4月16日号 桜花賞はすみません! 皐月賞の穴馬はこちら!

書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、久々に天気のことを心配しなくていい週末になりそうですね。

石橋 武(以下、石) 事前に予想を配信しなきゃいけない立場としては、ホント助かるわ。

編 ですよね。前日に雨が降っていると馬場の傾向まで予想する必要がありますからね。

石 うん。まあ、馬場のせいだけで外しているわけじゃないけど(苦笑)。

編 ああ、桜花賞(苦笑)。人気馬の取捨に関しては完璧でしたけどね。勝負予想の見解を読んでびっくりしましたもん。ルージュバックは初の多頭数でかかる不安があるので△まで。キャットコインは能力的に厳しくて無印。ココロノアイはスピード不足で狙うならオークス。桜花賞では無印。「おお〜、人気馬をそんなにばっさり切っちゃって」と思いましたけど、それがことごとくその通りになりましたからね。

石 ああ、それVstyleの対談でも言ったけど、外した時点、本命馬が馬券に絡まなかった時点で意味ないから。詳しくはあちらの対談に譲るけど、本命馬が勝つ展開で消えてないとね。

編 その本命馬ですが、人気の本命がクイーンズリング。穴馬の本命がアンドリエッテということでしたが。

石 そうね。まあ、そもそもあそこまでのスローになるというのを読み切れなかった時点で予想としてはアウトなんだけど、特にアンドリエッテは道中下がるルージュバックに詰まってポジションを悪くしたのが痛かったね。それでもメンバー中最速の上がりを使っているだけにもったいなかった。クイーンズリングはスローの上がり勝負についていけなかったね。

編 さすがにあの展開は読めなかったですか。

石 ある程度スローだとは思ってたけど、△ムーンエクスプレスがあんなに控えめに乗るとは(苦笑)。ん〜、ただこれに敗因を求めちゃうとジョッキーと同じになっちゃうからね。

編 ああ、スローで動けなかった的な(苦笑)。

石 きっちり修正して出直します。すみませんでした。

編 はい、お願いします! ということで前を向いていきましょう。

石 さすがポジティブ。

編 お互い様です(笑)。さて、皐月賞なんですが、メンバー的にもひとクセもふたクセもありそうなレースになりそうですね。

石 枠順を見てから話したいよね(笑)。

編 そこをなんとか今日でお願いします。月曜日の段階で穴馬をチェックするのは大変だと思うんですけど。

石 まあ、それを言っても仕方ないか。よし、始めよう。

編 はい、よろしくお願いします。現時点での注目穴馬をお願いします。

石 了解。じゃあ、まずはスピリッツミノル。

編 ここ3戦、逃げて連勝中ですね。

石 そうだね。先週は雨の影響もあったので、今週が前残りの馬場なのかそれとも差しが効くのかというのは土曜日に改めてチェックするけど、単純に皐月賞でこの先行力は魅力だよ。ほかになにがなんでも行きたいという馬は見あたらないし展開的にはかなり面白い。

編 たしかに。

石 それに逃げ馬にとっては厳しい中京芝コースで好走している点、そして前走のパワーを要する馬場でも最後までしっかりと走れていた点は評価すべき。馬場傾向に左右される面はあるけど、逃げ馬を狙う時点でそのリスクはつきものだから。

編 そうですね。あとは当日にどういう評価になるか注目ですね。続いては?

石 ブライトエンブレム。

編 ん〜、穴馬選びという観点からは、どこまで人気になるか心配ではあるんですが。

石 枠にも左右されそうだよね。外枠ならある程度人気しちゃうかもしれないけど、出遅れるだけに内枠だと人気を落としそう。ただ、仮に外枠に入ったとしても、5〜6番人気じゃない?

編 ん〜、4〜5番人気と見てますけど。まあ、良しとしますか。今回と同じ中山芝2000mで2着に好走した弥生賞は久々でも強い競馬を見せましたよね。

石 そうね。いつものようにスタートは遅かったんだけど、最後はきっちり伸びてきた。札幌2歳Sも長くいい脚を使って追い上げてきたように、中山のように瞬発力ではなく持続力を求められるコースを得意としているよね。反対に一瞬の切れを要求されるとツラくなるんだけど。

編 後方からということは、ペースが速くなったほうがいいということですよね。

石 いや、一概にそうとも言えないんだけど。今の中山の馬場っていったんスピードに乗るとなかなか止まらないんじゃないかなと思って。まあ、さっきも言ったように詳しくは土曜日の競馬でチェックするけど。そうなるとブライトエンブレムがいくら長くいい脚を使っても差し届かないよね。かといって先週の桜花賞のようなスローだと瞬発力が足りない。

編 好走の条件が厳しいですね(苦笑)。

石 そんなことないよ。中山芝2000mはスタンド前の坂下からスタートして、向こう正面から最後の直線にかけて下るというコース設計。つまりいきなりの急坂超え、そして道中から下り坂の厳しいペースを強いられて、最後にもう一度急坂超えというタフなコースなんだけど、そのぶんとんでもないハイペースにもスローにもなりづらいからね。あ、もちろんどんなペースにもなり得るのが競馬だから、いつもブライトエンブレム向きのペースになると言っているわけじゃないよ。

編 はい、そこは理解してます。

石 ブライトエンブレムはそういうタフなコース、流れでこそ強みを発揮するタイプだし、狙ってみたい一頭だね。

編 なるほど。

石 で、もう一頭といきたいところだけど、さっきから言っているように枠順にかなり影響されるレースなので、残りは勝負予想までお待ちいただけないかと。

編 え〜。マジっすか。

石 マジっす。だっていまここで名前を挙げても、結局枠順を見たら「ないわ〜」ってことがあり得るコースなんだよ。でもその馬も(一度公表しているだけに)週末の買い目に入れざるを得ないじゃない。

編 たしかにそれは困ります。

石 ね? なので、今日のところはここまで。勝負予想できっちり決着をつけますので。

編 ん〜、わかりました! では、今週末も期待してますね。お忙しいところありがとうございました!





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR