2月26日号 阪急杯の穴馬3頭をチェック!

書籍『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、フェブラリーSのグレープブランデーはホントに惜しかったですね。

石橋 武(以下、石) 11番人気4着だっけ。あそこまで行ったら馬券に絡んで欲しかったというのが本音だけど、ん〜、ごめん。ちょっと足りなかったね。

編 ただ、結果的に3連複の的中まででしたけど、インカンテーションの好走(5人気2着)といい、評価すべき馬をきっちり評価できているなというのは実感できましたよ。

石 え〜、あ、どうもありがとうございます(笑)。

編 いや、ホントに。フェブラリーSの対談(スポーツマスター編集部通信で公開)ではインカンテーションを、このブログでは小倉大賞典のコスモソーンパーク(6人気2着)、ダコール(11人気3着)を推しているように、穴馬の精度はさすがだなと。

石 あとは馬券のほうですな(苦笑)。

編 それはもちろんお願いしたいですけどね(笑)。ただまあこれだけ穴馬が走っていれば、いつも言っていることですけど、10万馬券、20万馬券くらいはすぐに当たるでしょ。

石 まあね。反省すべき点は反省しつつ、前は向いていますよ。

編 反省といえば、どうしてコパノリッキーを△評価にしたんです? あ、責めているわけじゃなくて(笑)、単純な疑問として。

石 どうして人気馬の本命じゃなかったんだ?という意味で?

編 ええ。

石 僕の考えではコパノリッキーって1600mの馬じゃないんだよね。マイルで勝負するにはちょっとスピードが足りない印象を受けるんだ。ベストは1800〜2000mでしょう。

編 でも去年のフェブラリーSを勝っていますよね。

石 たしかにね。ただ去年は最低人気でノーマーク。マイペースで行けたのが大きかった。実際、スローだったしね。一方、今年は1番人気に推されたうえに、コーリンベリーというテンに速い馬も出ていて、ハイペースに巻き込まれるとスピード負けする可能性があった。

編 結果的にコーリンベリーは出遅れちゃいましたけど。

石 そう、結果的にね(苦笑)。もちろん(コーリンベリーが)出遅れていなくても番手からラクに先行、抜け出してコパノが勝つという展開も考えたし、ほかにも色々ね。だからコパノが勝つチャンスがゼロと思っていたわけではないよ。ただ、それ以上に人気馬の本命◎ベストウォーリア(3人気3着)を評価していたというだけで。

編 なるほど。

石 というか、レースが終わってからこういう話をすると言い訳っぽくない?

編 いや、むしろ勉強になります。たまにはこういう敗因分析もいいんじゃないですか?

石 そんなもんかねぇ。ただ、今回のメンバー、枠順、天気、馬場状態で、要はもう一回同じフェブラリーSが行なわれたとしてもコパノリッキーに本命は打てない。そういう意味では完敗ですね。

編 3連複獲ってるし、完敗ではないですけどね(笑)。

石 あんなもん安いから。高きゃいいってもんでもないけど。ま、とにかくちゃんと巻き返さないとね。

編 まあ、その点は大丈夫でしょう。超高配当を獲りまくってる中山開催に戻ってきましたし。

石 いいニュースだね(笑)。

編 ホントはまったく意識してないくせに(笑)。

石 どこのコースであれ、得意意識、苦手意識は持たないようにしているので(笑)。でもまあ、少なくとも悪いニュースではないでしょ。稼いだコースに替わるというのは。

編 当たり前じゃないですか(笑)。皆さんも期待していると思いますので、また大きいのをお願いします。で、さっそくなんですが、今週はどっちのレースにしましょう? 日曜日には中山記念と阪急杯が行なわれますが。

石 中山記念は頭数が揃わないでしょ。阪急杯にしようよ。

編 わかりました。では現時点での注目穴馬をお願いします。

石 まずはマジンプロスパー。

編 阪急杯では12年1着、13年2着と連続して好走しているんですよね(14年不出走)。G1だと一昨年のスプリンターズSの4着が最高着順なんですけど、G2、G3だと比較的安定して走れているというか。

石 要は瞬発力が求められなければちゃんと上位に走ってくるんだよね。スプリンターズSがG1では最高着順というのも、中山芝1200mは持続力勝負になりやすいからだし。

編 ということは、石橋さんがいつも言っている「持続力勝負の1400m」にはぴったりということですよね。

石 その通り。上がりが速くなるとツラいタイプだけに、直線に急坂のあるコースもいいし、去年のスプリンターズSも9着とはいえ、勝ち馬から1馬身3/4差。あ、ちなみに去年のスプリンターズSは新潟芝1200mだったんだけど、馬場が悪くて瞬発力云々どころの競馬じゃなかった。結果的にそれも良かったんだろうね。

編 能力の衰えはないと。

石 多少はあるにせよ、56キロで走れるのはこの馬にとっては大きいよ。
なんだかんだで斤量を背負わされることが大きいからね。

編 前回56キロで走ったキーンランドCも3着に好走していますし、まだまだ見限れないですよね。

石 あとはアミカブルナンバーとバクシンテイオー。この2頭は戦績からも明らかなように1400m巧者。

編 1400mはスペシャリストを狙えという。

石 そう、シンプルでいい。アミカブルナンバーは過去2戦の走りから阪神が合うのは明らかだし、バクシンテイオーは上がりのかかるレースで速い上がりを出せるタイプだけに楽しみな2頭だよ。

編 バクシンテイオーがメンバー中上位の上がりを使うのって、ほとんど上がりが34秒以上のときなんですよね。

石 そうだね。そのぶん、ヨーイドンの流れになると切れ負けするんだけど、タフな流れになると途端に強さを発揮するんだ。今回も人気馬が前を引っ張る流れだけに、澱みのないタフなペースが見込まれる。いいと思うよ。

編 わかりました。では現時点ではこの3頭の穴馬に注目ということで。

石 あとはいつも通り週末の勝負予想までお待ちいただければと。

編 了解です。では今週からの中山・阪神替わり、頼みますよ〜!

石 わかってるって(笑)。





-----------------

「単勝二頭流」勝負レースの予想を見る方法 
1. スポーツマスターにアクセスする。
2. スポーツマスターで、無料会員登録する。
3. マイページから「石橋武」⇒「勝負予想!二頭流指南(単勝・3連単)」を選んでください。

「単勝二頭流」勝負レースの予想サイト
https://www.sportsmaster.jp/

-----------------

プロフィール

石橋武

Author:石橋武
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR