。

石 そう。内容的にも高く評価できるし、ダートでも走れているだけに洋芝をこなすパワーも十分。勝ち負けまで期待できるよ。あ、ちなみに仮にこのレースで走れなかったとしても、この馬はずっとチェックしておいたほうがいいよ。北海道シリーズでけっこう活躍すると思う。1600万クラスを勝ったばかりで、OP特別でも斤量はもらわないしね。

編 へ〜。できればこのレースから活躍してほしいんですけどね。

石 まあね。ただ、重賞のここで勝つと、あとは人気になっちゃうからな〜。先々を考えると、あえて負けてもらってもいいかも(笑)。

編 こら(笑)。でもそうか……

石 ま、冗談はさておき、現時点ではこの3頭の穴馬に注目ということで。

編 はい、わかりました。土曜日に配信される勝負予想(日曜版)も期待してます。というか、今日の夜の勝負予想(土曜版)も楽しみですね。函館芝1200mのHTB杯も勝負予想のなかに入っているですよね。

石 入れるつもりだよ。ただ、ほかのレースにもちゃんと注目しておいてね。

編 もちろんです。では、お忙しいなか本日はどうもありがとうございました。

石 こちらこそ1日遅れてしまって、ご迷惑をおかけしました。今週末もよろしくお願いします。





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR