単勝二頭流 G1なくとも高配当は続く!

書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、G1戦線も一段落して、夏競馬の季節が近づいてきましたね。というか、暑いし。早く北海道シリーズが始まればいいのに。

石橋 武(以下、石) そうね。って、キミ別に北海道に行くわけじゃないじゃん(笑)。

編 そうなんですよね〜。まあ気分的なものです(笑)。

石 まあ、来週から函館開催だし、もうちょっとの辛抱でしょ。ん? 辛抱ってなんの辛抱だ(笑)?

編 そうか。もう来週から北海道シリーズか。こりゃ、楽しみだわ。あ、そういえば石橋さんって、去年の夏は函館、札幌の短距離戦で10万馬券連発してましたよね〜。1週間に1本はそれぐらいの馬券を当ててたような……。

石 さすがに毎週10万馬券はなかったんじゃない(笑)?

編 でも1週間おきとか3週で2本とかそんな感じでしたよね。なんか秘訣があるんですか?

石 秘訣ねぇ。まあ簡単に言えば馬場適性と滞在競馬かな。

編 あ、面白そう。もうちょっと詳しく聞きたいです。

石 馬場に関しては、皆さんご存じのように北海道シリーズは力の要る洋芝で行なわれるというのが大きいよね。

編 ああ、そうですね。去年の勝負予想の見解でも、その点は多く触れていましたよね。

石 というか、そういう馬場に合う穴馬ばっかり狙ってたから、自ずとその話は見解に書かざるを得なかったんだけど。読んでいる方からしたらしつこかったかも……。

編 それはないでしょう(笑)。むしろ納得して馬券が買えたと思いますし、そのぶん儲けてもらえたわけですから。でも去年の勝負予想を見ていると初めて函館とか札幌で走る馬に関しても洋芝の適性を見抜いていましたよね?

石 だって経験馬というか、洋芝ですでに結果を出している馬は人気になるでしょ。穴馬を狙うんだったら未経験の馬とか、実績のない馬の適性を見抜かないと。

編 たしかにそうなでしょうけど、どうやって見抜けばいいんですか?

石 過去の時計がかかる馬場での走りとか、ダートでの走りとか、まあ色々だよね。そのあたりは今年も勝負レースのなかでお伝えしていこうと思っているけど。

編 なんか、こういうのが狙い目!みたいなわかりやすいのないですか? ほら、(勝負予想のない)早いレースとかで役に立つような。

石 ああ、そういうことね。ん〜、だったら去年の暮れの中山芝で好走している馬なんかはわかりやすいかもね。あの馬場を走れるタイプは合うと思うよ。

編 たしかにパワーが要求される特殊な馬場でしたし、実際、石橋さんもそれを利用してホープフルSとか超高配当を当ててましたもんね。あ、もしかして石橋さんって、北海道シリーズの快進撃といい、パワー馬場が得意なんじゃないですか?

石 パワー馬場というか、特殊な馬場がいいんだよね。穴が出やすいし。だから新潟芝1000mとかもいいはずだよ。

編 あ、この前も◎フレイムヘイロー(韋駄天S。単勝94.8倍、15番人気1着)を本命に推していましたしね。

石 そうね。特殊な馬場とかコースはやっぱり狙い目だよね。

編 あとは滞在競馬?

石 ああ、そうそう。滞在競馬だと輸送に弱い馬が力を発揮するみたいな穴のあけ方もあるし、調教施設が限られるから、いつもと違う調教になるケースも多いんだ。

編 要するに馬の体調面ですね。

石 まあ、体調というか調子ね。さすがに体調はわからない。ずっとそばにいる厩務員さんじゃないので。ただ、輸送で馬体重を減らしていた馬とか、コース調教で力を出せるとか、そういうのは過去の戦績からも読み取れるから。

編 ああ、なるほどね〜。ただ、僕がそれを判断できるかどうかとなると、ちょっと難しいですね。これは石橋さんの判断に乗っかったほうがいいわ。

石 まあ、お任せします。って、これ函館が始まる来週すべき話だろ(笑)。

編 まあ、いいじゃないですか(笑)。

石 余計な時間を使ってしまった……。はい、じゃあ、切り替えて今週のレースね。

編 今週は東京でエプソムC、阪神でマーメイドSが行なわれますけど、どちらのレースを取り上げますか?

石 どちらも面白いよな〜。高配当が狙えそうだし。まあ、マーメイドSはまだハンデが出てないし(※本対談は月曜日に行なわれています)、エプソムCにしておこうか。

編 わかりました。では、さっそく石橋さんの注目穴馬をお願いします。

石 はい。じゃあ、まずはアーデントをチェック。

編 前走の新潟大賞典は久々の2000m戦ながら4着に善戦していましたよね。

石 アーデント自身が逃げてペースを作ったんだけど、ちょっとスローに落としすぎた印象だね。最後は距離で止まったというより切れ負けだったから。

編 そうですね。今回はそういう流れにはなりませんか?

石 今回はメンバー的に前に行きたい馬がいるし、今の東京はまだ前が残りやすい。それを考えるとスローにはなりにくい。やっぱり早めに仕掛ける馬が増えるから。

編 じゃあ、先行するアーデントにとっても厳しい流れじゃないですか。

石 そういうバテ合いになったほうが、この馬にとっては競馬がしやすい。瞬発力勝負だけは避けたいからさ。それにこの時期だけに雨も想定しておかないとね。

編 あ、道悪は得意ですもんね。

石 とにかく切れ味勝負にならなければいい馬だからね。

編 続いて注目するのは?

石 差し馬から2頭。ヒラボクディープとマイネルホウオウをチェックしておこうか。

編 あれ、アーデントの時の話と違うじゃないですか。

石 ああ、前有利っていう?

編 ええ。

石 前が有利だからって先行馬だけが残る競馬にはならないでしょ(笑)。それに先週までは前が有利だったとはいえ、Cコースも3週目。梅雨時期だし土曜日の天気次第では内が悪くなる可能性もあるからね。

編 あ、たしかに。

石 ヒラボクディープは長らく低迷していたけど、前走でようやく復調気配が感じられたし、前走と同じ東京芝1800mで同様の競馬ができればチャンスはある。

編 もともと東京に良績のある馬ですしね。

石 そうね。マイネルホウオウは2年近い休みが明けて、今回が4戦目。徐々に体も戻ってきたし、調教も動いているからね。NHKマイルCを勝つだけあって、もともと能力も高い。そろそろ復活してもおかしくないよ。とりあえずはこの3頭に注目しておこうか。

編 わかりました。

石 あとは週末の馬場状態をしっかり見極めて、勝負予想を配信します。

編 期待してます。来週からの北海道シリーズに向けて、弾みをつけていきましょう!





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR