5月14日号 ヴィクトリアマイルはこの馬に適性あり!

書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、先週の湘南S(東京9R)はすげ〜というか、惜しい!というか、結果は3連単の17万8,760円こそ獲り逃したものの、3連複4万6,610円はきっちり的中。それにしてもよくまあ△タイセイドリーム(14人気3着)を上位に評価できましたね。

石橋 武(以下、石) 距離を短縮してきたでしょ?

編 ええ、このところ2000〜2400mを中心に使われていましたよね。やっぱり短距離のほうが合うってことですか?

石 この馬の短距離適性云々よりも、今の東京の馬場を考えると今走で走る距離よりも長めの距離を走っていた馬に合うなと思っていて。力の要る馬場が得意な馬とかね。

編 と、言いますと? たしかに人気の本命に推していた◎ピオネロも前走2000mからの距離短縮馬ですよね。

石 そう、それもあって本命に推したんだ。まあ、スタートの遅れが響いて勝ち馬を差し切れなかったけど(苦笑)。

編 差してたら18万馬券だったんですけどね〜。ほんと惜しい!

石 そんな馬券、すぐに獲れるよ。

編 自信家か(笑)! まあ、今までの実績を知っているだけに納得ではありますが。

石 違う、違う。言葉が足りなかった。そういう意味じゃなくて、今の東京の特徴的な馬場を考えると、あれぐらいの馬券はすぐに出るし、それを狙い撃ちするのもさほど難しくないってことを言いたかったんだよ。

編 結果、同じように聞こえますが(笑)。

石 そうか(笑)。

編 ええ(笑)。たださっきの話に戻ると、今の馬場はパワーが要求される馬場だから実際の距離以上のスタミナが必要となるという解釈でいいんですか?

石 そうだね。それと、さほどスピードが要求されない馬場というのも、そういうタイプにとっては走りやすいというのもあるけど。

編 たしかに先週の日曜日は前日に降った雨の影響が残っていましたよね。

石 そうね。ただ、勝負予想の見解にも書いたけど、仮に雨が降っていなかったとしても今の東京はパワーを要求される馬場ということには変わりないよ。今週末の天気がどうなるかはわからないけど、それは念頭に入れておきたいね。

編 さっき天気予報をチェックしたら雨が降るかもしれない感じですよ。

石 もちろん雨の量にもよるけど、やっぱり傾向としては距離短縮で臨んでくる馬。あとはパワフルな馬場で良績を挙げている馬は狙い目と言えるね。一概には言えないけど、北海道の洋芝とか、去年末の中山で好走している馬なんかいいと思うよ。

編 なるほどね〜。馬場からだけでも、狙い目がはっきりしてくるんですね。

石 馬場からだけというより、詰まるところ馬場とコース形態でしょ、競馬の予想は。そこに適性が表れるわけだからさ。

編 ふ〜ん。

石 理解してないだろ(笑)。

編 まあ、それはおいおい(笑)。さ、色々と突っ込まれないうちに、今週末の話に移っちゃいましょう。

石 なんだそりゃ(笑)。

編 今週末は東京芝1600mを舞台にヴィクトリアマイルが行なわれますね。このレースも当然さっきの距離短縮とか、パワー馬場得意の馬が狙い目になるわけですよね。

石 全部が全部そうではないけど、狙って面白いのは間違いないよ。

編 では具体的にどの馬を狙うのか、さっそくお願いします。

石 了解。まずはウエスタンメルシー。

編 さっそく距離短縮馬で、去年の暮れには中山でも勝っていますよね。

石 そうだね。前走は9着に負けたとはいっても、内枠からのスタートで道中もずっと内々。最後は前がふさがってまったく追えていないからね。それにしては勝ち馬との着差もないし、巻き返しはある。

編 しかも中山での好走実績も加味すると……

石 3走前だよね。あれが馬場改良後の中山開催初日で、その影響もあってかなりパワフルな馬場だったよね。勝負予想の見解にも書いたと思うけど。

編 ええ。たしか「馬場の路盤から改造したことで、かなりクッションの効いた力の要る馬場になっているだろう」的な話でしたよね。実際、ふたを開けてもその通りの馬場でした。

石 初日ということもあって前残りの競馬になっていたし、特にこのレースはかなりスローで同馬以下の2〜6着馬はすべて先行馬。それを中団から差し切っちゃうんだから、さすがに1000万クラスでは力が違ったということだし、ああいうパワーの要求される馬場への適性も非常に高いのもわかるよね。

編 そうですよね。

石 もともとダートで勝っているだけのパワーの持ち主だし、今の東京の馬場は非常に合う。前走でまともに走れなかった鬱憤を晴らす走りを期待したいね。

編 全然人気もなさそうですし、妙味を考えてもぜひ好走を見せてほしいです。

石 続いてはスマートレイアー。前走が1400mの阪神牝馬Sだから距離延長になるけど、この馬のベストは1800m。

編 ええ、全5勝中1800mで3勝を挙げていますよね。

石 そう。今回の馬場を走るにはちょうどいい実績。重賞のクイーンCも1800mだよね。

編 はい、3着に好走したレースですよね。……あ。

石 そう(笑)、洋芝の札幌1800mね。去年は8着に負けちゃったけど、直線で挟まれてまともに追えていない。度外視でいいよ。そもそも今回とは馬場も違うし。

編 前走をひと叩きされた上積みも期待ますし、去年よりも人気を落としそうで配当的にも楽しみですね。

石 あとはバウンスシャッセ。

編 前走、中山牝馬Sを勝って距離短縮で臨んできますね。

石 ちょっとスピードが足りないタイプで決してマイル向きではないけど、それがむしろ今の東京芝コースへの適性を感じさせるんだよね。

編 前走も含め1800mで3勝、オークスでも3着に好走しているように、本来は中距離タイプですもんね。

石 それだけの実績馬が本来の調子を取り戻したとなれば、そして馬場も合うとなればこのメンバー相手のG1好走は全然不思議じゃないよ。しっかりチェックしておきたい一頭だね。

編 わかりました。では現時点ではこの3頭の穴馬に注目ということですね。お話を聞いているうちに、週末の勝負予想が俄然楽しみになってきました。 

石 最終的にどういう結論になるのか、期待してお待ち下さい。あ、それと土曜日の京王杯SCにもご注目を。いい穴馬がいるんだ、これが(笑)。

編 お、それは楽しみ。石橋さん得意の1400m戦ですし、馬場を読み切った東京芝。ヴィクトリアマイルの軍資金稼ぎということで、一発決めちゃってください。それでは石橋さん、お忙しいところどうもありがとうございました。





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR