単勝二頭流 得意のオークスはこの馬で攻める!



書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、ヴィクトリアマイル……。

石橋 武(以下、石) が、どうしたの?

編 2000万馬券なのに、なんで石橋さんが獲ってないんですか〜。

石 ああ(苦笑)。

編 本命◎ストレイトガール(5人気1着)がばっちりだっただけにな〜。

石 ◎ストレイトガールは見解にも書いた通りの競馬をしてくれたからね。かなり安心して見ていられたんだけど、前があそこまで頑張るとは。ん〜、決め手のある先行馬が勝って、人気薄の逃げ・先行馬が残るという、まあありがちな競馬なんだよね、終わってみると。

編 終わってみると、そうなんですよ。

石 それだけに悔しいんだけど。あれで2000万円もついちゃったからね。

編 ですよね〜。ただ、ヴィクトリアマイルの◎ストレイトガールにしても、京都11R 栗東Sの◎エイシンゴージャス(3人気1着)にしても、圧倒的な1番人気もいましたし、単勝としてはなかなか買いづらい馬でしたよね。

石 どっちかという栗東Sのほうが難しかったよね。単勝という意味では。

編 たしかにメンバー的にどの馬にもチャンスがありそうでしたからね。というか、ヴィクトリアマイルも難しいでしょ。言ってもストレイトガールは前走で大敗していますし。

石 でもストレイトのほうは敗因が掴めていたからね。まあ、それが実際に敗因なのかどうかは、馬に聞いてみないとわからないんだけどさ(笑)。

編 ああ、敗因というのは見解でも書いていた調教ですか。

石 そう思うよ。まあ、多少は大外枠の影響とかもあったかもしれないけど。というか、2000万円を獲り逃しているわけだし、単勝的中だけでは物足りないと感じている読者の方がほとんどだろうから、今週きっちり取り返さないとね。

編 そうだ、そうだ! よろしくお願いしますね。

石 じゃあ、オークス話ということで。

編 は〜い。これまた難しいメンバーが集まりましたけど、現時点での注目穴馬をお願いします。

石 はい、じゃあまずはアンドリエッテ。好走しても好走しても上位人気にならないから、ありがたい馬だよ(笑)。

編 たしかに、いつも石橋さんの評価は高いですよね。

石 前走は本命に推していたんだけど、あの超のつくドスローで、4コーナー最後方じゃどうしようもない。正直、鞍上には工夫してほしいけど、あの競馬でよく6着まで差して来られたなというのが、素直な感想だったよ。

編 力は示したと。

石 そうね。今回、末脚を活かしやすいレースになるのは強調材料だし。

編 たしかにオークスって4コーナーの通過順位がふたケタ番手だった馬がけっこう馬券に絡んでいますよね。

石 かなり多いよ。東京芝2400mということで直線が長いということもあるけど、3歳牝馬にとって過酷な距離で、中山ほどの急坂ではないけど、だらっと上り続ける坂があるから差しが決まりやすいというのもあるし、どの馬も距離を意識して大事に乗ってくるから、最後の直線の瞬発力勝負になりやすいというのも理由のひとつ。

編 そこで瞬発力に秀でたアンドリエッテは評価できると。

石 そうね。重賞を走ったここ2走もメンバー中最速の上がりをマークしているだけに、瞬発力に関してはメンバー随一と言っていい。非常に面白い存在だよね。

編 なるほどね〜。

石 続いてはクイーンズリング。これがどこまで人気を落としてくれるか……。

編 ん〜、微妙だな〜。桜花賞も負けたとはいえ4着に善戦していますし。

石 この馬より人気になりそうなところだと、レッツゴードンキ、ルージュバック、ミッキークイーン、クルミナル、ココロノアイかな?

編 そのなかでいちばん人気のないココロノアイとどっちが上か、みたいな感じじゃないですか?

石 じゃあ、5番人気、6番人気ぐらいか。だったらここで取り上げてもOKでしょう。

編 まあ、良しとしますか。で、クイーンズリングなんですけど、ひとつ気になる点が。

石 ああ、馬体重でしょ?

編 そうです。2走前にマイナス20キロで、前走もマイナス2キロ。これってどうなでしょう?

石 別にいいんじゃない?

編 へ?

石 いや、だから別にいいんじゃないの? 結果も出てるしさ。

編 そんなのでいいんですか?

石 だって、馬体が減ってもパフォーマンスは落ちてないどころが上がっている。調教もしっかり積んでいる。そして結果も出ている。なにか不都合があるの? それに、ホントのところなんて僕らファンはわからないじゃん。体調不良なのか、もともと太かっただけなのか、意識的に絞っているのか。それにこの馬は関西馬なんだけど、中山遠征時に減ったんじゃなくて、地元の阪神開催で減っているわけだからね。普通に考えたら中山のときは馬体が減るのを見越して余裕を持たせて作っていた。でも輸送に強くてまったく減らなかった。阪神では輸送減りの心配がないから絞ってつくった。ということでしょ? まあ、陣営は阪神で減っていたときに驚いたみたいな話をしていたから、違うのかもしれないけど。

編 たしかに推測するしかできないですよね。

石 であれば、この馬の走りと成績といった僕らが実際に判断できるところで考えないと。となると、この馬の評価を下げる理由はまったくないよね。

編 前走の4着惜敗も?

石 あの流れじゃどうしようもないよ。とにかく今年の桜花賞は特例中の特例。あんなペースなんか基本的にはあり得ないからね。もちろんその流れを作って勝ったレッツゴードンキは評価するけど。今回のオークスは桜花賞で力を出せなかった馬の巻き返しがポイントだと思うよ。

編 なるほど。ちなみに2400mは問題ないですか?

石 真摯に答えると「走ってみないとわからない」ということなんだろうけど、まあ、問題ないよ。勝ったフィリーズレビューはこの馬だけ違うレースを走っているかのような競馬ぶりだったんだけど、あの1400mの澱みのない流れを外からぶっこ抜いたというのはスタミナ面に不安があったらできないよ。

編 一瞬でスパッと差し切る競馬じゃなくて、澱みのない流れで他馬もまだ脚を使っているところをさらに長くいい脚で差し切ったわけですからね。しかも余裕で。

石 そうだね。能力的にも図抜けているものを感じるし、勝ち負けになる一頭だよ。

編 それであと1頭は?

石 ローデッド。

編 出遅れ常習犯。

石 出遅れなかったことがないからね。ただ、それでもマイル戦を中心に結果を出してきているのは、逆に能力の証でもあるよね。だって、出遅れてマイルの速い流れを急がせながら追走。レースによってはマクっているわけだし。普通の馬より負荷がかかった状態で走っているんだ。

編 たしかに! 

石 それに未勝利を勝ったのは中京芝2000mの未勝利戦だったんだけど、けっこう速いペースを前で受けて差し切っているんだよね。中京のタフな芝コースを。これぐらいの長い距離なら出遅れたところで慌てる必要はないし、すぐに挽回できる。むしろ最初から出遅れることがわかってる馬だから、レースも組み立てやすいし突発的に出遅れられるより全然いい。

編 なるほどね〜

石 近走の成績からも人気はまったくないだろうし、面白い一頭だと思うよ。

編 そうですね。じゃあ、大穴のローデッドを含め、現時点ではこの3頭に注目ということで。

石 最終判断はスポーツマスターの勝負予想をご覧いただければと。

編 そうそう、それと来週はスポーツマスターとの合同企画なんですって?

石 あ、そうなんだよ。まだどういう話になるかわからないんだけど、このブログも確認しておいていただければと。

編 わかりました。では、今週末、そして来週のダービーも楽しみにしていますね。お忙しいなか、どうもありがとうございました。





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR